二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

記念日・~の日・~週間

■4月7日世界保健デーです。■ 
200330_30.jpg世界保健デーは、世界保健機関(WHO)が設立された昭和23年(1948)4月7日を記念して制定されたものです。
毎年、世界的に影響を及ぼしている保健課題の1つに焦点をあてたグローバルなキャンペーンが展開されます。 
世界保健デーのテーマは毎年変わり、世界的に重要であり課題性のある事項に焦点を当てて、健康に関心を高め対策行動への契機とするために設定されます。

平和2年中国武漢から始まった武漢肺炎(新コロナウイルス)の猛威は、世界中の経済活動を麻痺させるまでに発展しています。すでにイタリアでは医療崩壊が現実化し、ドイツのメルケル首相やイギリスのジョンソン首相も感染したとの報道です。日本国内でも安倍首相をはじめ小池都知事らが、首都封鎖の報道が取りざたされています。
180331_25.jpg外食関連や観光産業では先の見えない現状を危惧しています。目黒川や上の恩賜公園では桜の満開時期に合わせて通行規制を実施しました。

WHOのテトロス事務局長がパンデミック宣言を故意に遅らせたとの情報もあり、日本国内はもとより、世界情勢は混とんとしています。

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇

目立たない活動のように感じられますが、日ごろからの衛生観念が私たちの社会に根付いているのは、WHOのような地道な活動があったからにほかなりません
。衛生観念や意識の低い地域や国が、いくら経済発展していても根本にあるのは地道なWHOのような活動を忘れてはなりません。
筆者敬白

■4月1日「新学年」「新財政年度」です。■

200325.jpg4月1日は役所、会社の年度始め新学年新入社等、新しい何かが動き始める躍動の月です。気温は日一日と上がり陽光も明るさと強さを増してきます。例年4月上旬には桜前線が順次北上してきます。

「学年:がくねん」とは、1年間を単位とした「修学の期間」のことで、その期間あるいは入学した年度を表します。

現在の日本では「4月学年始期制」をほぼ採用していますが、これは国の会計年度が4月から始まることからです。学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)によって、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、高等専門学校、特別支援学校及び幼稚園の学年は4月1日に始まり、翌年3月31日に終ることが定められています。他、大学や専修学校などは個々の学校の裁量に委ねられています。

120312_43.jpg

集団としては、ある年の4月2日~翌年の4月1日迄に生まれた人の全てを指して「学年」を用います。特に義務教育段階にあっては原級留置(落第)の例がほとんど見られないため、学年という言葉がそのまま年齢と直接関連します。従って一般に「同じ学年であるということは、同い年である」と考えます。

学校教育法では、保護者は「子女の満六才に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満12才に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校に就学させる義務を負う。」とされています。

4月1日生まれの子どもは、前日の3月31日の深夜0時を迎えた瞬間に年齢を1つ加算されます。これは法律上加齢される日は3月31日、その翌日は4月1日という解釈です。「満6歳に達した日」はあくまでも「3月31日」で、その翌日は4月1日ということになります。

従って、小学校に入学できるのは「満6歳になった日の翌日以後における最初の学年の4月1日から」ということで、4月1日生まれの子どもは「3月31日の満了」で満6歳に達し、その翌日4月1日にはこの要件に合致し、その年4月1日から小学校に入学できることになるわけです。
 
同じく4月1日は「新財政年度」「財政:ざいせい」とは、国家や地方公共団体が営むための「経済活動」で、総体収入の取得のための権力作用と、取得した財・役務の管理・経営のための管理作用とがあります。

120312_44.jpg

「会計年度:かいけいねんど」とは、官庁会計において公共機関の収入及び支出を整理分類し、その状況を明らかとするために設けられた期間のことです。これを略称し、単に「年度」といいます。

公共機関の会計期間は1年間とされるのが通例です。日本では、財政法及び地方自治法の規定により毎年4月1日から翌年の3月31日までの期間が会計年度と定められています。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
令和2年には新型コロナウイルスが原因の武漢肺炎が大流行です。小池東京都知事は、不要不急の外出を控えるようにとコメントして、首都封鎖を検討との報道も流れてスパーマーケットには、食料品を買い求める人で品薄とのことです。
マスク、消毒液、トイレットペーパー、そして保存食の品薄とコロナウイルスは猛威を奮っています。このような非常事態の時こそ正しい情報と判断が要求されます。

4月に入り、何かと目まぐるしい変化で体調を崩さないよう読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

■4月1日「エープリルフール」です。■
「April Fool's Day」毎年4月1日の午前中は、害のない程度に嘘をついてもよいという風習です。
2003_26.jpg日本語では「四月馬鹿:しがつばか」、「万愚節:ばんぐせつ」といいます。フランス語では「ポワソン・ダヴリル」(=四月の魚)と呼ばれています。

「馬鹿」は、サンスクリット語で「無知」「迷妄」の意。愚かなこと、または人のこと、知能の働きが鈍いことをいいます。また、秦の皇帝に鹿を馬と偽って献上したことから「鹿をさして馬となす」が語源。いずれにしてもバカを馬鹿と書くのは当て字です。

フランスでは4月1日を新年として祝っていましたが、1564年フランス国王シャルル9世により1月1日を新年とするグレゴリオ暦を採用することになりました。これに反発した人々は4月1日を「嘘の新年」として馬鹿騒ぎをしました。これが後にエイプリルフールの習慣となりました。

120312_45.jpgこの日、世界中の新聞が嘘の記事を書いたり、テレビではジョークニュースを流したり、ウェブサイトでは大掛かりなジョークページが公開されたりします。

日本では、3月25日から31日まで座禅の修行をして、明けた4月1日に現実の迷いの境地に戻ることから「揶楡節:やゆせつ」と呼んでいたことが始まり。「日頃の不義理を詫びる日」としていたようです。

南米では12月にエープリールフールがある国もあります。尚、イスラム教でエープリールフールは戒律に反すると厳しく禁止されていますので注意して下さい。

◆◆◆◆編修後記◆◆◆◆
4月1日は新年度の起算日でもあるのです。平成30年度は桜の開花が早いとの報道です。
ともあれ今年度は良い年度にしたいものです。
読者の皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

■3月25日「電気記念日」です。■
200318_25.jpg明治11年(1878)3月25日、日本で初めて電気が灯りました。

この日、東京都中央区銀座木挽町で電信中央局の開設祝賀会が、虎ノ門の工部大学校(現在の東大工学部)ホールで開かれました。式場でイギリス人エアートン教授が「50個のアーク灯」を一斉に点灯させました。

エジソンが実用的な炭素電球「白熱灯」を発明したのは1879年のことです。その白熱灯が日本にも輸入され、明治19年(1879)には東京に電灯会社が生まれました。

120306_69.jpg電気の動力への利用は、明治23年(1890)11月、東京・浅草の凌雲閣(12階建て)のエレベーター用として、7馬力電気モーターに供給されたのが初めてです。明治28年2月には、京都伏見線電気鉄道が初めて営業運転を行いました。

昭和2年「日本電気協会」総会で、3月25日を「電気記念日」と制定しました。翌年の昭和3年から毎年、全国各地で記念行事が開催されています。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
今日では当たり前の「電気」ですが、東日本大震災時には東京都内でも輪番で停電を実施しました。停電して初めてありがたさを実感したものです。
私たちは、日頃当たり前ものが無くなると、とたんに不自由さを覚えるものです。これを機会にいわゆる「当たり前」に気持ちを置いて感謝しましょう。
筆者敬白
■3月23日「世界気象デー」です。■ 
200318_24.jpg昭和22年(1947)9月に国際気象台長会議で、気象情報の国際協力を目的とした「世界気象機関条約」が採択されました。

昭和25年(1950)3月23日、世界気象機関条約が発効し、気象の共同観測や資料交換、気象業務に関する国際的な調整・標準化・改善や国際協力を目的とした、WMO(世界気象機関:World Meteorological Organization)がスイスのジュネーブに本部が置かれ発足しました。

日本は昭和28年(1953)に加盟し、現在は185か国・6地域が加盟しています。
これを記念して、毎年3月23日を「世界気象デー」としました。この日キャンペーンテーマを設け、気象業務への国際的な理解の促進に努めています。 平成27年のキャンペーンテーマは、「気候への対応のための気候情報」です。

▼今年のキャンペーンテーマ「気候への対応のための気候情報」について
-気象庁HPより-
近年、天気予報をはじめとする気象情報は毎日の生活の一部として、今日どのような服装にするべきなのかといった選択から、激しい気象現象(台風・豪雨・竜巻・豪雪など)の際に安全に過ごすためにはどうすれば良いかといった判断に至るまで、ご利用いただいています。
より具体的な利用例の一つとして、気象に大きく影響を受ける農業分野における、その日やその週の作業の決定といったものが挙げられます。

季節予報に代表される気候情報は、気候に影響を受けやすい分野のリスクの軽減等、戦略的な長期計画の策定に更に役立つ可能性を秘めています。
気候情報をさらにご活用いただくため、気象庁ではその精度の向上に努めています。

180308_10.jpgまた、世界的に気候情報を利用した気候リスクの軽減に向けた動きが活発化する中、気象庁においても産業での気候情報の利用促進に向けた取り組みを強化しており、アパレル・ファッション産業分野における気候情報を活用した気候リスク管理技術に関する調査を実施しました。

▼気象庁HPにて
「気象情報を活用して気候の影響を軽減してみませんか」    http://www.data.jma.go.jp/gmd/risk/index.html
にて調査結果等を公開しています。
 
▼WMO(世界気象機関)
はこのキャンペーンのテーマに沿ってウェブページを公開しています。    http://www.wmo.int/worldmetday/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

近年は今まで観測されなかった竜巻や局部的な豪雨、ヒョウのほか豪雪の予報などが観測できるまでに進歩しています。
気象予報の精度が上がれば、産業界のロスを減らすことに役立つでしょう。
振り返れば、気象が軍事機密だった時代や、中国の三国志演技では諸葛孔明が六象台(ろくしょうだい)を築き味方に有利な風を吹かせた「赤壁の戦い」での逸話が残るなど、気象を知ることは大変重要です。
筆者敬白

■3月22日「NHK放送記念日」です。■

200318_23.jpg

この3月22日のNHK放送記念日は、大正14年(1925)3月22日にNHK(当時東京放送局)がラジオの仮放送を始めたのを記念し、昭和13年に制定されたものです。

東京放送局は電機メーカーや新聞社などが共同で設立した社団法人で、初代の総裁は東京市長や逓信大臣・満州鉄道総裁などとしても知られる後藤新平でした。当時同様の動きが東京・大阪・名古屋にもあり、JOAK=東京放送局、JOBK=大阪放送局、JOCK=名古屋放送局、とそれぞれコールサインが決められていました。

この時期に放送局が相次いでラジオ局が産声をあげたのは大正12年(1923)の関東大震災の反省からです。震災当時、多くの根もない噂が飛び交い、そのために朝鮮系の人たちが襲撃されて命を落としたりという事件が多数起きました。そこで、何時にでもいち早くに国民に正しい情報を伝えるメディアが望まれたのでした。

関東大震災の復興に東京市長として尽力した後藤新平は、特にこのラジオ放送の事業に乗り気であったと伝わります。

130306_21.jpgNHK(現日本放送協会)は、大正14年(1925)3月1日に開局し、22日午前9時30分、東京芝浦にあった東京高等工芸学校に設けられた仮設スタジオから「JOAK。こちらは東京放送であります。こんにちただいまより放送を開始いたします。」という京田武男アナウンサーによる第一声が流れました。これが日本におけるラジオ放送の始まりです。

開設当時の受信契約者数は5455人。当時ラジオを置いた商店の前は、毎日のように人が群がりました。

放送記念日は、その後昭和18年(1943)に制定されました。この日、放送文化の発達に貢献した個人に対して「放送文化賞」が贈られます。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
平成23年の東日本大震災の時には、パソコンや
ネットなどメディアが当初機能せず、ラジオによる情報がもっとも役に立ちました。メディアの発達と供に複数の情報入手手段を、日ごろから心得ることが大切です。

季節の変わり目です。
読者の皆様お体ご自愛専一の程

■3月20日「上野動物園開園記念日」です。■

200318_21.jpg今年で133周年を迎えた「上野動物」は、明治15年(1882)3月20日に日本初の近代動物園として上野公園内に開園しました。また同じ日に東京国立博物館も開館しました。

上野動物園の正式名称は「東京都恩賜上野動物公園」です。恩賜(おんし)とは、天皇陛下や皇族などから贈られたの意。この土地はもともと宮内庁管理でしたが、戦前に東京市に贈られました。

上野公園は江戸時代、三代将軍・徳川家光の命により、天海僧正によって建立された「東叡山寛永寺」の境内跡でした。36万坪の静かな森で、大噴水のあたりは竹の台と呼ばれ、根本中堂を中心に多数の堂塔が点在していました。また、東照宮を始め徳川将軍家の霊廟等と共に東叡山は江戸第一の霊場でした。
190315_20.jpg幕末の慶應4年(1868)戊申戦争の彰義隊の戦いで上野の山の殆どが焼失。後に陸軍用地や病院建設予定地となりましたが、外国人医師のオランダ人が現地を見聞し、景観の良さから公園にするよう明治政府に進言。そして明治6年(1873)日本の公園第1号として一般公開に至りました。

動物園は、農務省の博物館(東京国立博物館)の付属施設として開設。明治19年に宮内省管轄。大正15年(1926)上野公園と共に、皇太子(昭和天皇)ご成婚記念として東京市に下賜されました。現在は東京都建設局が所管しています。

開園当時の面積は約1万坪で、クマ、サル、キツネ、タヌキ、水鳥、小鳥等の約40点でしたが、現在では敷地面積も14万㎡となり、ジャイアントパンダやスマトラトラ、ニシローランドゴリラ等の希少動物を始め、国内外の動物園の協力を得て、野生動物の保護と繁殖にも取り組み、420種類以上の動物を飼育しています。

130302_22.jpg日中国交回復を記念して中国からジャイアントパンダが日本に贈られたのは、昭和47年(1972)のこと。ランラン(蘭蘭)とカンカン(康康)の一般公開初日(11月5日)夜明け前から1キロ以上もの行列が出来ました。この日の総入園者数は5万5672人。2時間半も並んで、パンダを見ることができたのはわずか1分間でした。

平成29年年12月19日からジャイアントパンダの子「シャンシャン」と母親「シンシン」を公開を始めました。平成30年3月20日は入場整理券が必要です。

元号が変わり令和2年には、残念ながらコロナウイルスの影響で3月全日休園になっています。上野動物園のある上野恩賜公園では、桜の開花時期に重なり、名物恒例の花見も自粛よ呼びかけで、閑散としています。一日も早く解決していただきたいものです。

上野動物園
◇東京都台東区上野公園9-83
◇JR、東京メトロ、京成電鉄「上野駅」徒歩5分
上野動物園ズーネット:
http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/
※3月20日開園記念日の入園料は無料です。

【上野動物園の無料開園日】
・開園記念日(3月20日)
・みどりの日(5月4日) 
・都民の日(10月1日)

※こどもの日(5月5日)は、中学生は無料です。
※老人週間(9月15日~9月21日)期間中の開園日は、60歳以上の方と、その付添者(1名)は無料です。
*小学生以下と、都内在住・在学の中学生の方は、上記以外の日でも無料で入園できます。

■3月8日「国際婦人デー」です。■ 
毎年3月8日は「国際婦人デー」で記念日の一つです。
国際女性デー(こくさいじょせいデー、IWD: 英語 International Women's Day)、国際女性の日とも呼ばれています。 
190226_16.jpg
国際婦人デーは女性の参政権獲得を目指して1904年のこの日にニューヨークの女性労働者が開いた集会を記念して、1910年の第2回国際社会主義婦人会議でドイツのクララ・ツェトキンらが「女性の完全な政治的自由と平等、平和維持のために戦う日」を設けるよう提唱して始まりました。 

日本では1923年に社会主義団体の赤瀾会山川菊栄(昭和37年、婦人問題懇話会を設立)田中寿美子らによって東京・神田で講演会が開かれたのが最初です。 また、国連は国際婦人(女性)年の1975年に、この日を「国際婦人デー」と定めました。
190226_17.jpg
以来、毎年国連事務総長がメッセージを発し、女性の充分かつ平等な社会参加の環境を整えるよう世界に呼びかけています。 2000年には、国連人権高等弁務官のメアリー・ロビンソン(Mary Robinson、アイルランド初の女性大統領)が21世紀に向けて「女性が権利の獲得に向けたこれまでの歩みを祝うと同時に、女性被害者は、いまだに跡を絶たないことを想起する日」であると言明する文書を発表しました。 

なお、3月8日「国際婦人デー」は、国によってはこの日を女性の祭りとしています。ロシアでは国民の祝日「女性の日」で、台湾や中国では「婦女節」とし婦人の日となっています。 

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇ 
先進国や国際的にも女性の立場は向上しています。近年話題の一部のイスラム国家やイスラム教国は、女性教育は無駄だとする教義から女性蔑視が当たり前になっています。さらに奴隷制の復活を宣言しています。このような地域や国々に対して、国際社会は大きな課題を背負っているのです。 
長い期間がかかろうと全世界に男性・女性の差別をなくさなければなりません。 

次の二十四節気は「春分」で本格的な春がやってきます。 皆様、花粉飛散の時期になります。対策を怠らずお体ご自愛専一の程 
筆者敬白

■3月7日「消防記念日(しょうぼうきねんび)」です。

200303_20.jpg「消防記念日」とは、昭和23年(1948)3月7日に「消防組織法」が施行されたのを記念して、同法施行2周年を迎えた昭和25年(1950)に設定された記念日です。消防に関する理解と認識を深めるのが制定の趣旨です。

120222_53.jpg

昭和25年2月9日、当時の国家消防庁長官は、各都道府県知事に対して、「消防が完全に市町村の責任において運営、管理されることを規定した、他に類例を見ない程地方自治に徹した消防組織法の精神を、消防関係職員及び住民に会得せしめて、各々の責任と権利と義務において、その市町村を水火災その他の災害から保護しようとする声が起こった」と、消防に寄せられた期待の大きさを、3月7日消防記念日を定めることで意義あらしめたいとしています。

消防は、単に消火作業のみが任務ではなく、あらゆる災害の予防や救急業務などの広範囲にわたって活動しています。

消防組織法第一条には「消防は、その施設及び人員を活用して、国民の生命、身体及び財産を火災から保護するとともに、水火災又は地震等の災害を防除し、及びこれらの災害に因る被害を軽減することを以て、その任務とする」とあります。

120222_54.jpg

この日、消防庁に於いて式典が行われます。式典では、消防殉職者の御霊に対して1分間の黙祷を捧げ、続いて長年にわたり消防行政の発展に多大な協力をされた方々に対して、感謝状の贈呈などが行われます。また、功労のあった職員に対しては、特別功労賞等を授与しています。

東京消防庁は、「消防組織法」施行によって「東京消防本部」が警視庁から分離独立して誕生しました。約2箇月後の5月1日に、警察組織の警視庁に合わせて「東京消防庁」と名称を変更しました。

なお、「東京消防庁」は東京都の行政機関であり、国の行政機関である「消防庁」とは別のものです。

200303_21.jpg◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

記憶に新しいオーストライラの森林火災は気温の上昇から火が発生したとの報道でした。
近年は国内でも災害が多発しています。火災に限らず災害には常に備える心掛けが大切です。

糸魚川市の街全体が燃え尽きる大火災、近隣の市町村からの応援の甲斐なく、火元は中華料理店の鍋の火だそうです。50件以上の家屋が消失した近年最大の火災になりました。
また、埼玉県三芳町のアスクル倉庫火災は鎮火に13日間を要しました。太陽光発電のためのソラーパネルが消火活動を妨げたとも言われています。

近年、一人住まいの高齢者住宅からの失火による火災の報道が目につきます。
くれぐれも火の用心!

