二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

【平成31年(2019)】八白土気中宮年◆己亥 皇紀2629年の運気◆

◆◆◆平成31年(2019) 皇紀2679年◆◆◆ 

==「八白土気」中宮年 大運気==

190104_11.jpg
◇天候は、顕著な変化の年です。◇病気では、耳鼻の病、関節病、セムシ、リウマチ、神経痛、腎盂炎、肋膜、気管支炎などに注意を心がけましょう。◇自然の現象では、地震、土砂崩れ、がけ崩れ、雪崩、転落、落下、落石、山の事故、整理事、改革、改造、交代事等が何かと話題になります。

今年は、地震、転落、落下、落石、土砂崩れ、がけ崩れ、整理、改革、改造、交代事、建物不動産、建築土木関係等のトラブル事件が話題となります。また営業問題、労働問題、労働争議、土地不動産、ご婦人に関する事件や事故、大風、突風、竜巻、インフルエンザ、感冒、花粉、インターネットなど通信関係のトラブル事故などの起こる恐