乾燥している日々が続いています。火廻り用心・火の用心です。
筆者敬白

■3月1~7日「春季全国火災予防運動」です。■

200224_20.jpg3月1日から恒例の「春季火災予防運動週間」です。3月1日~7日までの7日間、春の火災予防運動が実施されます。

この運動を機に、日頃忘れがちな火災に対する注意を喚起し、一人ひとりが防火の重要性を自覚し、日常生活での防火を実践し、さらに住民、事業所の関係者及び消防機関が一体となり、火災予防を推進し、火災による死傷者の発生や財産の損失を防ぎましょう。

120216_30.jpg

ちょっとした不注意から発生する火災!火の取り扱いには十分気を付けるとともに、万が一に備えて、バケツや浴槽に水を入れておきましょう。

消防署員や地元消防団員が建物への立入査察、住宅防火診断、防火講演会、防災訓練等を行ないます。 行事やイベントがあれば積極的に参加し、防火に対する正しい知識・技能の習得に努めましょう。

火災予防運動迎え火災予防の意識を一層高めるとともに、火災の発生・拡大を防止し、火災から尊い生命と貴重な財産を守ることを目的としています。防火標語『消したはず 決めつけないで もう一度』(全国統一防火標語)

◇火災予防運動の起源◇
米国における火災予防運動は、1911年10月9日合衆国全土にわたってはじめて行われた「火災予防デー」が起源。我が国もこれにならって行われるようになりました。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
130214_21.jpg福井の「左義長祭り」や東大寺の「二月堂修二会」などこの時期に火祭りが続きます。陰陽五行説では金気と火気、火剋金。火を使い金属を剋する(克する:コントロールする)とあります。

ともあれ皆さん、いつまでもあると思うな「親」と「金」、ないと思うな「運」と「災難」です。災難にはいろいろありますが、昔「火廻要慎」、今「火の用心」、今も昔もお出掛け前の火の始末!
火の用心 ことばを形に 習慣に』
筆者敬白

■2月23日「天皇誕生日」、「旧天長節」です。■

200221_21.jpg平成には「皇太子」(Crown Prince)だった今上天皇陛下(きんじょうてんのう=その時点において天皇として在位している天皇のこと)の誕生日を祝う日です。今上天皇陛下は第126代天皇徳仁です。


大東亜戦争終結までは、天長節(てんちょうせつ)と呼ばれました。現在は、皇居において一般参賀が行われています。一般参賀とは天皇が皇族と御一緒に国民から祝賀をお受けになる行事です。
現在の元号は「令和」、今上天皇は、平成天皇の第一皇子「徳仁」第126代天皇陛下です。


 200221_21.jpg

「第126代天皇徳仁陛下」は、昭和35年2月23日、上皇陛下と上皇后美智子の第一親王として誕生。「徳仁」は四書五経の「中庸」を典拠として、祖父・昭和天皇が命名なさいました。皇室典範で皇位継承順位となり、令和元年5月から今上天皇、


「中庸:ちゅうよう」とは、儒教の「四書」の一つです。中庸は、「常に時々の物事を判断する上で、偏らず平凡な感覚でも理解できるもの」と説かれています。論語の中で「中庸の徳たるや、それ至れるかな」とは中庸を極めた孔子の言です。

金曜天皇陛下は、平成5年大和田雅子と結婚の儀を挙げ、平成13年長女・敬宮愛子内親王をもうけました。
報道に際しての宮家の敬称は「さま」付けが多く平成の時代には「皇太子さま」と親しみ深く呼ばれていました。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
200221_22.jpg平成31年2月23日は祝日ではありませんでした。即位前の皇太子殿下「徳仁親王」誕生日でした。
平成31年5月にはそれまでの今上天皇陛下は上皇陛下に退位され、
新元号とともに天皇陛下として即位されます。令和2年の2月23日令和になって初めての天皇誕生日になります。

昼間は暖かく朝夕寒い日が続きます。時節柄、お風邪などお召しにならないようにお体ご自愛専一の程
筆者敬白

■2月14日「聖バレンタインデー」■

200221_33.jpg「St. Valentine's Day」(Saint Valentine's Day)
、「愛の告白日」です。特に女性から男性にチョコレートをなどを贈り、愛を告白する日とされています。

西暦270年頃の2月14日、アイルランドのカトリック教徒であった「ヴァレンタイン(ヴァレンティヌス)」が、ローマ皇帝クラウジウスのために殉教したのに由来する祭日です。
このことにローマ神話の女神「ジュノー」(ジュピターの妃)が結びついて、いつの日かカトリックの祝祭日になったものといわれています。

120204_10.jpg伝説では、バレンタイン・デーになると、小鳥たちが自らの配偶者を求めて飛び回り、和合の日々を送るといわれています。中世になって、キリスト教ではこの日を「愛を与える日」「人類愛を讃える日」として、盛んにもてはやされ、相手にささやかなプレゼントをする習慣がはじまりです。

この日、女性が男性に恋を打ち明けてもいい日とされ、日本でもチョコレートが飛び交うようになりました。これは某菓子メーカーの仕掛けによる販売戦略です。チョコレートの年間消費の4分の1がこの日に販売されると言われるほどで、近年では一種のイベントの感があります。

15021_20.jpg現在は女性が男性にチョコレートを贈るだけでなく、職場や友人などの恋愛感情を伴わない相手にもチョコレートを贈る「義理チョコ」、女性が女性へチョコレートを贈る「友チョコ」、また、逆に男性が女性にチョコレートを贈る「逆チョコ」などアラカルトも様々。
最近では自身へのご褒美として気に入ったチョコレートを食べる「マイチョコ」も人気だそうです。



■2月7日「北方領土の日」です。■
「北方領土:ほっぽうりょうど」とは、北海道根室半島の沖合にある島々で、択捉島(えとろふとう)、国後島(くなしりとう)、色丹島(しこたんとう)、歯舞群島(はばまいぐんとう)のことです。
190128_12.jpgこれら北方四島は、昭和20年(1945)にソ連に不法占拠され、ソ連が崩壊してロシアとなった現在もその状態が続いています。日本政府は日本固有の領土としてその返還を求めています。現在、日本国民の北方領土関係者および、ロシア人北方領土居住者に対して、ビザなし渡航が日露双方に一部認められています。
 
北方領土問題の解決は、日露両国間の最大の懸案事項。この問題が一日も早く解決され、平和条約が締結され、真の友好関係が確立されることが願いです。
 
110207_1.jpg北方領土問題に対する国民の関心と理解をさらに深め、北方領土返還要求運動の全国的な盛り上がりを図るために「北方領土の日」を設けるべきという声が上がり、昭和55年(1980)には、国会において全会一致で「北方領土の日」の設定を含む「北方領土問題の解決促進に関する決議」が行われました。
 
政府は、広く各界各層からの意見を踏まえて、昭和56年(1981)1月6日の閣議了解により、毎年2月7日を「北方領土の日」とすることを決めました。
 
安政元年12月21日、現在の静岡県下田市において日魯通好条約が調印されました。この日は、新暦2月7日です。この条約は、日本とロシアの間に通商を開くとともに、平和的な話し合いによって両国の国境を択捉島とウルップ島の間と定めたもので、これによって、択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島の北方四島は日本の領土として確定し、これ以後、両国の国境は何度も変わりましたが、北方四島は一貫して日本の領土でした。
 
この歴史的な意義と平和的な外交交渉によって、領土の返還を求める北方領土返還要求運動の趣旨から、2月7日は「北方領土の日」として最も適切な日とされました。毎年この日には、東京において「北方領土返還要求全国大会」が、内閣総理大臣、衆・参両院議長、各政党代表、地方公共団体代表、民間団体代表などの出席のもとに開催されます。また、この日を中心に全国各地で多彩な行事が行なわれています。

190128_13.jpg◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
安倍政権になってから、尖閣諸島、竹島、北方領土などの領土問題を、日本の領土であると教科書に記載する動きがあります。領土問題では際立った動きが出てきています。また、以前、小笠原返還記念日、沖縄復帰記念日の記述をお願いしたいと、コメントをいただきました。

一昨年ロシアのプーチン大統領が来日して、安倍首相の会談がありました。経済協力と北方領土が話し合われたようです。北方領土は一部でも平和裏に返還され解決されれば、新しい日露関係が構築されるでしょう。

立春を過ぎても寒さが厳しく、新型コロナウイルスやインフルエンザが流行しているようです。時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

■1月27日「国旗制定記念日」です。■
日本の国旗は「日の丸」と呼ばれますが、正式な名称は「日章旗:にっしょうき」と呼びます。

120119_19.jpg国旗及び国歌に関する法律(平成11年8月13日公布・即日施行)では、
第1条「国旗は日章旗とする」
第2条「国歌は君が代とする」
とあります。規定では旗の形は縦が横の3分の2の長方形。日章の直径は、縦の5分の3で中心は旗の中心。色は、地は白色、日章は紅色とされています。


聖徳太子遣隋使に託した文書に、自国を「日出ずる国」とした記述がありました。日の丸は日の出の太陽を象徴しています。また、国名の「日本・日ノ本」からも太陽(日の出)を意識し「日が昇る」という自然現象を大切にしていたことがうかがえます。紅白は日本の伝統色で「めでたいもの」とされており、「赤」は博愛と活力、「白」は神聖と純潔を意味するとも言われています。因みに「あか(赤)」の語源は「あかし(明し・あかるい)」と同じ意です。

世界の歴史でも太陽が赤で描かれることは珍しく、太陽は黄色または金色、それに対して月は白色または銀色で現すのが一般的です。日本でも古代から赤い真円で太陽を表していたという訳でありません。様々な表現が原型となって、白地赤丸の日章旗が生まれたようです。

一説には源平合戦の結果で、布告平氏は「赤字金丸」を、源氏は「白地赤丸」を使用しました。
平氏が滅亡し、源氏によって武家政権ができると代々の将軍は源氏の末裔を名乗り、「白地赤丸」の「日の丸」が天下統一を成し遂げた者の象徴として受け継がれていったとも伝わります。

明治3年(1870)1月27日制定の太政官布告
第57号郵船商船規則(商船規則)に基づき、日本船の目印として採用されました。規格は縦横比は7対10。日章は旗の中心から旗竿側に横の長さの100分の1ずれた位置とされ、以後、日章旗は国旗としても扱われるようになりましたが、法的な裏付けはありませんでした。

190122_14.jpg終戦後、連合国軍総司令部の指令により日章旗の掲揚が原則禁止されました。この間、商船旗としては国際信号旗のE旗に基づいた旗で代用。祝日に限定した特例としての日章旗掲揚許可を経て、昭和24年(1949)より日章旗の自由掲揚が認められました。

1990年代末から学校の式典等における日章旗掲揚に係わる問題が頻発し、掲揚に反発する教職員とのトラブルから高校校長に自殺者が出るまでに発展しました。これを機会に平成11年(1999)国旗国歌法が公布され、正式に国旗として定められたのです。

大多数の日本人は国旗国歌法の制定前から日章旗を国旗と、して受け入れていました。日章旗は、沖縄県では1945年から1972年までのアメリカ軍統治時代には、日本帰属を求める象徴でしたが、日本復帰後には一転して第二次世界大戦中の悲劇を象徴するものとして憎悪する傾向が現れたのも事実です。

この日、国旗掲揚して制定記念を祝います。国旗は原則として日の出から日没まで掲揚します。屋外で国旗のみを掲揚する場合は、門の内側から見て右側、門の外側から見て左側に掲揚します。国旗は常に旗竿の最上部に接して掲揚されなければなりません。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
反日感情が強い中国や韓国では日章旗を燃やすシーンが報道されました。気持ちのいい人はいないでしょう。
日の丸を誇りを持てる国旗にするためには、乱雑な扱いはやめてほしいものです。

今年に入り、中国から新型コロナウイルス、国内ではインフルエンザの流行が報道されています。予防はうがいに手洗い、外出にはマスクです。時節柄読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

■1月26日は「文化財防火デー」です。■ 150125_20.jpg
文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことから制定が検討されました。 

この事件は国民に強い衝撃を与え、火災など災害による文化財保護の危機を深く憂慮する世論が高まり、翌昭和25年(1950)に文化財保護の統括的法律として「文化財保護法」が制定されました。 

 当時のロンドン・タイムズの東京支局長フランク・ホーレーも「法隆寺は外国人にとっても非常に興味を持たれている法隆寺が焼けてしまったと聞いたらどんなに悲しむことか日本人はこうした「貴重なもの」の取扱いが全く下手でデタラメだ」と落胆して語りました。 

 同じ年2月には愛媛県の松山城の「筒井門」など3棟が、6月には北海道の「松前城の天守など2棟」が焼失してしまいました。半年の間に3件の国宝(当時)が火災に遭ったのです。

その後、消失から5年後の昭和29年11月3日に、法隆寺金堂の修理事業が竣工したことから、文化財保護に関する行政の対応も確立したのです。文化財保護思想の一層の普及、徹底を図るために普及啓発事業が行われるようになりました。 
150125_21.jpgその一環として、法隆寺金堂の焼損した日であること、1月と2月が1年のうちで最も火災が発生しやすい時期であることから、昭和30年(1955)当時の文化財保護委員会(現在の文化庁)国家消防本部(現在の消防庁)1月26日を「文化財防火デー」と定めました。

文化財を火災・震災その他の災害から守るとともに、全国的に文化財防火運動を展開し国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図っています。 昭和25年(1950)の「文化財保護法」施行以降に指定された日本の国宝建造物には火災で焼失した例はありません(平成20年4月までのデータ)。
平成16年(2004)の第50回文化財防火デーの際には、記念事業として、文化財防火・保護に携わってきた54団体に「文化財防火功労賞」が贈呈されました。

昭和30年の第1回文化財防火デー以
来、毎年1月26日を中心に、文化庁・消防庁・都道府県・市区町村教育委員会・消防署・文化財所有者・地域住民などが連携・協力して、全国で文化財防火運動を展開しています。

150125_22.jpg平茂27年1月の第61回文化財防火デーでは、重要文化財「丸岡城天守」(福井県坂井市)をはじめ、全国各地の文化財所在地で防火訓練等が行われます。 文化財は、我が国の長い歴史の中で生まれ、育まれ、今日まで守り伝えられてきた貴重な国民の財産です。災
害から貴重な文化財をみんなで守り、後世に伝えていくため、文化財周辺地域の住民の皆様をはじめ多くの方々の「文化財防火デー」行事への参加をお願いいたします。(文化庁HP他より)

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

退官された藤崎駐米大使によると、日本の良さは「アカセキレイ」だそうです。安全・確実・清潔・規律・礼節のことで、山手線が1分単位で遅れずに運転されているのも、日が暮れてから女性が一人コンビニエンスに買い物に行けるなど安全です。
中国人観光客の日本の第1印象は「キレイ」、第2に「親切」だそうで、リピーターも増えているそうです。 「文化財防火デー」を機会に私たちも身近にある文化財を知っておきましょう。
1月後半になってインフルエンザが大流行しています。外出の際にはマスクを忘れずに!
筆者敬白


■1月17日「防災とボランティアの日」です。■
190114_10.jpg
防災とボランティアの日(ぼうさいとボランティアのひ)とは、平成7年(1995)12月の閣議で、同じ年の1月17日に発生した阪神・淡路大震災に因んで制定された記念日です。
政府や行政の対応が遅れた一方、学生を中心とした各種のボランティア活動及び、住民の自発的な防災活動の重要性が広く認識されました。
1月15日~21日「防災とボランティア週間」
阪神・淡路大震災では、「日本のボランティア元年」と言われました。
これをきっかけに、ボランティア活動への認識を深め、災害への備えの充実強化を図る目的で、「防災とボランティアの日」の制定が決定されました。 翌、平成8年(1996)から、この日を中心に前後3日を含む計7日(1月15日~21日)が「防災とボランティア週間」と定められ実施されます。
190114_11.jpgこの機会をきっかけとして、各家庭の防災対策は十分なのか、改めて確認してみることをお勧めします。
災害発生によって家族が離れ離れになったら、どうやって連絡を取り合うのか、どんな経路で避難し どこで落ち合うのかを、あらかじめ家庭内で取り決めておくことも重要です。
電話やメールが使えなくなる事態を想定しながら、確認してみましょう。

大地震発生後は、数日~数十日にわたり電気・ガス・水道・電話など各種ライフラインの供給がストップまたは大幅に制限される可能性があります。
復旧までの間は自足できるよう、食料や飲料水、非常持出品の備蓄をしておくと安心です。
また、年に数回は、備蓄品のチェック(保存状態や賞味期限の確認など)を行いましょう。

※主な非常用品です。ぜひ準備してください。

飲料水
食料
燃料(カセットコンロ、予備のコンロ用ボンベ、固形燃料、マッチ、ライターなど)
懐中電灯など明かり(懐中電灯(1人につき1個)、予備電池、ろうそくなど)
情報通信機器(停電時のために携帯ラジオ、携帯テレビ、携帯電話用充電器、予備電池など)
救急用品(傷薬、絆創膏、包帯、三角巾、常備薬など)
避難用具(ヘルメット、防災頭巾、軍手、ロープ、厚底の靴、工具類)
貴重品(現金、通帳、身分証明書等)
生活用品

※あると役立つものです。用意しておきましょう。

笛(周囲に自分の存在を知らせたい際に役立ちます)
マスク(伝染病の予防や、埃の中で作業する際に役立ちます)
使い捨てカイロ(寒冷時に役立ちます)
ビニール袋、ビニールシート、ウェットティッシュ、ラップ、新聞紙(何かと役立ちます)

190114_12.jpg※水/災害復旧までの数日間(最低3日間)必要です。
飲料水(煮炊き用を含む)は最低大人1人あたり9リットル(1日3リットル×3日分)が目安です。
このほかに洗濯、風呂、洗面用など多量の生活用水が必要となりますので、日頃から災害時に備え、より多くの水を確保しておくことが大切です。
生活用水確保のためには、浴槽に水を貼っておくと良いでしょう。

※食料/災害復旧までの数日間(最低3日間)必要です。
保存性の高いもの(フリーズドライ食品、アルファ化米、缶詰、インスタント食品など)やそのまま食べられるもの(クラッカーなど)を、最低でも3日間分、可能な限り1週間分は家庭に確保しておきましょう。
どんな食品にも賞味期限がありますので、定期的に期限を確認し、必要に応じて取り替えることを忘れずに。

※災害用伝言ダイヤル(171)・災害用伝言板(web171)

NTTグループ3社では「防災とボランティア週間」に、災害発生時の安否確認手段として運用しる「災害用伝言ダイヤル(171)」と「災害用伝言板(web171)」の体験利用を実施しています。
詳しくはHPにて

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇

いつまでもあると思うな親と金、無いと思うな運と災難
古くからの古事ことわざです。
防災とボランティアの日をきっかけとして、各家庭の防災対策は十分なのか、改めて確認してみましょう。
筆者敬白

■1月10日は「110番の日」です。■
151231_21.jpg1月10日は「110番の日」です。この記念日は、110番の適切な使用を推進し理解と認識を深め、社会意識の高揚を図ることを目的として設けられています。

昭和60年(1985)12月に警察庁が定めました。 1月10日という日付自体には緊急通報制度などとは全く関係なく、110番を1月10日に語呂合わせをした記念日の一例です。
ちなみに110番をはじめとする緊急通報制度が出来たのは昭和23年(1948)10月1日です。
また119番は1月19日ではなく11月9日が記念日です。

 警察庁の統計によると、平成25年中の110番通報の受理件数は約941万件と、前年より約6万件増加しています。
これは約3.3秒に1回、1年を通して国民約4人に1人の割合で通報したことになります。
 最近では、携帯電話からの通報が増えており、3件に2軒以上(67.7%)が携帯電話からの通報です。
近年、この割合は一貫して上昇の傾向にあります。
ちなみに、25年中に警察本部の通信指令室が直接受けつけた110番通報では、パトカー等に指令してから平均6分57秒で警察官が現場に到着しています。

◆110番痛報の8割が「くだらない内容」
 通報する側の理屈に迫る(日刊SPAより)
150107_21.jpg道を聞く、目が合う、自転車で追い抜く......ごく普通の行動が通報され、警察の安全情報に掲載されてしまう事態が昨今、多発している。
なぜそんなことで通報するのか。 片っ端から通報する人々の異常な論理とは・・・
主婦の片山洋子さん(仮名)は、こう話す。 「娘が帰宅途中、ゲーセンの前でたむろしていたガラの悪い男たちが、娘を見ながらコソコソと笑いあっていたそうです。目をつけられて、後日襲われでもしたら......と思って通報しました」 イメージ 凶悪事件が多発している昨今、子供が被害に遭う前に犯罪の芽を潰しておきたい親心は理解できる。
だが、「毎日似たような服を着て同じ時間にきっかり帰ってくる30代後半ぐらいの隣の男性。しかし、ある日いつもの時間を大幅に過ぎて帰ってきたので通報しました」(大橋信吾さん・仮名・44歳)という言い分は謎である。
「だって、いつもと違うのは怪しいに決まってる。星島(※'08年、マンションの隣人女性を自宅に引きずり込み殺害、遺体を解体し遺棄)みたいなことがなきにしもあらずでしょ」

特に事件や事故への緊急性がなく、本来は110番にかけるものではない苦情や問合せ、要望が増え続けています。
そこで、緊急な対応を必要としない相談などで110番通報をすると、対応が遅れる原因にもなるので、警察庁は相談専用ダイヤル「♯9110」番を更に活用するよう呼びかけています。


◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

110番の日に当たり緊急通報制度の正しい利用を心がけたいものです。
皆様、小寒をすぎ寒さ本番の今日この頃です。マスクをした方々を見受けます。
お風邪などお召しにならないよう、お体ご自愛専一の程

筆者敬白
■令和2年1月6日は「官庁御用始め」「仕事始め」です。■

181229_10.jpg
御用始めは、諸官庁で新年初めて執務を始める日を指します。
明治6年に、官庁では12月29日から1月3日までを年末年始の休暇とすることが定められました。 
御用納めは、土、日、祝日の時には前日とし、御用始めは土、日、祝日の時には翌日として、現在まで続いています。 
御用納めの日は、令和元年は12月27日でした。残務を整理して、机上を片付けて年末の挨拶をして各自帰宅します。

今年の御用始めは令和2年の1月6日です。
大東亜
戦争以前の宮中では、この日、「政始(まつりごとはじめ)」の儀が行われていました。
平安時代以前に行われていた「政始(セイシ)」とも言う行事があったのです。 
「政始」は正月に宮中で行われた行事で、本来は9日でしたが、正月の御斎会(正月の神事)が一段落したところで吉日を選び、上卿が新年初めて政事を議する儀式を行い、これを「政始」と言いました。

181229_11.jpg鎌倉幕府の「問注所」(現在の裁判所にあたる)は10日、室町幕府では7日に政治始を行いました。
年頭に当たり、伊勢神宮を奏聞する(そうぶん:天子に申し上げること。奏上)ことを神宮奏事始と言って正月11日に行いました。
4日の「政始」と合わせて、明治3年から4日に「政始の儀」を行う事になり、首相から神宮のことや、各般の政務を奏上していましたが、戦後、廃止されました。

◆◆仕事始め◆◆ 
150107_28.jpg
新年始めての仕事のし始めの式・儀礼を行うことです。

▼農事で見ると、2日または11日に鍬入れ・鍬立て・ヒト鍬・ウナイゾメ等と言って、田畑に鍬を数回入れ、餅や米を供えます。 また「コエ曳詰(こえひきずめ)」と言って堆肥を田畑に運んだり、「田打ち正月」と言って田植えのマネをしたり、藁や縄のうち始め、箭内初めも行われます。
▼山村では
「初山」「山入り」と呼んで、初めて山に入って山の神に供物を供えてから木を切ります。
この時、小正月のものつくり用の木を切ります。
▼漁村では舟祝・ノリゾメ・フナオコシなどと言って、船に集まり供え物をして、仕事始めの祝いをします。
▼商家では2日に初荷をし、11日には、蔵開き・鏡開きとして、土蔵を開き、暮れから供えてある「鏡餅」を割って食べる習慣が各地で残っています。

 「仕事始め」は、これらの予祝行事(あらかじめ祝うこと。前祝い)の意味を持っているとされています

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
 
「官庁御用納め」も「御用始め」も平安時代以前からの宮中の習慣で、暦が社会習慣の基本だったことがわかります。
宮中をはじめ、職業ごとに御用始め、仕事始めがあり、それぞれ安全祈願や感謝をする神事であることがわかります。終わりのない仕事に区切りをつけて、働けることに感謝する行事は日本独自の習慣で、日本の高い精神性の表れで文化として解釈できます。
時代は変わっても絶やさないで続けたいものです。
筆者敬白

■1月6日「公現祭」です。■
120103_2.jpg「公現祭:こうげんさい」とは、人としてこの世に現れたイエス・キリストが、神性を人々の前で現したことを記念するキリスト教の祭日です。

日本語では「顕現節:けんげんせつ」、「公現節:こうげんせつ」(主の公現)、「主顕節:しゅけんせつ」などとも呼ばれています。

12月25日のクリスマス~1月6日までの12日間を降誕節(こうたんせつ)としています。一般に「十二夜」といい、悪霊が暴れ回る期間。シェークスピアの戯曲「十二夜」はここから付けられたものです。

世界には公現祭に伴うさまざまな慣習があります。一例としてヨーロッパやカトリック教会の信仰が盛んな地域では、「」や「小さな人形」、「貴金属」などを入れて焼いたケーキや菓子パンを切り分け、この豆などが当たった人をその日だけ王とする習慣があります。

例えば、フランスでの行事は古代ローマの農耕神サートゥルヌスの祭りサートゥルナーリアに由来します。また、スペイン語圏やイタリアでは、子供たちがプレゼントをもらうのはクリスマスではなく公現祭の日です。この日、魔女が子供にプレゼントをするという独特な風習もあります。

■1月6日「東京消防庁出初式」です。■
191228_22.jpg「出初式:でぞめしき」とは、新年の初めに消防署員や鳶の人達が集まって、消防動作の型などを演習する行事です。模擬火炎やハシゴの曲乗りなどが披露されます。

出初式の起源は、今から約340年ほど前の江戸時代です。当時、江戸の街は明暦3年(1657)に発生した大火により未だ焦土の中にあって、苦しい復興作業にあたる町民は絶望的な状態にありました。

万治2年(1659)正月4日そこに旗本の率いる定火消(じょうひけし)総勢4隊が、上野東照宮前で1年の働きを誓ったことに始まります。「出初」を行ったことが、当時の江戸町民に大きな希望と信頼を与え、これが契機となり、お正月の恒例行事として今日まで受け継がれてきました。

東京では、昭和28年以来、正月6日に行われていますが、出初式の開催日は地方によってまちまちです。

◇東京消防庁HPhttp://www.tfd.metro.tokyo.jp/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
近年、地震など大きな災害や、異常気象からの大型台風・竜巻など今まででは、考えられなかった大災害が起こります。出初式を機会に正月気分から脱して災害に備える気風を取り戻しましょう。
江戸の時代も平成の世も人の気持ちは変わらないようです。
筆者敬白
 

121225_22.jpg

■1月2日「初荷」です。■
121225_25.jpg「初荷」とは、新年の商い始めの荷のこと。昔は正月2日に問屋や商店から、馬・車・船などに商品を積み、紅白の布で飾り、「初荷」旗をひるがえして売り先に送り届けました。

提灯や幟で飾り立てた大八車や荷馬車は、とても目立ちました。また商家、商店では正月2日に新年初めて開店し初売りを始めました。

現在では4~5日頃、トラックで初荷を送るところが多くなっています。


■1月2日「初夢」です。■
「初夢」とは、新年になって見る夢のこと。古くは節分の夜に見る夢ともいわれていました。

元来、大晦日は寝ずに過ごすものでしたから、元日の夜の夢を初夢と呼ぶようになりました。昨今「夢」は神仏のお示しであると信じられ、夢によってこれからを占います。

善い初夢を見る為に、宝船の絵を枕の下に入れて寝るという習慣もありま

121225_23.jpgした。様々な宝物や七福神などを乗せた船の絵には「長き世のとおのねむりの皆めさめ、波のり舟の音のよきかな」という回文(上から読んでも下から読んでも同じ)が書かれていました。

この宝船伝説は、当初は「節分」または「年の暮れ」貧乏神を乗せて他に流す呪いでしたが、次第に善い初夢を見る習慣に変化したようです。
 
お目出度い夢として「一富士・二鷹・三茄子」といわれます。
一説には「富士」は曽我兄弟富士裾野の仇討ち、
「鷹」は赤穂浅野家の紋所で赤穂浪士の仇討ち、
「茄子」は伊賀上野の荒木又右衛門の仇討ち
との説です。ともかく、宝船・富士・春駒の初夢は縁起がよいとされます。


■1月2日「書初め」です。■
121225_24.jpg「書初め」とは、年が明けて初めて書や絵をかく行事で、多くは1月2日に行われます。「吉書:きっしょ」・「試筆:しひつ」・「初硯:はつすずり」ともいいます。

江戸時代には、若水で墨をすり、恵方(吉方)に向かって詩歌を書く風があり、「長生殿裏春秋富、不老門前日月遅」という漢詩がもてはやされました。もともと宮中で行われていた儀式でしたが、江戸時代以降に庶民にも広まりました。

書き初めで書いたものは、左義長で燃やし、その炎が高く上がれば字が上達すると信じられていました。

左義長(さぎちょう)1月14日(小正月)の夜に正月の松飾り類を焼く火祭りの行事。地方によって「どんど」、「どんど焼き」、「とんど(歳徳)焼き」、「どんと焼き」とも呼ばれている。全国各地で同じような習慣がある。

181229_15.jpg

毎年1月5日、日本武道館(千代田区)では、全日本書初め大会が行なわれます。約4千人が参加するこの行事は、新年の風物詩の一つとなっています。

因みに「姫始め」は1月2日の行事ですが、その由来については不明。「姫飯:ひめいい」を食べ始める日が適当な解釈ではないかとされています。暖かく柔らかい飯を女性に例え、男女の交合に変化したようです

「姫飯:ひめいい」は柔らかいご飯のこと。これに対し「強飯:こわいい」は蒸した固いご飯をいいます。今日でも、目出度い時は御強(おこわ)を食べますが、昔は祭りの間は強飯を食べ、祭りが終わると姫飯を食べました。
 
「飛馬(ひめ)始め」1月2日の乗馬始め。
「火水始め」火や水を使い始める日。
「女伎始め」衣服を縫い始める日。
新年に夫婦が始めてセックスをする日秘事を始める日。
「姫糊始め」女性が洗濯や張物を始める日。
 その他、多数あります。 

■12月24日「クリスマス・イヴ」です。■
「Christmas Eve」の「Eve・イヴ」は「Evening・夜・晩」の略です。クリスマスの前夜を指しています。

121214_23.jpgところが、ユダヤ歴など教会暦では、日没をもって日付の変り目でした。クリスマスイヴの日没からクリスマスで「クリスマス・イブは既にクリスマス」なのに「イブ」を誤って「前日」と訳し、12月24日を「クリスマスイブイブ」と呼ぶなどは、本来は誤用といえます。

カトリックでは、夜半・早朝・日中の三回のミサを行います。日本では、夜半ミサを24日の夜に行うことがあります。プロテスタントでは25日にミサを行います。

近年のクリスマスイブ、クリスマスが商業主義に偏っていることに、ローマ法王ベネディクト16世は懸念を示しています。クリスマスは内面的な喜びを感じる日だとのことです。

■12月25日「クリスマス」です。■
「クリスマス」「Christmas」「Χmas」とは、イエス・キリストの降誕祭のことです。または聖誕祭

Christmas」の語源は「Christmas」=キリストのミサのことで「Χ」は、ギリジャ文字の「Χ=カイ」のことで、エックスではありません。

イエス・キリストは、今から約2千年前、ベツレヘムの馬小屋の中で誕生したといわれていますが、正確な誕生日は不明。太陽の新生を祝う「冬至祭」と結び付いたものともいわれています。

ロシア正教会などの正教会とコプト正教会では、1月7日(ユリウス暦の12月25日にあたる)に降誕祭を祝いますが、日本ハリストス正教会やブルガリア正教会などでは、グレゴリウス暦の12月25日に祝います。

正教会では、降誕祭と神現祭とは奉神礼として一連のものとし、それらの間にはキリストの幼児期に関する祭日が設けられています。降誕祭の祭前期には、聖列祖の主日で原祖アダム以来のキリストの肉に縁る先祖を祀り、聖世祖の主日では神の祖父母イオアキムと、アンナら歴代の義者を祀ります。

121217_20.jpgクリスマスの習慣は、もともと「太陽神崇拝」など、キリスト教以前の宗教に由来しています。サンタクロース(Father Christmas)は、キリスト教の聖師父である奇蹟者「聖ニコライ」(ニコラウス)の伝説が起源です。

日本でクリスマスを祝うようになったのは明治以降。クリスマス用品が輸入されたのは明治10年代で、クリスマス・カードは明治20年代でした。大正時代になると、児童向け雑誌や少女雑誌の12月号には、クリスマスにまつわる話や挿絵が多く導入されました。

昭和初期の頃は、銀座・渋谷道玄坂・浅草などの多くのカフェや喫茶店では、クリスマス料理を用意し、店員は仮装をして客を迎えました。

現在の日本では、クリスマスは年中行事として定着し、キリスト教徒は勿論、そうでない一般家庭でも、この日に贈り物をしたりパーティーを開いたり、クリスマス・ケーキを食べたりして祝っています。

クリスマス・ツリー(ホリデーツリー)が飾られ、クリスマス・セールが行われ、クリスマス・ソングが流れて、クリスマス・ケーキが売られます。街中では街路樹に豆電球が飾り付けられ、煌びやかなイルミネーションが人々を楽しませます。クリスマスの挨拶に、クリスマスにちなんだ絵はがきやカードを送る習慣もあります。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
近年のイルミネーションはLEDの普及で、きらびやかな飾り付けを目にします。この時期どこのイルミネーションが綺麗かが話題になり冬の楽しみなってきました。
風邪やインフルエンザが流行していて「ノロウイルス」も蔓延していると警報が発せられています。季節の変わり目です。時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

■12月15日「年賀状特別扱い開始の日」です。■ 181206_13.jpg
全国の郵便局では、この日から年賀はがきの特別扱いを開始しています。 
25日までに投函された分についての年賀はがきは、翌年1月1日(元旦)に必ず配達されるという特別な制度です。 

 年賀状とは新年に送られる郵便葉書やカードを用いた挨拶状のことです。日本では、古く奈良時代より新年の年始回りという年始の挨拶をする行事があり、平安時代には貴族や公家にも風習が広まり、挨拶が行えないような遠方などへの年始回りに変わるものとして書状でも交わされるようになりました。 

江戸時代になると新年の挨拶は社会全般に広まり、飛脚が新年挨拶書状を運ぶようになって来ました。明治維新後の明治4年(1871)、郵便制度が確立しましたが、年賀状は書状で送る習慣が定着していました。

明治6年(1873)に「郵便はがき」を発行するようになると、年始の挨拶も葉書で年賀状を送る習慣が急速に広まったのです。 明治20年頃になると年賀状を出すことが国民の間に年末年始の行事の1つとして定着したのです。 

141217_21.jpg
その結果、年末年始にかけて年賀状が集中し、郵便取扱量が何十倍にも膨れ上がり、通常郵便に加えて膨大な年賀状のため郵便物全体の処理が遅れ、年賀状以外の郵便物にも影響し通常より到着が遅れることがしばしば発生するようになりまた。 

これを解決する対策として明治32年(1899)12月に指定された郵便局での年賀郵便の特別取扱が始まり明治38年(1905)完全に全国の郵便局で実施されるようになりました。
なお年賀状は本来、元日に書いて投函していましたが、この特別取扱をきっかけに年末までに投函し元日に配達するようになったのです。

明治40年(1907)から葉書の表に「年賀」であることを表記すれば枚数にかかわらず郵便ポストに投函できるようになったのです。 

◆◆◆◆編集後記◇◇◇◇ 
141217_22.jpg
近年は、パソコンや携帯電話などインターネットの発達により、若い人をはじめ壮年や初老の方も年賀状を出さずメールや電話で済ませる人も多くなって来ました。
この様な習慣はこれから益々増加して、郵便はがきでの新年のご挨拶は減少する一方のように感じます。「お年玉付き年賀はがき」のこれからの変化を観察していきたいものです。 
皆様お体ご自愛専一の程 
筆者敬白

■12月4~10日「人権週間」「世界人権デー」です■

191124_28.jpg 人権週間(じんけんしゅうかん)とは、第3回国連総会で採択された「世界人権宣言」の趣旨「全ての加盟国及び関係機関が、この日を祝賀する日として、人権活動を推進するための諸行事を行うよう要請する決議を採択」と「人権」の重要性を、広く日本国民に訴えかけるとともに、人権尊重思想の普及を図るための週間です。

国際連合は、昭和23年(1948)12月10日の第3回総会において、世界における自由、正義及び平和の基礎である基本的人権を確保するため、全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準として、世界人権宣言を採択したのに続き、昭和25年(1950)12月4日の第5回総会においては、世界人権宣言が採択された日である12月10日「人権デー」と定め、全ての加盟国及び関係機関が、この日を祝賀する日として、人権活動を推進するための諸行事を行うよう、要請する決議を採択しました。

191124_29.jpg我が国においては、法務省と全国人権擁護委員連合会が、同宣言が採択されたことを記念して、昭和24年(1949)から、毎年「人権週間」を定め、その期間中、各関係機関及び団体の協力の下、世界人権宣言の趣旨及びその重要性を広く国民に訴えかけるとともに、人権尊重思想の普及高揚に努めてきました。

しかし、いじめや児童虐待などにより子どもが命を落とすといった痛ましい事案が依然として後を絶たず、また、インターネット上で他人を誹謗中傷したり、個人の名誉やプライバシーを侵害したりする事案のほか、企業等では,長時間労働による過労死、各種ハラスメント(嫌がらせ)、不当な差別といった問題が発生しています。

さらに、「ハンセン病家族国家賠償請求訴訟の判決受入れに当たっての内閣総理大臣談話」(令和元年7月12日閣議決定)の趣旨を踏まえ、ハンセン病患者・元患者やその家族がおかれていた境遇を踏まえた人権啓発活動の強化に取り組む必要があります。

そこで、12月4日から10日までの1週間を「人権週間」と定め、世界人権宣言の意義を訴えるとともに人権尊重思想の更なる普及高揚を図るため、全国各地においてシンポジウム、講演会、座談会、映画会等を開催するほか,テレビ・ラジオなど各種のマスメディアを利用した集中的な人権啓発活動を行います。


191124_30.jpgまた、「人権週間」12月4日~10日と前後して「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」にも指定されています。 北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに、国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し、その抑止を図ることを目的として、平成18年6月に、「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され、国及び地方公共団体の責務等が定められるとともに、毎年12月10日~16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされています。

拉致問題は、我が国の喫緊の国民的課題であり、この解決を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が、国際社会を挙げて取り組むべき課題とされる中、この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。

◆◆◆編集後記◆◆◆
皆さんもお近くの催しに参加して、「思いやりの心」や「かけがえのない命」について、もう1度オリンピック開催の折に考えてみましょう。なかなか設けられない機会です。
筆者敬白

■12月3~9日「障害者週間」です。■ 181127_13.jpg
12月3日~12月9日までの1週間、平成7年(1995)6月27日に、障害者週間が定められました。 

障害者週間(しょうがいしゃしゅうかん)とは、広く障害者の福祉について国民の関心と理解を深めるとともに、障害者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に、積極的に参加する意欲を高めることを目的とした週間です。 
障害者週間の趣旨は、国民誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合う「共生社会」を目指すべき社会だとして掲げています。 

基本的理念として、すべての障害のある方に対して、 
1、「個人の尊厳が重んぜられ、その尊厳にふさわしい生活を保障される権利を有する」 
2、「社会を構成する一員として社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が与えられる」 
ことを宣言するとともに、 
3、「何人も、障害者に対して、障害を理由として、差別することその他の権利利益を侵害する行為をしてはならない
としています。 

181127_14.jpg
平成16年6月「障害者基本法改正」で「障害者週間」は、従来の12月9日「障害者の日」に代わるものとして定められ、12月3日から12月9日までの1週間になりました。 

 昭和50年(1975)12月9日に「障害者の権利宣言」が国連総会で採択された日が「障害者の日」です。 昭和56年11月28日に「国際障害者年」を記念して、12月9日を「障害者の日」と新たに定めました。 

昭和57年(1982)12月3日「障害者に関する世界行動計画」が、採択された日であり、これを記念して平成4年(1992)の第47回国連総会において、12月3日を「国際障害者デー」とすることが宣言されています。 

 この様な経緯から「国際障害者デー」である12月3日から日本の「障害者の日」である12月9日までの1週間を、平成7年6月27日に「障害者週間」とすることとしました。 

このような経緯によって12月9日の「障害者の日」は12月3日~9日「障害者週間」へと拡大されたのです。 

141128_28.jpg
◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇ 
何を隠そう筆者も身体障害者です。不自由な生活を12年程していました。 
平成28年7月26日、神奈川県相模原市の障害者施設に刃物を持った男が侵入し、19人が死亡する事件が起きました。日本の犯罪史上まれにみる被害の大きさです。平成29年の報道によると実行犯は全く反省していない様子です。
まだまだ障害者が国民に理解される日は遠いのかも知れません。
同じ障害者とて残念でなりません。 
筆者敬白

■12月1日「映画の日」です。■ 141128_20.jpg
映画の日は、元々明治29年(1896)12月1日に神戸市で日本初の映画が一般公開された日を記念し、昭和31年(1956)6月29日に当時の日本映画連合会(現・日本映画製作者連盟)総会で記念日として制定しました。 

その後、日本映画界の各団体が、多年にわたり日本映画に貢献してきた方々への記念式典や上映会、トークショーのほか、割引サービスをするなどの行事が行われます。 
旧来は毎月第1水曜日が「えいがの日」としていましたが、平成15年(2003)以降は全国的に毎月1日が「えいがの日」となりました。
特に12月1日は「映画の日」として記念日になっています。 

 
181118_15.jpg
神戸の「神戸倶楽部」で明治29年(1896)11月25日から29日にかけて映画が一般公開されました。
これを日本映画史上初公開として、11月25日では暦の上で日が良くないとの理由で12月1日を記念日としました。 
神戸倶楽部で公開された映画は、今日一般的なスクリーンに映写されるタイプではなく、エジソンの発明による、1人ずつ覗き込んで見る「キネトスコープ」と呼ばれるものでした。 

昭和31年(1956)12月1日の映画の日、日本映画連合会第1回大会は、両国国際スタジアムで開催され映画界の他、祝辞の挨拶には鳩山一郎総理大臣や日本新聞協会、NHK会長、日本文藝家協会の丹羽文雄など著名人が列席しました。
地方でもこの日、パレードやポスター展や映画館の入場料割引などの行事が盛大に行われました。 

141128_21.jpg
昭和49年(1974)の映画の日には、新人脚本家を育成する目的で、映画脚本コンクールの「城戸賞」が制定されました。 
その後の「映画の日」執行委員会が主催した中央大会では、映画界に40年以上勤務した永年勤続功労章受章者と、特別功労章受章者が表彰され、脚本の「城戸賞」の授与式と「ゴールデングロス賞」の授与式も行われています。 

 その他日本映画俳優協会が主催する「映画の日」イベントとして、名作の上映会と俳優に限らずトークショーをしています。 

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆ 
141128_22.jpg
平成26年(2014)11月に文化勲章を授与されたは友の「高倉健」氏が悪性リンパ腫で他界しました。この記事は海外からも故人の功績を惜しんでコメントが寄せられています。
近年の男らしさや仕事にかける高倉氏の生き様が、スクリーンを通して伝わっていたのとの現れでしょう。 

カレンダー上では師走12月です。
ここ数日急激に冷え込みがきつく感じます。 
読者の皆様、お体ご自愛専一の程 
筆者敬白
■12月1日「鉄の記念日」です。■ 141128_23.jpg
安政4年(1857)12月1日、南部藩(現在の岩手県)の釜石市に日本で最初の洋式高炉が造られ、12月1日に初めて火が入れられました。
鉄の記念日はこれを記念して昭和32年(1957)に制定されたものです。 
※一説には薩摩藩の方が早いという説もあります。 

釜石の高炉を造った大島高任は日本の近代製鉄の父と呼ばれています。この時の高炉の跡は今も同市橋野町に残されています。
大島の高炉は明治31年(1880)まで22年間運用されました。 

▼鉄の種類と製造工程 
鉄は鉄鉱石や砂鉄などから作ります。特殊な例として隕鉄から作る場合もあります。これは超高級品です。 鉄はみなさんもよくご存じのように、大変さびやすいものです。さびるというのはつまり酸化するということ。つまり自然界の鉄はほとんどが酸化鉄の状態です。 

製鉄の工程ではこの酸化鉄を熱して熔かすことにより還元し、金属の状態に戻します。日本の古代の製鉄法での行程はいわゆる「たたら」によって行っていました。現在でも、刀剣用など高級品は「たたら」により製造されています。

たたらは良質の鋼(はがね)を作れるのですが、量産が効かない欠点があります。そこで産業革命以降の大量の鉄を必要とした時代では、大量に鋼を作る方法が考案されました。 

141128_24.jpg
この近代製鋼の工程では最初に鉄鉱石を燃料のコークスや酸度調整のための石灰などといっしょに「高炉」に入れて加熱します。
大島高任の高炉ではコークスではなく木炭を使っています。木炭の方が良質の鋼を生産できるのですが、経費と生産効率の問題があります。 

高炉により還元された鉄は、コークスの炭素を吸収して、炭素濃度の多い鉄になっています。これを「銑鉄」(cast iron)といいます。このままではもろくて使えませんので、今度はそれを熔けたまま転炉に入れて空気を送り込み、炭素を燃やしてしまって炭素濃度を下げます。 

基本的には一定の炭素濃度のものを鋼(steel)といい、純度の高いものを練鉄(mild steel)といいます。
転炉を使う方法は、空気を送り込む時間の調整でこの炭素濃度を目的に合わせて正確に調整できることです。 

そして実際の製鋼産業では、転炉で鋼が出来たあと、これに焼き入れ・焼き戻し・焼き鈍しといったおなじみの処理を加え、引き出し・押し出しなどの方法で、鋼板・棒材・H型鋼などを製造します。 

※焼き入れ:鉄を固くするのは、高温に熱してから急冷。 
※焼き戻し:粘り強くするには、低温で熱してからゆっくり冷やす。 
※焼き鈍(なま)し:柔らかさを加えるには、高温で熱してゆっくり冷やす。 
※押し出し、引き出し:断面の形の細い口から押し出して成型。マヨネーズの口の星形にするようなものです。 

▼ステンレス
基本的には鉄というのは純鉄の状態では使いにくいので、必ず何かの不純物を混ぜます。 つまり私たちの身の回りにある鉄は全て「鉄合金」です。最近特に多いステンレスはクロムとニッケルを混ぜて錆びにくくしています。 
181118_16.jpg
▼鉄と鐵
「鉄」というのは戦後当用漢字制度のために使われるようになった俗字で、本字は「鐵」です。この字は「金の王なる哉」という意味であるとされます。金属の王様が鐵だというわけです。 

▼国鉄
「国鉄」なども「国鐵」だったら安泰だったかも知れないが「金を失う」では黒字になる訳がなかった、などという俗説もあります。今でも鉄という字を嫌って「金」に「矢」と書く企業などがあります。

■11月28日「税関記念日」です。■ 141112_16.jpg
税関の歴史は日本の交易の歴史と共にあります。
江戸時代は長崎が唯一の国際港だったので、元禄11年(1698)に「長崎会所」が設置され、貿易に関する一切の管理をするようになりました。

日米和親条約
幕末の安政元年(1854)に結ばれた日米和親条約を皮切りに、我が国は諸外国に対し次々に港を開き外国船が入港できるようにしました。
安政6年(1859)、長崎、神奈川及び箱館(函館)の港「運上所」が設けられました。今日の税関業務と同様の輸出入貨物の監督や税金の徴収といった運上業務や、外交事務を取り扱うことになりました。
これが現在の税関の前身です。

「運上所」を「税関」に
明治5年(1872)11月28日、それまでの「運上所」を「税関」と改称することが決まりました。これを記念して11月28日は税関記念日になっています。1952年に大蔵省(当時)が制定しました。 
税関はこういう歴史的な背景があるため、大きな貿易港に合わせて本関が設置されています。 

函館税関(安政6年(1859)設置-箱館運上所)北海道・北東北3県を管理。戦前は樺太も管理していた。
現在の支署は稚内・留萌・札幌・小樽・根室・釧路・苫小牧・室蘭・青森・八戸・秋田船川・宮古・大船渡※秋田船川支署は以前は新潟税関の支署でした。 

横浜税関(安政6年(1859)設置―神奈川運上所)神奈川県から宮城県までの太平洋岸を管理
現在の支署は
塩釜・仙台・小名浜・鹿島・千葉・川崎・横須賀 

東京税関(昭和28年(1953)独立)昭和28年に横浜税関から独立し、昭和30年に新潟税関およびその酒田支署を合併しました。
現在の支署は
新潟・酒田・成田で、東京・埼玉・群馬・山梨・新潟・山形の6都県を管轄しています。
千葉県は基本的には横浜税関の管轄なのですが、成田空港関連施設だけは東京税関の担当になっています。
※慶応3年(1867)に幕府が東京運上所を設置していますが、ここは後消滅しています。 

大阪税関(慶応3年(1867)設置-川口運上所)大阪・京都・和歌山および北陸3県を管轄しています。
現在の支署は
和歌山・関西空港・堺・京都・舞鶴・敦賀・金沢・伏木 

名古屋税関(昭和12年(1937)独立)1907年に大阪税関名古屋支署として発足。昭和12年(1937)に独立。東海地区を管轄
現在の支署は、
清水・豊橋・四日市・中部空港豊橋支署はトヨタのためにあるような税関です。 

神戸税関(慶応4年(1868)設置―兵庫運上所)横浜と並ぶ大国際港・神戸と共に発展した税関で、兵庫県だけでなく、中国地方の大部分と四国地方を管轄しています。
現在の支署は
姫路・尼崎・境・浜田・宇野・水島・福山・広島・呉・小松島・坂出・新居浜・今治・松山・高知、異様に支署の多い区域です。 

長崎税関(元禄11年(1698)設置)江戸時代初期からある日本最古の税関。九州全域から山口県までを管轄していましたが、昭和28年(1953)に門司税関を分離しました。
現在の担当地域は
九州西部4県で、支署は佐世保・三池・八代・鹿児島です。 
141112_17.jpg長崎税関の建物:左から明治40年頃、昭和2年築、現在のもの

門司税関(昭和28年(1953)独立)門司港・福岡港の取扱量が多いため、昭和23年(1953)に長崎税関から独立し、九州の東部3県と山口県を管轄しています。
現在の支署は
岩国・徳山・宇部・下関・戸畑・博多・福岡空港・伊万里・厳原・細島・大分 

沖縄地区税関(昭和26年(1951)設置―琉球税関)明治19年(1886)に長崎税関の西表支署が設置され、明治27年(1894)には那覇支署も開設されていました。戦後アメリカにより、昭和26年(1951)琉球税関と名瀬支署が設置されますが、名瀬は奄美の日本復帰に伴い長崎税関の管轄に移行。沖縄本土復帰後の昭和47年(1972)に沖縄地区税関が設置されました。
現在の支署は
沖縄・那覇空港・石垣ここで沖縄支署というのは紛らわしいのですが、沖縄市にある支署です。 

141112_18.jpg
▼税関の主な役割は、そこを通過する物品の検査と必要に応じて税金(関税)を徴収することです。税関の歴史は江戸時代に遡ります。一貫して継続されている機関に税関があ、長崎税関は創設350年を数えます。
私たちが個人輸入したような場合、多くは国内の配送を担当する会社が税関で関税を代行払いしてくれて、品物を受け取る時に一緒に払うことが多いです。
主な港および空港には、税関と入国管理局などが設置されています。 

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆ 
輸入された物を扱う税関で管轄は当然「財務省」です。
人間の方の出入国の検査は「法務省」の入国管理局が行っています。よく間違えるのが税関と入国管理局は外務省管轄ではないのかと勘違いする人が多いようです。
ここにも縦割り行政が存在していて、貨物コンテナに密航者がいた場合には入国管理局か税関かと迷いますが、所轄警察の管轄で身柄は入国管理局になるんだそうです。 
うすぐ12月師走です。平成28年がすぐそこです。 
寒い日が続きます。皆様、お体ご自愛専一の程 
筆者敬白

■11月17日「将棋の日」です。■
111114_19.jpg江戸時代、歴代将軍の中で家康と並ぶ将棋好きの徳川吉宗が、11月17日(旧暦)を「お城将棋の日」として毎年御前対局を実施していました。昭和50年(1975)日本将棋連盟は、11月17日(新暦)を「将棋の日」と定めました。

将棋の起源はインドです。将棋のルーツ「チャトランガ」が生まれ、後に西方では「チェス」、東方では中国の「象棋」(シャンチー)、日本の「将棋」などに変化してきました。

平安時代、囲碁・双六・将棋を「三盤」といって貴族の嗜みとされていました。江戸時代初期、徳川家康が将棋と囲碁を好み、この2つを保護したことから大いに隆盛しました。双六は保護を受けなかったために埋没し、江戸時代末期にはルールを知る人が少なくなってしまいました。

歴代の将軍は、しばしば「お城碁・将棋」を催しました。当時は「持ち時間」という考え方がないために、対局が時間内に終了しないこともしばしば。そこで事前に半分ほど対局者同士が別の場所で指しておき、お城で続きを指すことが行われるようになりました。ところが、それでも時間内に終了しないケースが続いたため、完全に勝負がつくまで事前に差しておき、それをそのまま再現するだけになってしまいました。

141112_21.jpg

対局者には、大名を歓待する時並みの料理が用意されました。家元は、血筋とは無関係に優秀な人材を発掘し、最も優秀な弟子に家督を譲りレベルを維持しました。養子縁組も武家の養子縁組同様、厳しい審査を経た手続きを要したとあります。 

極めて卓越した実力を持つ人は「名人」の称号を与えられます。現在では最高位に君臨する人の称号とされ、名人への挑戦は「順位戦」でトップに立った棋士が挑戦する方式になっています。5期名人を務めた棋士は「永世名人」の資格を取得します。

東京の将棋会館道場では、将棋の日を記念して特別イベントが開催されます。

東京将棋会館
◇東京都渋谷区千駄ヶ谷2-39-9
◇日本将棋連盟
http://www.shogi.or.jp/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
181102_20.jpg平成30年「秋の褒章」において、羽生善治竜王(48歳)が紫綬褒章を受章することになりました。紫綬褒章は、長年にわたり学術・芸術上の発明、改良、創作に関して事績の著しい者に授与されるものです。将棋界での褒章受賞者は15人目になります。

中学生の藤井聡太プロの29連勝は将棋を広めまブームになりました。ニュースにもなりNHKスペシャルやクロースアップ現代でも放送されました。

囲碁将棋は祖父から孫にと家庭内で受け継がれてきましたが、核家族化と塾通い、ファミコンの普及で若年層の愛好者がめっきり減ったとの事です。
徳川時代と同じように、ブームの今こそ囲碁将棋を保護しなければならないのかもしれません。
筆者敬白

■11月9~15日「秋の全国火災予防運動」です。■ 
11月9~15日までの7日間秋の火災予防運動が実施されます。

181031_21.jpg
火災が発生しやすくなる冬の季節を迎えるにあたり、火災予防の意識を一層高めるとともに、火災の発生・拡大を防止し、火災から尊い生命と貴重な財産を守ることを目的としています。 

米国における火災予防運動は、明治44年(1911)10月9日合衆国全土にわたってはじめて行われた「火災予防デー」が全国火災予防運動の起源です。
日本もこれにならって行われるようになりました。
 
開始日の11月9日は、119番の日に因んだものです。
この期間に、総務省消防庁から示される全国火災予防運動実施要綱に基づき、各自治体がそれぞれの特殊性を考慮して実施しています。 

11月に入り
空気が乾燥し、火災が発生しやすい季節を迎えるます。 ひとり一人が、火災予防に対する意識を持つことにより火災による悲惨な焼死事故や貴重な財産の損失を防ぎ、放火されにくい「火災に強い街づくり」のために、毎年、11月9~15日までの1週間を「秋の全国火災予防運動期間」と定めました。 

令和元年度 標語ひとつずつ いいね!で確認 火の用心
平成30年度標語
忘れてない? サイフにスマホに 火の確認
平成29年度標語
:火の用心 ことばを形に 習慣に
平成28年度標語
消しましょう その火その時 その場所で
平成27年度標語
無防備な 心に火災が かくれんぼ
平成26年度標語もういいかい 火を消すまでは まあだだよ 

141112_20.jpg◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇

秋の全国火災予防運動期間が、11月の「火廻要慎、酉の市」の日に近いことを思うと、平成の世も江戸時代も火災に対する用心はこの時期だったのでしょう。 
残念ながら沖縄の首里城が火災で焼け落ちました。その後すぐ岐阜県の白川郷でも火災がありました。乾燥していると火災が鎮火しません。
乾燥して風邪をひきやすい時節柄、
お体ご自愛専一の程
筆者敬白
■11月11日「世界平和記念日」です。■ 141101_28.jpg
大正7年(1918)11月11日パリ郊外コンピエーニュの森に停車中の食堂車2419Dの車内で、マティアス・エルツベルガーを代表とするドイツ軍代表団が連合軍との休戦協定に調印しました。
開戦から4年余り、毒ガス兵器などの大量破壊兵器が初めて使用された第1次世界大戦がドイツ側の敗北により終結した日です。 

141101_29.jpg
▼第一次世界大戦の勃発
大正3年(1914) 6月28日 、ボスニアで、オーストリア=ハンガリー帝国皇太子のフランツ・フェルディナントが暗殺されました。
このサラエボ事件発生により7月28日、オーストリア=ハンガリーがセルビアに宣戦布告をしたのに始まりです。
戦火は一挙に欧州全土へ拡大していきました。 

▼日英同盟の友誼 
日本は、イギリスが参戦に尻ごみしたにもかかわらず、8月23日ドイツに宣戦を布告、第一次大戦のほぼ開戦と同時に参戦したのです。 
 
日本の参戦理由は日英同盟の友誼(ゆうぎ:友達のよしみ)を理由にしたもので、宣戦の詔勅にも明示されていましたが、日英同盟では日本の参戦を義務づけるものではありませんでした。

◆独逸国ニ対スル宣戦ノ詔書(大正3年8月23日)
 
   http://www.geocities.jp/nakanolib/shou/st03.htm

141101_30.jpg▼ヴェルサイユ条約調印

大正8年(1919)6月28日にフランスのヴェルサイユで調印された、「ヴェルサイユ条約」により、第一次世界大戦は正式に終了しました。
ヴェルサイユ条約は、その制定に際してアジア・アフリカの解放という大義名分が掲げられていたが、事実上はには、戦勝国の賠償規定です。
第一次世界大戦が過去に類を見ないほど悲惨な損害を生み出した戦争であったため、戦勝国の敗戦国への特にドイツに対する報復的な過酷な賠償条件を含んだ内容となっていました。
これが結果的に過酷な賠償条件が、ドイツ国内でナチスの台頭の原因となり、昭和14(1939)年から始まる第二次世界大戦の遠因ともなってしまったことは、とても不幸な歴史だったと言えます。

▼世界平和記念日

主戦場となったヨーロッパの各国では、第一次世界大戦を終えた「ヴェルサイユ条約」調印前の休戦協定調印日の11月11日「戦うことは もうやめよう」と決め、終戦の祝日として「世界平和記念日」として制定しました。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

日本では大正年間の歴史です。現在審議されている「集団的自衛権」についての議論ととてもよく似ています。第一次世界大戦があっという間にヨーロッパ中に広がった経緯とアジア圏での中国の台頭がよく似ているように思います。歴史から学ぶことはとても多いですね。
季節の変わり目です。皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白
111104_12.jpg

■11月9日「太陽暦採用記念日」です。■
太陽暦」とは、地球が太陽の周囲を一回りする時間を1年と定めた暦で、「陽暦」あるいは「新暦」ともいいます。太陽の黄道上の運行、季節の交代する周期をもとに作られた暦法で、一太陽年(一回帰年)の長さに基づき暦年を設定し、月の運行(満ち欠け)による周期は考慮しません。

明治5年(1872)11月9日、それまでの太陰暦(旧暦※月の運行を基準とする)を廃止して太陽暦(新暦)を採用するという詔書を布告し、西暦を基準にすることになりました。

そのため、明治5年12月2日でその年が終わりになり、本来なら12月3日になる翌日が突然、明治6年1月1日になったのです。

141101_26.jpg

準備期間がほとんどなかったので国内は混乱しましたが、福沢諭吉などの学者合理的な太陽暦を支持し、普及させるための書物を著したりしました。

因みに、改暦せずに翌年を迎えた場合、旧暦でいう閏月のある年でした。閏月があると1年は13ヶ月になります。当時、財政難だった明治政府は、公務員の年13回の給料支払いを回避したかったのが本音かもしれません。

太陽暦に改暦の結果、公務員2か月分の給料を節約できた計算になります。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
いつの時代も政府は、目先の都合ばかりに目を奪われがちです。平成の世の中のTPPや年金給付の年限延長、赤字国債に復興債ばど明治の改暦も、見方によっては場渡り的な感じをぬぐえません。
太陰暦から太陽暦に替わっても、春夏秋冬の訪れに変化はありません。いつの世になっても、四季を楽しみ日々の生活にメリハリを持たせましょう。
季節の変わり目です。お体ご自愛専一の程
筆者敬白

■11月9日「119番の日」です。■
111104_11.jpg119番の日」とは、消防に対する正しい理解と認識を深め、防火防災意識の高揚、地域ぐるみの防災体制の確立を目的として、昭和62年(1987)自治体消防発足40周年を機に、消防庁によって、11月9日は119番の日として制定されました。

119番」は、日本国内において消防機関に提供される「緊急通報用電話番号」で、「火災報知専用電話」とも呼ばれます。

火事の時の緊急呼び出しを電話局が始めたのは大正6年(1917)のこと。その当時は、交換業務をやっている人に「火事!」と言えば消防署につないでくれる仕組みでした。

消防署につなぐ番号が決まったのは昭和元年(1926)。番号は「112番」でしたが、掛け間違う人が多く、翌年に「119番」に変更になりました。この時は消防業務を警察機関が行なっていました。

119番は当初火事だけの対応でしたが、昭和9年(1934)に横浜市と名古屋市消防署が救急業務を始め、次第に全国に普及し、昭和38年(1963)救急業務が法令で消防署の業務として定められました。

消火活動や救急救助活動は1分1秒を争う時間との勝負です。消防では「119番通報」によって、最も近い消防署から消防車や救急車など、最も適切な車両を直ちに出動させています。正しい119番通報が、迅速かつ的確な消防活動に繋がります。いざというときに備え、電話機のそばに自宅の場所の説明の仕方や電話番号などの必要事項を書いたメモを貼っておくなど、普段から落ち着いて正確な通報ができるよう心がけておきたいものです。
 
14110125.jpg「119番の正しいかけ方」
■消防署:119番、消防署です。 火事ですか?救急ですか?
■通報者:火事です。
■消防署:あなたのお名前と住所を言ってください。
■通報者:名前は、消防太郎です。 住所は○○町1丁目2番3号です。
■消防署:近くに、何か目標がありますか?
■通報者:公立図書館の隣です。
■消防署:いまお使いの電話番号を言ってください。
■通報者:123の4567です。
■消防署:わかりました。何が燃えていますか?
■通報者:図書館の隣の私の家が燃えています。
■消防署:わかりました。 直ちにそちらへ向かいます。 あなたは大丈夫ですか? 早く外に出てください。
■通報者:はい、わかりました。
           (消防庁資料より)

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
11月9日が「119番の日」、前日11月8日が「伏見稲荷火焚祭、ふいご祭」です。火に感謝する「ふいご祭」と、119番火災予防!、五行説では金気と火気、火剋金。火を使い金属を剋する(克する:コントロールする)とあります。

ともあれ皆さん、いつまでもあると思うな「親」と「金」、ないと思うな「運」と「災難」です。
災難にはいろいろありますが、昔「火廻要慎」、今「火の用心」、今も昔もお出掛け前の火の始末!
筆者敬白

■11月8日「世界都市計画の日」です。■ 141101_23.jpg
アルゼンチンの都市計画家・都市計画学者・カルロス・パオレーラが、世界都市計画機構設立の理想を掲げて昭和24年(1949)に提唱しました。
日本では都市計画協会が、昭和40年(1965)から11月8日に公演や集会を開いています。 

都市計画(としけいかく: urban planning, city planning)
とは、「都市の健全な発展と秩序ある整備を図る」、
「劣悪な居住環境からくる国民の健康問題を守る」、
「都市景観を良くし、守る」
などの必要から、土地利用のあり方、都市施設(道路・公園等)の整備、市街地開発について計画を策定し、その実現を図ることです。
 日本では古来から
、条坊制や都城制の都市に関する歴史があり、行政計画都市「国府」を始め、『平城京』、『平安京』、『長岡京』、『藤原京』、『恭仁京』などの計画都市が古くから存在しました。 

141101_24.jpg
▼平城京の都市計画 
平城京は南北に長い長方形で、中央の朱雀大路を軸として右京と左京に分かれ、更に左京の傾斜地に外京(げきょう)が設けられています。
東西軸には一条から九条大路南北軸には朱雀大路と左京一坊から四坊、右京一坊から四坊の大通りが設置された条坊制の都市計画です。 
各大通りの間隔は約532メートル、大通りで囲まれた部分(坊)は、堀と築地(ついじ)によって区画され、更にその中を、東西・南北に3つの道で区切って町としました。
平京域は東西約4.3キロメートル(外京を含めて6.3キロメートル)、南北約4.7キロメートルに及ぶ大きさを誇っています。 

▼ルネサンスの理想都市 
オスマンによって計画されたパリのシャンゼリゼ通りに代表されるように、前近代におけるヨーロッパの都市は城壁都市でした。ルネサンス期のイタリアでは、城壁を円形・正方形・星形など明快な幾何学的形態とし、放射状あるいはグリッド状に街路を築き、広場や記念的な建造物を配する都市が理想と考えられるようになりました。
これにはウィトルウィウスの建築書に見られる正八角形の都市案が影響を与えています。
軍事上の機能とともに幾何学的な美しさを目指して実際に建設された例です。
また、古代ローマの広場(フォルム)に倣い、広場を回廊で囲む手法がしばしば用いられ、ヴェネツィアのサンマルコ広場などが代表例です。

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇

現代の都市計画は、交通手段や、災害対策、天災の際の避難所など公共施設が必要です。
ヨーロッパのような守るための「城壁」といった考え方が、日本では水路を利用した「掘」として外堀、内堀といった発展したのはヨーロッパとは正反対でした。
ゴミの問題や通学路の確保など日本の都市計画は問題が多いようです。
季節の変わり目です。お体ご自愛専一の程

■11月5日「世界津波の日」です■
171105_10.jpg平成23年(2011)の東日本大震災では、東北地方の太平洋沿岸を襲った津波によって多くの人命が失われました。
津波から生命を守ることを目的に「津波対策の推進に関する法律」の中で毎年11月5日が「津波防災の日」とされました。その後、第3回国連防災世界会議で、11月5日が日本では「津波防災の日」なので、世界の津波防災意識の向上のために「世界津波の日」を提案しました。

◇津波防災の日◇
安政元年(1854)11月5日に起こった安政南海地震に由来するものです。この大地震により紀伊半島に大津波が襲来した際、現在の和歌山県広川町で、村人が自ら収穫した稲わらに火を付け人々を高台に誘導したという「稲むら村の火」という逸話に基づき定められました。
「世界津波の日」についても、過去に大きな被害が発生した日ではなく、早期警報と伝統的知識の活用によって人々の命が救われた成功例にちなんだ日であってほしいとの願いに基づいて、日本が中心となって、各国間への支持要請が重ねられました。

◇稲むら村の火◇
171105_11.jpg村の高台に住む庄屋の梧陵(ごりょう)は、地震の揺れを感じたあと、海水が沖合へ退いていくのを見て津波の来襲に気付きました。その時祭りの準備に心奪われている村人たちに危険を知らせるため、梧陵は自分の田にある刈り取ったばかりの稲の束(稲むら)に松明で火をつけたのです。すると火事だと見て、消火のために高台に集まった村人たちの眼下で、襲ってきた津波は猛威を振るいました。梧陵の機転と犠牲的精神によって村人たちはみな津波から守られました。

◇国語教材としての稲むらの火◇
「稲むらの火」は、昭和12年(1937)刊行の尋常小学校5年生用の国語教科書「小学国語読本巻十」に掲載されました。第5期国定教科書の「初等科国語六」にも掲載され、昭和22年(1947)まで用いられました。

◇◇◇編集後記◇◇◇
11月5日の由来は、東日本大震災発生を「津波の日」には制定せず、江戸時代の逸話に基づきます。小泉八雲の著作の英訳によって「稲むら村の火」物語は日本国外でも知らるようになりました。
季節の変わり目です。皆様お体ご自愛専一の程

■11月4日「消費者センター開設記念日」です■
11月4日は消費者センターを開設した記念日です。一般に消費者センターとは「独立行政法人国民生活センター」のことです。
消費者センターなどでは、商品やサービスなど消費生活全般にかかわる苦情や問い合わせなど、消費者からの相談を専門の相談員が受け付けて、公正な立場で相談にあたっています。消費者ホットライン(局番なしの188番)「誰もがアクセスしやすい相談窓口」として開設されたものです。
181031_20.jpg

◇国民生活センターの理念(独立行政法人国民生活センターHP)
国民生活センターは、国民生活の安定及び向上に寄与するため、総合的見地から国民生活に関する情報の提供及び調査研究を行うとともに、重要消費者紛争について法による解決のための手続に関する業務を実施しており、その使命を果たすために高度な社会的責任を負っています。このため、国民生活センターにおけるコンプライアンスについては、社会的信頼を決して損ねることのないよう健全な組織運営の確保に向けて不断の努力を重ねていく必要があります。
こうしたことから、国民生活センターは、コンプライアンスの実践を事務・業務運営上の最重要事項の一つとして位置づけて取り組むこととしております。
私たち役職員は、コンプライアンスを実践するために、法令及び国民生活センターの内部規程にとどまらず、倫理や社会規範などセンターが社会的信頼を得るために必要なルールすべてを遵守して行動することで社会的使命と責任を果たします。

とありました。

◆◆◆編集後記◆◆◆
消費者センターの役割は日に日に重要度を増しています。インターネットが普及している現代では、誤解を招きやすい表現や「はれのひ」のように突然の契約不履行が起こっています。
消費者センターは存在感が増しているといえます。
11月に入り季節が秋から冬の気配になってました。皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

■11月1日「灯台記念日」です。■
121028_21.jpg「灯台記念日」は、日本最初の西洋式灯台「観音崎灯台」の起工日、新暦11月1日に因み、昭和24年(1949)海上保安庁により制定されました。

「観音崎灯台」は、神奈川県横須賀市三浦半島東端の観音崎に立つ灯台で、白色八角形の中型灯台。東京湾、浦賀水道を照らし、海上交通の安全に寄与しています。

この日、各地の灯台は無料で参観でき、普段公開されていない灯台の内部も特別に公開されます。各地の海上保安部による記念行事が行われます。平成24年は尖閣諸島警備問題でイベントが縮小や中止させることがあります。事前にご確認下さい。


************============************
■11月1日「教育文化週間」です。■
131026_20.jpg「教育文化週間」は、我が国の教育・文化に関して広く国民の理解と関心を深めてもらおうという趣旨で、昭和34年に閣議了解され、文化の日を中心に教育・文化に関する各種行事が全国的に開催されます。

期間中、文化功労者顕彰式や文化庁芸術祭などが開催されるほか、美術館や博物館をはじめとする各地の文化施設では、特別展や施設の無料公開等が催されます。また様々な体験活動や公開講座等の行事が繰り広げられます。


************============************
■11月1日「新米穀年度」です。■
121028_23.jpg「米穀年度:べいこくねんど」とは、日本で米などの穀類の取引に関わる年度のことで、11月1日~翌年10月末日までの1年の期間の収穫を基準に区分しています。

日本の主食である「米」は、日本の行政機関の1つである農林水産省が、食糧管理法に基づいてその生産や流通までを管理してきました。

因みに、市場に流通している自主流通米は「◯○年度産」という表示が行われていても、米の収穫時期には幅があり、米穀年度が実際に収穫された暦日とは一致していないなどの齟齬も生じる恐れがあります。新米・古米という通俗的な区分は、その基準が曖昧なので注意したいところです。


************============************
■11月1日「計量記念日」です。
141027_27.jpg「計量法」とは、日本の法律の一つ。平成15年6月に計量法が改正され、翌年のこの日、改正計量法が施行されたのを記念して制定されました。

計量法では、長さ・質量・角度・面積・体積・速さ・加速度・圧力・熱量などの計量の基準を定め、適正な計量の実施を確保し、経済の発展及び文化の向上に寄与することを目的としています。

10月31日「ハロウィーン」です。■
11月1日はキリスト教のすべての聖人の祝日「万聖節」=「オール・ハロゥズ」(All 
Hallowe'en)です。この前夜祭として行われる祭りが「ハロウィーン」(Halloween) です。
181020_32.jpgケルト人(中央アジアからヨーロッパに渡来)の1年の終りは10月31日。この夜は、死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられ、これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いて過ごします。
 
601年に法王1世が時の宣教師に、ケルト人へキリスト教改宗の策として「ケルト人の信仰から来る法である木の伐採は行わずに、木の真上にはキリストの神様がいてそのために木を信仰し続けなさい。このように広めなさい」と言ったのがハロウィーンになったきっかけです。
 
111028_1.jpg墓参し、蝋燭をつけるという地方もあり、墓地全体が大きなランタンのように明々と輝くさまは、日本の盆迎え火や送り火にも似ています。
 
アメリカでは、クリスマスに次ぐ大イベントで、かぼちゃをくり抜いたランタンを作り、魔女やお化けに変装した子供達が「ご馳走しないと悪戯するぞ」などと言いながら家々を回ってお菓子をもらいます。
 
ハロウィーンのシンボル「かぼちゃのお化け=ジャック・オー・ランタン」は、アイルランドに住む酒飲みのジャックという名の男の話に由来。ジャックは悪魔を騙して酒代を作ったり、木の上から降りれないようにして悪魔に悪戯していました。
 
121028_20.jpgジャックは死んだ後も天国でもイタズラしたり酒を飲んでいて天国を追放されてしまいます。地獄に行くと今度は悪魔がいて、地獄にも入れてもらえません。天国でも地獄でもない暗闇を彷徨う事になってしまったジャックは、悪魔にもらった火の塊りを、カブの中に入れて提灯を作り、それを明かりにして今も彷徨っているのだそうです。アメリカでは、かぼちゃがたくさん採れたので、かぼちゃ提灯になりました。かぼちゃの顔はドクロがモデルです。
 
お化けに変装するのは、家の周りにいる悪霊をビックリさせるためです。いわゆる魔除けですが、いつの間にか子供達が仮装して近所の人を脅してお菓子をねだります。決まり文句は「Trick or treat!」(何かくれないと悪戯するぞ!)
 
■10月31日「世界勤倹デー」です。■
181020_29.jpg大正131924)10月31日、イタリアのミラノで開催されていた国際貯蓄会議の最終日に、この日を「世界勤倹デー」とすることが採択されました。
日本では、昭和27年(1952)に加わって、10月30日を「世界倹約デー」としました。
  
 戦後の高度経済成長の中で、まるで消費をすることが美徳のような感じにさえなった現代に、「勤倹:きんけん」などと言う言葉は忘れかけていた懐かしい言葉のような気さえします。
「勤倹」とは、勤勉で倹約につとめるさまをいい、「勤倹貯蓄」などといった使い方をします。
「倹約:けんやく」はかつての大量生産・大量消費、更には昭和末期から平成初期のバブルの時代には、ほとんど死語になっていました。

しかしバブル崩壊後の失われた20年と呼ばれた長期不況のなかでは、地球規模の環境の問題が叫ばれ、再び「節約」や「倹約」が一つの流行になったように思えます。
特に平成23年(2011)の東日本大震災からは、全国的に夏の「節電」「省エネ」が当たり前になっています。
蛍光灯から消費電力の少ないLED照明や、ハイブリッド車の普及など省エネが一般化して現在に至っています。
181020_30.jpg
「勤倹」や「倹約」という言葉からはさまざまなイメージされますが、「貯金」もそのひとつです。私たち日本人は、「勤倹」の名のもと世界でも貯金の好きな国民であることは良く知られています。
その目的はいったい何でしょうか。 一つには大きな買物、旅行、結婚、といったような、使い道と金額がはっきりしたものがあります。子供の教育・結婚資金、自分自身の老後のための資金などもその一つといえましょう。

 
181020_31.jpg
もう一つは「万一の時のため」というもので、病気、事故、災害といった予期せぬ出来事に備えるためです。これは必要になる金額も時期もハッキリしません。起ってみないと解らないものです。
そのほかにも「貯金が目的で増えてゆくことが楽しみ」という方々もいますが、これは1つの趣味の範囲ともとれます。

◇◇◇編集後記◇◇◇

大正時代に制定された「世界勤倹デー」です。
今日では、勤倹デーは推進する団体もなく存在も一般的ではありません。あえて言えば「ゆうちょ銀行」の前身の郵政省でしょう。日本は無資源国です。しかも耕地も狭く国土の8割が山間部で、豊かになるには圧倒的に不利な国土です。
この国が繁栄するには勤倹、倹約、節約、省エネといった事が一人一人に根差してなければ、今の繁栄は続かない事でしょう。 今日を機会に倹約について近隣の方々話し合ってみましょう。
筆者敬白

■10月28日「速記記念日」です。■
181020_25.jpg「速記法」とは、話す言葉をそのまま記号化して書き取ってゆく手法のこと。会議や討論会などの記録を取る手段として考案された方法です。ヨーロッパでの歴史が古く、古代ギリシャ時代には既に使われていました。


日本で最初に速記文字を開発したのは、田鎖綱紀(たくさりこうき:1854~1938)「田鎖式」と呼ばれます。明治15年(1882)10月28日に日本橋の「小林茶亭」で速記法の講習会を開いたのを記念し「速記記念日」として定められました。


他に、早稲田式、中根式など速記の文字は現在80種類ほどあるといわれますが、速記法の検定では速記記録したものを一定時間内に反訳する正確度を問うもので、速記の方式は何でも構わない事になっています。


181020_26.jpg衆参両議院で使用されている速記は、それぞれ衆議院と参議院の速記者養成所で訓練を受けた後に試験に合格した人が行っています。第一回帝国議会から速記録が残されています。速記者は通常2名置き、発言のみでなく、ヤジや発言者の態度・様子なども同時に書き留めているそうです。


速記者は速記文字から通常文字への反訳の際、固有名詞や専門用語の調査、簡単な文法ミスの修正、不要な単語のカット、言い間違いの修正なども行います。この作業を「整文」といい、技術者の腕の見せ所です。


近年は技術者不足から次第に録音で記録し、後でテープ起こしを依頼するという方式に移行していく傾向が見られます。

■10月27日~11月9日「読書週間」です。■
191023_20.jpg読書週間(どくしょしゅうかん)とは、10月27日から11月9日までの2週間にわたり、読書を推進する行事が行われる期間のことです。

▼大正13年(1924)に日本図書館協会が11月17~23日までの「図書週間」を制定していました。
▼昭和8年(1933)には「図書館週間」と改称ました。この頃、出版界では「図書祭」が開催されていました。
▼昭和14年(1939)には大東亜戦争の影響で、「図書館週間」「図書祭」とも中止された経緯があります。
▼昭和22年(1947)終戦後、日本出版協会、日本図書館協会、取次ぎ・書店の流通組織、その他報道・文化関連団体30あまりが参加して「読書週間実行委員会」が結成され、11月17日から11月23日までの第1回「読書週間」が行われました。 
▼期間が一週間では惜しいという風潮の中で、2回目からは10月27日~11月9日までの文化の日を挟んだ2週間となり、「読書週間」は2週間で今日まで続いています。 
▼昭和34年(1959)11月に、読書週間実行委員会の任務を引き継いで「読書推進運動協議会」(読進協)が発足しました。

公益社団法人 読書推進運動協議会

昭和20年(1945)の終戦直後、戦後の食糧不足の中、食べるのもやっとという日々にもかかわらず、出版活動は活発に動き出していました。
民間でも読書欲は極めて高く、その機運を感じとった出版社・図書館・取次・書店・報道・文化関連各団体約30が「新生日本を文化国家に」との合い言葉のもと、1947年(昭和22年)に読書週間実行委員会を結成し、実施したのが現在の「読書週間」の始まりです。
終戦直後当時の反響は大きく「読書週間」は今日まで継続されています。
141027_21.jpg今までは、「読書週間」のたびに実行委員会を作っていたのでは、その期間だけの運動に終わってしまいます。そこで年間を通して読書運動を推進していく組織の必要性から、「読書週間実行委員会」を発展させ、日本書籍出版協会・日本雑誌協会・教科書協会・日本出版取次協会・日本書店商業組合連合会・日本図書館協会・全国学校図書館協議会の7団体の総意によって、読書推進運動協議会(読進協)昭和34年(1959)11月に設立されました。

その後、読書推進運動協議会は、昭和44年(1969)10月に社団法人に改組、平成25年(2013)4月に公益社団法人に移行しました。 公益社団法人 読書推進運動協議会では、国民的行事として定着した春の「こどもの読書週間」秋の「読書週間」を主催するだけでなく、「敬老の日読書のすすめ」「若い人に贈る読書のすすめ」など、年間を通じて読書運動を展開。読書普及について一般の関心と理解を深めるための活動を続けてきました。

 関連他団体と協力して、「子どもの読書推進会議」の活動を進めて子どもの読書啓蒙活動を展開。全国各都道府県の県立図書館を中心に、県内の読書運動の協力組織として各都道府県読進協の設置を推進、現在41の各都道府県の読進協と手を携えて事業を推進しています。

191023_21.jpg
布川角左衛門◆ 明治34年(1901)~平成8年(1996) 
昭和3年(1928)岩波書店に入社。1958年栗田出版販売(当時=栗田書店)取締役に就任。後に社長を務め、出版界で広く活躍された。

終戦直後の昭和22年(1947)に読書週間実行委員の一人として「読書週間」の発足に力を傾け、以来、読進協の発足時に常務理事・読書週間委員長、昭和44年(1969)に社団法人化して以来は理事として、読進協の活動の精神的支柱の役割を果たす。

 個人で収集した膨大な図書・資料の多く(約2万5千点)は国立国会図書館に寄贈され、現在「布川文庫」として公開されている。

◇◇◇編集後記◇◇◇

明治時代から読書の大切さを訴えてきた方々がいて、文化国家への努力の兆しがあったと思うと、現在の社会の形が明治時代から息づいていたのだとの感慨深い感傷を覚えます。あまり有名ではない団体の影の努力、すなわちたゆまぬ努力を知るいい機会かもしれません。
東京都江東区の亀戸天神社には「文房至宝」と刻まれた石碑があります。鈴木俊一元東京都知事の書で、文具資料館が解説を記してあります。読書週間によせて学問の大切さ(至宝)認識してもらいたいものです。
筆者敬白
   

■10月26日「原子力の日」です。■
181020_22.jpg原子力」とは、原子核変換により得られるエネルギー(核エネルギー)のことです。または、そのエネルギーを得る方法のことをいいます。

原子核反応により発生するエネルギーは、石油石炭など化石燃料によるエネルギーに比べて桁違いに大きいものです。

昭和38年(1963)10月26日、茨城県東海村「日本原子力研究所」の動力試験炉が、原子力による発電に成功しました。また、昭和31年のこの日、国連の専門機関の一つである「国際原子力機関」に加盟したという日でもあり、これらを記念して「原子力の日」が設けられました。

原子力の利用目的には、「平和利用」および「軍事利用」があります。原子力の利用目的を平和利用に限るための国際機関としてIAEAがあります。

日本における原子力の研究開発及び利用は、「平和の目的に限定」し、民主的な運営のもとに自主的に行うもので、その成果を公開して国際協力に資するという原子力三原則があります。

原子力の平和利用とは核分裂や核融合で生じる「熱エネルギーの利用」のことを指します。平成6年6月現在で世界の30カ国または地域で原子力発電が行われ、日本では54基の原子力発電所が稼働し、日本の発電量の31.2%を原子力発電が占めるまでになっています。

原子力の平和利用のもう一つは「放射線」の利用。医療用のX線撮影は診断には欠かせない手段の一つとなっています。

◇日本初の原発事故◇
181020_23.jpg平成23年(2011)3月11日の東日本大震災で、四基の原子力発電所は、水素爆発からメルトダウンという痛ましい事故被害に遭いました。周辺30kmの方々は避難を余儀なくされています。平成24年当初は日本全国の原子力発電所が点検の為に停止しました。

なんと日本中にある54基全ての原発が停止したのです。翌平成24年(2012)福井の大飯原発が、関西圏の夏場の電力事情を理由に稼動を開始。その時点で原発事故調査が終わってなかった事から、大きな社会問題になりました。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
福島原発の事故以来、自然エネルギーのあり方が問われています。九州電力の川内原発が稼働しました。東日本大震災以来初の稼働です。
近年注目されている自然エネルギーは、これからの技術で、すぐに取って代われるものではありません。
社会が原子力に過敏になりすぎている感もありますが、技術革新のには一定の理解と時間が必要です。
筆者敬白

■10月24日「国連の日」です。■
121015_30.jpg国際連合」は第二次世界大戦を契機として生まれた国際平和機構です。国連の日とは、国際連合憲章が発効した昭和20年(1945)10月24日を記念する日のことです。

日本は昭和31年(1956)12月18日、チュニジアに次ぐ第80番目の加盟国として国連の加盟しました。
発足当時、国連に加盟した国は
51か国でした。その後、加盟国は増えていき、最近では、平成23年(2011年)に南スーダンが加盟し、現在193か国が加盟しています。

国連の活動目的は、
①全世界の平和を守ること。②各国の間に友好関係をつくり上げること。③貧しい人々の生活条件を向上させ、飢えと病気と読み書きの出来ない状態を克服し、お互いの権利と自由の尊重を働きかけるように、共同で努力すること。④各国のこれらの目的を達成するのを助けるための話し合いの場となること。
とあります。

国連本部は、アメリカのニューヨークにあります。
ここは各国の話し合いの場としてだけでなく、人気の観光名所にもなっており、毎年、100万人を越える人々が国連本部を訪れています。

訪れた人の多くは、国連が行っているガイド・ツアーに参加してます。これに参加すると、各国の代表が地球的な関心事項について話し合う会議の様子や、加盟国から寄贈された美術品、壁画、彫刻なども見ることができます。



■10月23日「電信電話記念日」です。■ 181017_13.jpg
電信電話記念日(でんしんでんわきねんび)は、明治2年(1869)10月23日に、東京~横浜間の電信線架設工事を着手したことにちなむ毎年10月23日の記念日です。

 昭和25年(1950)5月に当時の電気通信省が、電信電話記念日を制定しました。
元々電気通信省の前身の逓信省(ていしんしょう)においては逓信記念日が制定されていました。その逓信記念日は4月20日で、郵便事業の創業にちなんで選定されたものでした。
記念日事業は電信電話を含む逓信事業全体を包括する内容です。ところが、昭和24年(1949)6月に逓信省が郵政省・電気通信省の2省に分離した際、いままでの逓信記念日である4月20日は郵政記念日として郵政省に受け継がれたので、電気通信省独自の記念日が望まれるようになり、10月23日の電信電話記念日が制定されることになりました。 

当初は電気通信省の省名にあわせて電気通信記念日と称しており、昭和27年(1952)8月から日本電信電話公社(電電公社)に、現業分離後もそのままの名称でしたが、一般的な「電信電話」の呼称を取り入れ昭和31年(1956)からは、日付は10月23日のままで「電信電話記念日」と改めました。 
181017_14.jpg
 電信電話記念日(でんしんでんわきねんび)は、明治2年(1869)10月23日東京~横浜間の電信線架設工事に着手したことにちなむ日を云われとして、今日まで続いています。 

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇ 
平成の時代には逓信省も、郵政省も、電気通信省も総務省の管轄下にあります。現在の総務省は、本来の「逓信省」の方が正しい名称かもしれません。
10月後半二十四節気「霜降」の頃です。季節の変わり目です。皆様、お体ご自愛専一の程 
筆者敬白

■10月18日「統計の日」です。■
181014_10.jpg「統計の日:とうけいのひ」は、昭和48年7月3日の政府の閣議了解によって10月18日に制定されました。謂れは日本最初の近代的生産統計である「府県物産表」に関する太政官布告が公布された明治3年9月24日を、現在の太陽暦グレゴリオ暦1870年10月18日)に換算して、10月18日を「統計の日」にしたのです。

世界各国では独自の日に記念されている統計の記念日があります。一例としてインドでは、同国の統計学者プラサンタ・チャンドラ・マハラノビスの誕生日である6月29日を統計の日としています。国連統計局 (UNSD) は、103ヶ国の「統計の日」をリストアップしています。

181014_11.jpg「統計の日」は、国民の皆さまに、統計の重要性に対する関心と理解を深めて、各種の統計調査に対してより一層の協力をいただくことを目的として閣議了解によって定められました。総務省を始めとする各府省や地方公共団体では、この「統計の日」に合わせて、「統計の日」ポスターの作成・掲示などを通じた広報活動を行うほか、講演会・展示会の開催、統計功労者の表彰等の諸行事を実施しています。

統計に対する国民の関心と理解を深め、統計調査に対する国民のより一層の協力を推進するため「統計の日」を中心として、「全国統計大会」「統計データ・グラフフェア」を開催するとともに、「地方統計大会」「統計グラフ全国コンクール」等の行事を後援するほか、 広く国民一般に対して統計知識の普及、広報を行っています。


181014_22.jpg◆◆◆編集後記◆◆◆
総務省が統計の重要さをわかりやすく表しています。
≪統計がない国は大騒ぎ≫
ようこそ。なるほど統計学園の演劇会へ。今日は演劇を通じて、みなさんに統計がどんなふうに役に立っているのか考えてもらいたいと思います。それは裏返してみると、統計がなかったらどんな困ったことになるのかを考えるのと同じことです。

登場人物はすべてこの学園の先生と生徒が演じています。お話はたくさんありますが、ひとつひとつは別々の劇ですから、おもしろそうなところだけ見てもらってもかまいませんよ。さあ、それでは始めましょう。

生徒
むかしむかし、そう昔でもないあるところに、ノンスタット王国とボンスタット王国という二つの国がありました。二つの国は、100年ほど前に一つの国から分かれました。ですから、名前が一文字しか違いませんし、人口もほとんど同じです。産業、文化、政治の仕組みなどもとてもよく似ています。
ところが、たった一つだけ決定的に違うことがあります。ノンスタット王国では、代々の王様が算数嫌いで、もう100年もの間、統計を作ったり、使ったりすることを禁止しているのです。数字を見ると寒気がするという国王は、二言目には「この国では統計は禁止じゃ」と言って、家来や国民をしかり飛ばしています。
ボンスタット王国では反対です。数字が大好きな女王は、家来にも国民にも統計を広め、できるだけデータを使ってものごとを決めるように先頭に立って励ましています。女王の口ぐせは「これからも、その頭と統計をよく使ってちょうだい」なのです。
・・・はてさて、二つの王国で今日はどんなことが起こっているのでしょうか。

続きは:http://www.stat.go.jp/naruhodo/c3story.html

■10月17日「貯蓄の日」です。■
121013_30.jpg10月15~25日、伊勢神宮では神嘗祭を行ます。「神嘗祭:かんなめさい)とは、天照大神に新穀を供え収穫を感謝する式典で、昔は神嘗祭が来るまではその年の新米は誰も口にしないという風習がありました。
 
農耕民族にとってはとても重要な区切りの日であるということから、昭和27年(1952)「日本銀行貯蓄増強中央委員会」(現在の金融広報中央委員会)が、神嘗祭で内宮の奉幣が行われる17日を「貯蓄の日」と定めました。
 
現在、多くの国民は労働の対価として金銭を貰うようになっていますので給料がいわば収穫。収穫したお金は大切に使おうという趣旨から国民に貯蓄を奨励する運動を行っています。

■10月17日「伊勢神宮 神嘗祭」です。■
111012_21.jpg伊勢神宮:いせじんぐう」とは、伊勢の宇治の五十鈴川に御鎮座の「内宮」と、伊勢の山田の原に御鎮座の「外宮」の他に、別宮、摂社、末社の125社神社の総称です。正式には「神宮:じんぐう」といいます。
 
内宮「皇大神宮」は、皇室の御祖先の神「天照大神」を祀り、外宮「豊受大神宮」は「豊受大御神」を祀ります。豊受大御神は天照大神の召し上がる大御饌(おおみけ)の守護神です。
 
神宮の参拝順路は、外宮からというのが古来よりのならわしとなっています。
 
神嘗祭」は、その年の初穂を神々に捧げるの意。神宮と宮中の祭礼です。皇室の大祭で、その年に獲れた新穀を天照大御神に奉る儀式を行います。かつては旧暦9月11日に、勅使に御酒と神饌を授け、9月17日に奉納していました。
明治5年の改暦以降、新暦9月17日に実施するようになりましたが、この時期だと新穀が間に合わず、明治12年(1879)以降、神嘗祭は月遅れの新暦10月17日に行われるようになりました。
 
この祭典は、年間行事の中で最重要の祭りで「神々の正月は神嘗祭」とも言われ、御装束や祭器具などを新調して儀式を執り行います。


伊勢神宮
◇公式HP:公式HP
http://www.isejingu.or.jp/
内宮◇近鉄「宇治山田駅」バス15分
   ◇伊勢自動車道「伊勢西IC」5分
 
外宮◇JR・近鉄「伊勢市駅」徒歩5分
   ◇県道伊勢市駅前右折1分


◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
蓄の日の由来が収穫に感謝する「新嘗祭」から発祥しているとは意外な感じがして、すぐには
結びつきません。農作業の対価の収穫と、勤労の対価の賃金もことは同じということのようです。
平成25年は伊勢神宮の遷宮年で、内宮、外宮の順に遷宮が行われます。一説によるとこれからの20年は経済上昇の遷宮だそうです。

伊勢神宮では神嘗祭が最も重要な年中行事になっているとのこと。今も昔も収穫は最大の喜びです。
数年来デフレで不況のときに東日本大震災が発生しました。令和の新嘗祭は特別な意味が含まれることでしょう。
ひと雨ごとに寒くなります。季節の変わり目です。皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白
 

■10月14日「鉄道の日」です。■
111011_17.jpg「鉄道の日」とは、鉄道の開通を記念する日本の記念日。明治5年(1872)10月14日、新橋~横浜(現在の根岸線桜木町駅)が開通しました。
 
大正11年(1922)鉄道記念日と制定。昭和24年(1949)日本国有鉄道の記念日になり、一部民営化された後もJRグループの記念日として祝っていましたが、平成6年(1994)運輸省の提案で「鉄道の日」と改称され、JRをはじめ民鉄等の鉄道事業者が鉄道の発展を祝う全国的な記念日となりました。
 
141015_20.jpgこれを記念して、JRや私鉄などで記念乗車券の発売やカードの発行など、鉄道関連のイベントが行われます。東京千代田区の日比谷公園では「鉄道フェスティバル」が行われ、一部の鉄道会社では特別臨時列車を走らせたり、車両基地などの一般公開が行われます。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
近年は「鉄ちゃん」と総称される。鉄道マニアが敷地内に入って通過列車の撮影をしたり、発車寸前の車両がマニアの心無い行動で延発になったりと、一般乗客には迷惑な行動が目に付きます。マニアの暴走には困ったものです。また、一部が全部のように報道するメディアにもまた困ったものです。
最近では「鉄子」「鉄男」「乗り鉄」「ママ鉄」「撮り鉄」など造語も増えてきて、辞書に載る時代です。ストライキをしていた国鉄時代とは、JRになってから大きく変化したと感じています。

筆者敬白

■10月9日「国際文通週間」です。■
141103_20.jpg国際文通週間(International Letter Writing Week)の理念とは、文通によって相互理解を深めることで、世界の平和に貢献しよう。を理念にしています。
国際文通週間は国際的に共通した週間で、万国郵便連合(UPU)結成日とほぼ同じ時期10月9日を含む1週間に設定されている国が一般的です。
日本やタイでは国際文通週間記念切手が発売さます。

昭和32年(1957)にカナダのオタワで開催
された、第14回万国郵便連合大会議『世界の人々が文通によって文化の交流に努め、世界平和に貢献しよう』という趣旨のキャンペーン設置が決議されました。
世界的に見れば「国際文通週間」をテーマに毎年記念切手を発行している国には日本とタイ王国があります。
日本は1958年から毎年記念切手が発行されています。
日本の国際文通週間切手は、当初は手紙をテーマとした切手を単発で発行される予定でしたが、歌川広重の東海道五十三次「京師」が採用されたことから好評を博し、以来毎年発行されている恒例のシリーズ切手となりました。

141103_21.jpg▼日本の国際文通週間切手

このように「世界の人々と文通する」キャンペーンなので、発行される切手の額面は国際郵便料金に対応しています。
また切手には"International Letter Writing Week"の英文が入っているほか、発行した年号が西暦で入れられています。
尚、日本切手には元号法が制定された1979年以降は切手発行年を西暦と元号とが併記されています。
現在も国際文通週間記念切手は西暦のみで表記されているのですが、シートの余白には発行年月日が元号で表記されています。

▼国際文通週間のテーマ

1958年―1962年:東海道五十三次
1963年―1969年:葛飾北斎・冨嶽三十六景
1970年―1972年:明治文明開化期の錦絵
1973年―1981年:鳥を描く大和絵
1982年―1987年:日本人形 
1988年:歌舞伎の役者絵 
1989年―1993年:絵巻物 
1994年―1995年:屏風絵 
1996年―1999年:花鳥画と浮世絵 
2000年―2009年:東海道五十三次
2006年は国際連合加盟50周年記念 オリジナルデザイン切手採用 
2010年~日本画の美女作品

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇

10月に入り「国際文通週間」は、二十四節気の「寒露」の
次の日です。秋の気配が本格化します。 
季節の変わり目で、急に冷え込んで一日中寒い日もあり、体調を崩し易い季節です。
お風邪などお召しにならないようお体ご自愛専一の程

筆者敬白

■10月4日里親デーです。■
160930_20.jpg里親デーは児童福祉法の里親制度の普及を図ることを目的に、当時の厚生省が昭和25年(1950)から実施している記念日です。

10月4日としたのは、里親制度の運営について通達が施行されたのがこの日だったためで、特別な謂われは存在していません。

160930_21.jpg

厚生労働省のHPにある「里親制度の概要」よると、里親制度は、家庭での養育が困難又は受けられなくなった子ども等に、温かい愛情と正しい理解を持った家庭環境の下での養育を提供する制度です。
家庭での生活を通じて、子どもが成長する上で極めて重要な特定の大人との愛着関係の中で養育を行うことにより、子どもの健全な育成を図る有意義な制度、とあります。

近年は核家族化が進んで、家庭環境が変化しました。昭和25年当時とは明らかに環境が違います。

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
ちなみに今日は「イワシの日」でもあります。

記録によると多獲性魚有効利用検討会(現在の大阪おさかな健康食品協議会)が、昭和60年(1985)に制定されたとあります。「い(1)ワ(0)氏(4)」の語呂合せから。

いろいろな記念日があるものです。謂れを調べても語呂合わせや通達日では何も出てきませんね。
筆者敬白

■10月1日「共同募金」です。■

111003_3.jpg

共同募金:きょうどうぼきん」は、昭和22年(1947)4月、少年の町(Girls and Boys Town)のカトリック聖職者エドワード・ジョゼフ・フラナガン神父のすすめで、長崎・佐賀・福岡で実施されたのが始まりです。
 
敗戦によって激増した生活困窮者及び民間の福祉施設の資金的困窮を救おう、という趣旨で始められたものです。
 
120929_22.jpg昭和26年(1951)社会福祉事業法が制定され、共同募金が法制化されました。現在は「社会福祉法」により進められています。募金者に「赤い羽根」を渡すのは、アメリカの共同募金にならったもの。
 
共同募金は、事前に地域内の社会福祉施設や社会福祉団体、ボランティア団体等から活動の為の資金ニーズを取り纏め、使い道の計画を立ててから募金を行う計画募金です。
 
一定額以上寄附した個人や団体に対し、共同募金会から感謝状や感謝楯が贈呈されます。また、厚生労働大臣から感謝状が贈られます。
 
赤い羽根共同募金」は、全国一斉に行われます。期間は10月1日~12月31日まで。12月中は歳末助けあい募金もあわせて行われます。


◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

ついさっきまでは暑い日が続き、台風など災害の多い夏のイメージでしたが、赤い羽根の共同募金と聞くと、「ああもう歳末が近いなあ~」と感じ、年末が近づいているイメージです。
筆者敬白

■10月1日は「法の日」です。■
「法の日」は国民の皆様に、法の役割や重要性について考えていただくきっかけとなるように設けられました。

141002_21.jpg法務省では、民法、刑法などの基本法や司法制度等を所管する立場から、国民の皆様に法を尊重することの大切さについて理解を深めていただくために、最高裁判所、最高検察庁、日本弁護士連合会と共に、10月1日からの一週間を「法の日」週間として、全国各地で,新聞やテレビ等による広報、講演会の開催、法務行政相談所や無料法律相談所の開設など、種々活発な啓発活動を実施しています。

法の日週間には、霞ヶ関の法務省、通称「赤レンガ庁舎」での法の日フェスタが法務省・最高検察庁など主催して開催されます。予約制ですお早めにお申し込み下さい。

法務省大臣官房秘書課広報室(東京都千代田区霞が関1-1-1)

TEL 03-3580-4111 (内線2053)

FAX 03-3592-7728

■10月1日「都民の日」です。■
141002_20.jpg10月1日は「都民の日」です。明治31年10月1日「東京市」が誕生し、市役所が開設されました。この「東京市自治記念日」が「都民の日」に改まったものです。

「都民の日」とは「東京都民がこぞつて一日の慰楽をともにすることにより、その自治意識を昂揚し、東京都の発展と都民の福祉増進を図る」ことを目的とし、昭和27年(1952)10月1日から施行されています。

東京都では「都民の日」を記念し、施設の無料公開や記念行事が行われます。浜離宮恩賜庭園、旧芝離宮恩賜庭園、小石川後楽園、六義園、神代植物公園、葛西臨海水族園などの無料公開。また、記念行事では、浄水場の施設見学会などがあります。(下記参照)

この日、都内の公立学校はお休みになります。

◇入場料、観覧料無料◇
•浜離宮恩賜庭園 03-3541-0200
•旧芝離宮恩賜庭園 03-3434-4029
•小石川後楽園 03-3811-3015
•六義園 03-3941-2222
•旧岩崎邸庭園 03-3823-8340
•向島百花園 03-3611-8705
•清澄庭園 03-3641-5892
•旧古河庭園 03-3910-0394
•殿ヶ谷戸庭園 042-324-7991
•神代植物公園 042-483-2300
•多摩動物公園 042-591-1611
•恩賜上野動物園 03-3828-5171
•葛西臨海水族園 03-3869-5152
•井の頭自然文化園 0422-46-1100
•夢の島熱帯植物館 03-3522-0281
•東京港野鳥公園 03-3799-5031
•東京都江戸東京博物館(常設展のみ) 03-3626-9974
•江戸東京たてもの園 042-388-3300
•東京都写真美術館(収蔵展・自主企画展のみ) 03-3280-0099
•東京都現代美術館(常設展のみ) 03-5245-4111


◇施設使用料無料◇
•京浜島勤労者厚生会館(テニス・卓球・バドミントン)(個人)(1時間のみ) 03-3790-2491
•八王子労政会館体育室(個人)(1時間のみ) 042-645-7451
 
◇記念行事◇
消防博物館 消防ヘリコプター搭乗撮影会 1) 10時00分~11時30分 2) 13時30分~15時30分 03-3353-9119
池袋防災館 •小中学生向け防災普及展示

本所防災館 •親子消防官撮影会
•来館記念プレゼント 9時00分~17時00分 03-3621-0119
立川防災館 •目指せ未来の消防官撮影会
•防災クイズ 9時00分~17時00分 042-521-1119
東京都水道歴史館 •江戸上水史跡めぐりと講演会
講演会の後、神田上水の史跡を講師と一緒に巡る。
 10時30分~16時00分※要事前予約 03-5802-9040
奥多摩水と緑のふれあい館 •小河内ダムに関するビデオ上映
•アンケート回答者への記念品の配布 10時30分~16時00分 0428-86-2731
東村山浄水場 •水道施設見学会
浄水場内施設の見学、浄水処理の簡単な実験、ビデオ等により浄水場の仕組みを説明する。
 見学会の実施時間は、各浄水場で異なります。

詳細は、東京都水道局ホームページにてお知らせします。 
042-397-8203 

境浄水場 0422-51-4505
小作浄水場 042-554-4911
三園浄水場

問い合わせ先
◇生活文化スポーツ局文化振興部文化事業課
◇電話03-5388-3141

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
豊洲市場も移転が決まって無事解決しました。2020年のオリンピックに向けて都市整備や改修をすすめていきたいものです。
筆者敬白

■9月24日「結核予防週間」「世界結核デー」です。■
180915_28.jpg厚生労働省では、毎年9月24日~30日を「結核予防週間」と定めて、結核に関する正しい知識の普及啓発を図ることとしています。
結核予防会では周知ポスターやパンフレット「結核の常識」等を作成配布するとともに、
「全国一斉複十字シール運動キャンペーン」として全国各地で街頭募金や無料結核検診、健康相談等を実施して、結核予防の大切さをお伝えしています。

"Unite to End TB"  結核流行の終息のために団結しよう!

180915_29.jpg3月24日は「世界結核デー」です。細菌学者ロベルト・コッホ博士が明治15年(1882)に結核菌の発見を発表した日にちなみ、平成9年(1997)の世界保健総会で制定されたものです。
世界各地で結核の啓発活動が行われます。

世界で新たに結核を発病する人は年間960万人、結核で命を落とす人は150万人と推定されています。結核は低・中所得国を中心に、特に貧困層など社会的弱者と呼ばれている人々の中でまん延しています。また、治療が難しい多剤耐性結核やアフリカにおける結核とHIV/エイズの重複感染も世界的な課題となっています。

このような状況の中、平成27(2015)年9月に国連で採択され、地球規模課題への取り組みに向けて国際社会共通の目標となった「持続可能な開発目標」の中では、
2030年までに結核の世界的流行を終息する、という大きな目標が掲げられました。

180915_30.jpg 国境のない感染症、結核の流行の終息を実現するために、世界のあらゆる関係者が一体となって取り組むことが求められています。 

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
近年、お孫さんに結核をうつしてしまったといった!記事が見うけられるようになりまました。日本では結核撲滅宣言後のは発症は感染症撲滅のむずかしさを物語っています。正しい知識が感染を防ぎます。
筆者敬白                    
  

■9月21~30日「秋の全国交通安全運動」です。■
190925_20.jpg今年も「秋の全国交通安全運動」が、9月21日~30日迄の10日間、実施されます。また9月30日は「交通事故死ゼロを目指す日」です。
この運動は、広く国民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるとともに、国民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的としています。

全国交通安全運動の基本
秋の交通安全運動では、次代を担う子供のかけがえのない命を社会全体で交通事故から守ることが重要であるにもかかわらず、通学中の児童が死傷する交通事故が発生するなど、依然として道路において子供が危険にさらされていること、また、高齢者の交通事故死者数が交通事故死者数全体の半数以上を占め、その減少が強く求められていることから、これらの交通事故情勢に的確に対処するため、「子供と高齢者の交通事故防止」を運動の基本とする。

○全国重点
秋口における日没時間の急激な早まりとともに、例年、夕暮れ時や夜間には、重大事故につながるおそれのある交通事故が多発し、歩行中・自転車乗用中の死亡事故が増加すること、
また、自動車乗車中における後部座席シートベルトの着
用率やチャイルドシートの使用率がいまだ低調であること、
さらに、重大事故の
原因となる飲酒運転による悲惨な交通事故が依然として後を絶たないことなどから、次の4点を全国重点とする。

(1) 子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
(2) 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止

(3)全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

(4) 飲酒運転の根絶

○地域重点
都道府県の交通対策協議会等は、全国重点のほか、地域の交通事故実態等に即して必要があるときは、地域の重点を定める。

◆主催
○内閣府、警察庁、総務省、法務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、防衛省、都道府県、市区町村
○自動車検査独立行政法人、独立行政法人自動車事故対策機構、独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構
○自動車安全運転センター、軽自動車検査協会、(財)全日本交通安全協会、(財)日本道路交通情報センター、(社)全日本指定自動車教習所協会連合会、(一社)全国二輪車安全普及協会、(一社)日本自動車連盟、(公社)日本バス協会、(公社)全日本トラック協会、(一社)全国ハイヤー・タクシー連合会

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

交通標語、「確かめてまた確かめてはい横断」「注意1秒怪我一生」「飲むなら乗るな、乗るなら飲むな」などすぐに思い浮かびます。交通安全は社会に浸透しています。
変わり種ではー
◇「あせりは禁物 あさりは海産物」
新栄原自治体
◇「とびだすな しんだらおしまい けっこんできない」出典知らず
◇「スピード違反10,000円 佐渡わかめ800円」相川警察署
交通安全運動は社会では一般的になっています。ドライバーの皆さん、先ずは安全運転です。

筆者敬白

■9月20日「空の日」です。■
190905_20.jpg空の日」とは、元「航空の日」のことです。明治43年(1910)12月19日、徳川好敏大尉(アンリ・ファルマン機)、日野熊蔵大尉(グラーデ単葉機)が、代々木練兵場に於いて、日本初の動力飛行を行い成功しました。その距離約300m明治44年、所沢に日本初の飛行場が完成しました。
 
翌年9月20日、山田猪三郎が開発した「山田式飛行船」は、滞空時間1時間の東京上空一周飛行に成功しました。これを記念し、昭和15年(1940)9月20日「航空の日」と決め、以来大東亜戦争の終戦まで各種の飛行事が行われました。
一説には、
3月10日の陸軍記念日や5月27日の海軍記念日避けて、秋の晴れの特異日を選んだともされています。
 
一時中断していましたが、戦後の昭和28年(1953)に運輸省と日本航空協会が復活させ、民間航空再開40周年にあたる平成4年(1992)に「空の日」と改称されました。

シンボルキャラクターの
「くにまるくん」は「空の日」改称の時に誕生しました。9月20日にちなんで「9(く)2(に)0(まる)」と命名されました。
地球が飛んでいるその躍動的な姿は、地球的規模での航空による人、物及び文化の交流を表しています。また、「空の日」のキャッチフレーズは、航空の楽しさと限りない可能性を表す「もっと感動、空はフロンティア」です。

民間航空再開以来半世紀の間に、地方空港開設をはじめとして、めざましい発展を遂げている日本の航空産業は、社会に欠かせない公共交通機関の一つとなっています。

180915_21.jpg国土交通省航空局では、航空の発展に尽力された航空功労者に対して表彰を行う記念式典が開催されます。
また、9月20~30日を「空の旬間」とし、全国の空港等で管制塔見学会や航空教室などのイベントや、航空局・航空会社・空港管理会社などが各地の空港・レーダー事務所などにおいて、管制塔などの空港施設見学、航空教室等を開催します。

◇空の日ネットhttp://www.soranohi.net/
◇国土交通省航空局HP:http://www.mlit.go.jp/koku/03_information/02_sora/index.html

180915_22.jpg◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
日本の旅客機産業は昭和40年(1965)3月30日に「YS-11」が量産1号機を運輸省航空局に納入、4月からはANAなど航空各社への納入が始りました。日本が独自の旅客機を開発するのはYS-11以来、約40年間途絶えていたのです。
平成25年(2013)納入予定で開発が始まった
三菱リージョナルジェット「MRJ」は、遅れに遅れて平成32年(2020)納入を目指していまず。明治43年(1910)に日本人初飛行以来110年技術面や信頼性の高い「ジャパン品質」で世界に打って出てもらいたいものです。
筆者敬白


■9月15日「老人の日」15~21日「老人週間」です。■
110915_13.jpg9月15日「老人の日」15~21日「老人週間」です。国民の間に老人の福祉への関心と理解を深めるとともに、老人が自らの生活の向上に努める意欲を促すという二つの目的のために設けられています。
 
国はその趣旨に相応しい事業を実施するよう努めるものとし、国および地方公共団体は、老人の団体その他の者によってその趣旨に相応しい行事が実施されるよう奨励しなければなりません。

◇老人の日、表現の歴史◇
▼昭和22年(1947)兵庫県多可郡野間谷村で行われた敬老行事が始まりといわれます。
▼昭和25年(1950)には9月15日を「としよりの日」にする運動が開始されました。その後「としより」という表現に異議が起こりました。
▼昭和38年(1963)老人福祉法が改正されて、9月15日を法的に定めた「老人の日」と改められ、「老人を敬い慰め、励ますとともに、老人福祉に対する国民的理解を促進し、老人自身もまたその立場を自覚し、新しい社会建設に参加する」こと目的とする様々な敬老行事が催されました。
▼昭和41年(1966)敬老の日」と改められ、国民の祝日に追加されました。 これは「老人」も語感が悪いことから、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨として「敬老」と表現されました。
▼平成13年(2001)老人福祉法の改正により、9月15日を「老人の日」この日より1週間を「老人週間」と定められました。
▼平成15年(2003)から「敬老の日」は、祝日法の改正(ハッピーマンデー)により、9月第3月曜日になっています。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

生命はつないでくれた祖父母、先祖がいたからこそ、今の自分自身があるのです。今週は「老人週間」、来週15日には「敬老の日」です。最近は元気な方が多いと感じますが、ともあれ高齢者を敬いましょう。
筆者敬白

120910_21.jpg

世界の法の日は昭和36年(1961)東京で開催されたアジアの会議で、「世界の法の日」が提唱されました。「法による世界平和に関するアジア会議」です。法の支配を国際社会で確立することによって、世界の平和を実現しようという趣旨で開催されました。

これを受けて、昭和40年(1965)9月13日からワシントンで開催された「法による世界平和に関する第2回世界大会」で、この日を「世界の法の日」とすることが宣言されました。「法の支配」への貢献という点では、アジア
発の貴重な例です。

当時の国際社会は、冷戦下のもとで、法の支配を重視することに重要な意義が見出されたのです。しかし冷戦終了後に訪れた、アメリカの一人勝ちの国際社会のもとでは、国連憲章をはじめとする法による支配でなく、「国益による支配」を優先する風潮が目立ちます。

120910_20.jpg21世紀の国際社会を、国際法によって支配
する社会にするためにはそれぞれの国や市民が自ら努力することが、改めて大きな課題となっています。

振り返れば第二次世界大戦から冷戦時代を経て、大国の国益優先の国際社会から、国際法が支配する社会が暴力の連鎖を断ち切る唯一の方法と言えるでしょう。


◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
憲法改正の機運が高まっています。また東シナ海や尖閣諸島周辺では権益をめぐって国際紛争の火種になっているように感じます。
また、隣国との貿易摩擦はWTO提訴や中傷合戦の様相です。本当の意味の権益を守って欲しいものです。相互利益は理解から生まれるもので一方の国が一方的に非難していても解決になりません。
法の日にあたって国際紛争については国内法の限界があるように感じます。日本国憲法は国民の生命、財産を守る法律であって欲しいと思うものです。

■9月9日「救急の日」です。■
190829_20.jpg毎年9月9日は「救急の日」です。昭和57年(1982)に救急医療及び救急業務に対する国民の正しい理解と認識を深めて、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的とし「救急医療週間」とともに「救急の日」が定められました。
 
9月9日の9(きゅう)9(きゅう)の語呂合わせで毎年9月9日を「救急の日」とし、この日を含む1週間を「救急医療週間」として、全国各地において応急手当の講習会を中心とした、救急に関するさまざまな行事が実施されています。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
9月9日が救急の日というのは語呂あわせです。記念日なのでデータから、救急の姿を見てみましょう。
180904_20.jpg総務省のデータによると、日本中どこかの救急車が6,15秒に1回の割合で出動している計算になります。救急搬送人員は日本人の実に27人に1人が、1年以内に救急車を利用したことがある計算になります。

事故には日頃からご注意を、健康は心がけからです。
皆様お体ご自愛専一の程
筆者敬白

■9月1日「防災の日」「関東大震災記念日」です。■
190829_22.jpg大正12年(1923)9月1日午前11時58分44秒、伊豆大島付近、相模湾北西部の相模トラフ(北緯35.1度・東経139.5度)を震源とする海溝型大地震が発生しました。
 
マグニチュード7.9、震度6の大地震は関東地方を襲い、地震の発生時刻が昼食の時間帯と重なったことから、東京では150ケ所以上から火災が起こりました。折りしも能登半島付近の台風により、関東地方全域では暴風域、東京では火災旋風を引き起こしながら、なんと3日間に渡って燃え広がりました。因みに、地震以後も気象観測を続けた東京の中央気象台によれば、9月1日の21時頃から異常な高温を観測、翌2日未明には最高気温46.4度を観測しました。

 
190829_21.jpg地震と火災の混乱の中、水も電気も止まって大混乱の末、23万人もの死傷者が出てしまいました。焼損面積は、東京ドームに換算すると約1400倍の広さになるそうです。この地震による死者不明者は14万2807名、家屋全半壊25万4千件余、山岳部では山崩れが多数発生し、沿岸部では津波が発生しました。
 
110829_12.jpg地震そのものが原因と思われる死者は2千名ほどで、ほとんどは火災による死者です。津波による被害は、太平洋沿岸の相模湾沿岸部と房総半島沿岸部で高さ10m以上の津波が記録されました。山崩れ、崖崩れ、それに伴なう土石流による家屋の流失、埋没の被害は、神奈川県の山間部から西部下流域にかけて発生。列

車が駅舎とホームもろとも土石流により海中に転落し、百人以上の死者を出しました。

震災の被害の大きさから、一時は遷都も検討されたそうで、遷都の候補地には姫路や京城(ソウル)などが挙げられていました。
 
120817_21.jpg防災の日」は、関東大震災を教訓として防災意識を高めるために、昭和35年(1960)に制定されました。この頃に台風の襲来があることも制定の理由の一つです。制定の前年には、被害が

大きかった伊勢湾台風が襲来しています。

この日「関東大震災記念日」として、被服廠跡(現在東京都横網町公園)東京都慰霊堂では、毎年2回(春季-3月10日、秋季-9月1日)慰霊大法要が行われています。
(写真右下)など、各被災地で慰霊祭が行われます。

 いざという時に備え、避難場所の確認や非常持ち出し袋の用意をしておきましょう。両手が使えるリュックサックなどに「飲料水・携帯ラジオ・衣類・履物・食料品・マッチやライター・貴重品・懐中電灯・ロウソク・救急セット・筆記用具・雨具(防寒)・チリ紙など」を入れて、目に付きやすい所に置いておきます。
 
140828_21.jpg災害直後に持ち出しが出来なくても、後々に使用できるように、簡易ガスこんろ・固形燃料・水やインスタント食品のストックがあるといいでしょう。
火災に備えては、消化器・三角消化バケツ・風呂の汲み置きなど。避難や救出に備えては、斧・ハンマー・スコップ・バール・防水シート・のこぎり等。
 
地震の時、家具や電化製品の転倒や落下物による被害は意外と多いもの。この機会に今一度点検してみましょう。

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
私たちは、科学技術の進歩で、自然を克服したと勘違いしたのかもしてません。人間は自然の中の生き物です。科学技術が進んでも、自然との調和を忘れてはいけません。
東日本大震災の地震や津波、近年の線状降水帯によるゲリラ豪雨に落雷、竜巻は、言葉を発しない地球からの警告だったのかもしれません。
夏から秋への季節の変わり目です。皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

74年前の明るく晴れ渡った朝、空から死神が舞い降り、世界は一変しました。genbakudomu.jpg

閃光と炎の壁がこの街を破壊し、人類が自らを破滅に導く手段を手にしたことがはっきりと示されたのです。

なぜ私たちはここ、広島に来たのでしょうか?

私たちは、それほど遠くないある過去に恐ろしい力が解き放たれたことに思いをはせるため、ここにやって来ました。

私たちは、10万人を超える日本の男性、女性、そして子供、数多くの朝鮮の人々、12人のアメリカ人捕虜を含む死者を悼むため、ここにやって来ました。

彼らの魂が、私たちに語りかけています。彼らは、自分たちが一体何者なのか、そして自分たちがどうなったのかを振り返るため、内省するようにに求めています。

広島だけが際立って戦争を象徴するものではありません。遺物を見れば、暴力的な衝突は人類の歴史が始まった頃からあったことがわかります。フリント(編注・岩石の一種)から刃を、木から槍を作るようになった私たちの初期の祖先は、それらの道具を狩りのためだけでなく、自分たち人類に対しても使ったのです。

どの大陸でも、文明の歴史は戦争で満ちています。戦争は食糧不足、あるいは富への渇望から引き起こされ、民族主義者の熱狂や宗教的な熱意でやむなく起きてしまいます。

多くの帝国が勃興と衰退を繰り返しました。多くの人間が隷属と解放を繰り返しました。そして、それぞれの歴史の節目で、罪のない多くの人たちが、数えきれないほどの犠牲者を生んだこと、そして時が経つに連れて自分たちの名前が忘れ去られたことに苦しめられました。

広島と長崎で残酷な終焉へと行き着いた第二次世界大戦は、最も裕福で、もっとも強大な国家たちの間で戦われました。そうした国の文明は、世界に大都市と優れた芸術をもたらしました。そうした国の頭脳たちは、正義、調和、真実に関する先進的な思想を持っていました。にもかかわらず、支配欲あるいは征服欲といった衝動と同じ衝動から、戦争が生まれたのです。そのような衝動が、極めて単純な部族間同士の衝突を引き起こし、新たな能力によって増幅され、新たな制限のないお決まりのパターンを生んでしまったのです。

数年の間に、およそ6000万人もの人たちが亡くなりました。男性、女性、子供、私たちと何ら違いのない人たちがです。射殺され、撲殺され、行進させられて殺され、爆撃で殺され、獄中で殺され、餓死させられ、毒ガスで殺されました。世界中に、この戦争を記録する場所が数多くあります。それは勇気や勇敢な行動を綴った記念碑、言葉では言い表せないような卑劣な行為の名残でもある墓地や空っぽの収容所といったものです。

しかし、この空に立ち上ったキノコ雲の映像を見た時、私たちは人間の中核に矛盾があることを非常にくっきりとした形で思い起こすのです。

私たちの思考、想像力、言語、道具を作る能力、そして人間の本質と切り離して自分たちを定めたり、自分たちの意志に応じてそうした本質を曲げたりする能力といったものを私たちが人類として際立たせること――まさにそうしたことも類を見ない破滅をもたらすような能力を私たちに与えられることによって、どれだけ悲劇をもたらす誘発剤となってしまうか。

obama.png物質的な進歩、あるいは社会的な革新によって、どれだけ私たちはこうした真実が見えなくなってしまうのか。

より高い信念という名の下、どれだけ安易に私たちは暴力を正当化してしまうようになるのか。

どの偉大な宗教も、愛や平和、正義への道を約束します。にもかかわらず、信仰こそ殺人許可証であると主張する信者たちから免れられないのです。

国家は犠牲と協力で人々が団結するストーリーをこしらえ、優れた功績を認めるようになります。しかし、自分たちとは違う人々を抑圧し、人間性を奪うため、こうしたものと同様のストーリーが頻繁に利用されたのです。

科学によって、私たちは海を越えて交信したり雲の上を飛行したりできるようになり、あるいは病気を治したり宇宙を理解したりすることができるようになりました。しかし一方で、そうした発見はより効率的な殺人マシンへと変貌しうるのです。

現代の戦争が、こうした現実を教えてくれます。広島が、こうした現実を教えてくれます。

技術の進歩が、人間社会に同等の進歩をもたらさないのなら、私たち人間に破滅をもたらすこともあります。原子の分裂へとつながった科学的な変革には、道徳的な変革も求められます。

だからこそ、私たちはこの場所に来るのです。120730_47.jpg

私たちは、この街の中心に立ち、勇気を奮い起こして爆弾が投下された瞬間を想像します。

私たちは、目の当たりにしたものに混乱した子どもたちの恐怖に思いを馳せようとします。

私たちは、声なき叫び声に耳を傾けます。

私たちは、あの悲惨な戦争が、それ以前に起きた戦争が、それ以後に起きた戦争が進展していく中で殺されたすべての罪なき人々を追悼します。

言葉だけでは、こうした苦しみに言葉に表すことはできません。しかし私たちは、歴史を直視するために共同責任を負います。そして、こうした苦しみを二度と繰り返さないためにどうやってやり方を変えなければならないのかを自らに問わなければなりません。

いつの日か、証言する被爆者の声が私たちのもとに届かなくなるでしょう。しかし、1945年8月6日の朝の記憶を決して薄れさせてはなりません。その記憶があれば、私たちは現状肯定と戦えるのです。その記憶があれば、私たちの道徳的な想像力をかき立てるのです。その記憶があれば、変化できるのです。

あの運命の日以来、私たちは自らに希望をもたらす選択をしてきました。

アメリカと日本は同盟関係だけでなく、友好関係を構築しました。それは私たち人間が戦争を通じて獲得しうるものよりも、はるかに多くのものを勝ち取ったのです。

ヨーロッパ各国は、戦場を交易と民主主義の結びつきを深める場に置き換える連合を構築しました。抑圧された人々と国々は解放を勝ち取りました。国際社会は戦争を防ぎ、核兵器の存在を制限し、縮小し、究極的には廃絶するために機能する組織と条約をつくりました。

それでもなお、世界中で目にするあらゆる国家間の侵略行為、あらゆるテロ、そして腐敗と残虐行為、そして抑圧は、私たちのやることに終わりがないことを示しています。

私たちは、人間が邪悪な行いをする能力を根絶することはことはできないかもしれません。だから、国家や私たちが構築した同盟は、自らを守る手段を持たなければなりません。しかし、私の国のように核を保有する国々は、勇気を持って恐怖の論理から逃れ、核兵器なき世界を追求しなければなりません。

私が生きている間にこの目的は達成できないかもしれません。しかし、その可能性を追い求めていきたいと思います。このような破壊をもたらすような核兵器の保有を減らし、この「死の道具」が狂信的な者たちに渡らないようにしなくてはなりません。

それだけでは十分ではありません。世界では、原始的な道具であっても、非常に大きな破壊をもたらすことがあります。私たちの心を変えなくてはなりません。戦争に対する考え方を変える必要があります。紛争を外交的手段で解決することが必要です。紛争を終わらせる努力をしなければなりません。

平和的な協力をしていくことが重要です。暴力的な競争をするべきではありません。私たちは、築きあげていかなければなりません。破壊をしてはならないのです。なによりも、私たちは互いのつながりを再び認識する必要があります。同じ人類の一員としての繋がりを再び確認する必要があります。つながりこそが人類を独自のものにしています。

hiroshimasyusyou.jpg私たち人類は、過去で過ちを犯しましたが、その過去から学ぶことができます。選択をすることができます。子供達に対して、別の道もあるのだと語ることができます。

人類の共通性、戦争が起こらない世界、残虐性を容易く受け入れない世界を作っていくことができます。物語は、被爆者の方たちが語ってくださっています。原爆を落としたパイロットに会った女性がいました。殺されたそのアメリカ人の家族に会った人たちもいました。アメリカの犠牲も、日本の犠牲も、同じ意味を持っています

アメリカという国の物語は、簡単な言葉で始まります。すべての人類は平等である。そして、生まれもった権利がある。生命の自由、幸福を希求する権利です。しかし、それを現実のものとするのはアメリカ国内であっても、アメリカ人であっても決して簡単ではありません。

しかしその物語は、真実であるということが非常に重要です。努力を怠ってはならない理想であり、すべての国に必要なものです。すべての人がやっていくべきことです。すべての人命は、かけがえのないものです。私たちは「一つの家族の一部である」という考え方です。これこそが、私たちが伝えていかなくてはならない物語です。

だからこそ私たちは、広島に来たのです。そして、私たちが愛している人たちのことを考えます。たとえば、朝起きてすぐの子供達の笑顔、愛する人とのキッチンテーブルを挟んだ優しい触れ合い、両親からの優しい抱擁、そういった素晴らしい瞬間が71年前のこの場所にもあったのだということを考えることができます。

亡くなった方々は、私たちとの全く変わらない人たちです。多くの人々がそういったことが理解できると思います。もはやこれ以上、私たちは戦争は望んでいません。科学をもっと、人生を充実させることに使ってほしいと考えています。

国家や国家のリーダーが選択をするとき、また反省するとき、そのための知恵が広島から得られるでしょう。

世界はこの広島によって一変しました。しかし今日、広島の子供達は平和な日々を生きています。なんと貴重なことでしょうか。この生活は、守る価値があります。それを全ての子供達に広げていく必要があります。この未来こそ、私たちが選択する未来です。未来において広島と長崎は、核戦争の夜明けではなく、私たちの道義的な目覚めの地として知られることでしょう。

執筆者:吉川慧氏の全文を引用
投稿日:2016年05月27日 19時45分 JST 更新: 2016年05月29日 19時44分 JST

[2016.08.15]

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30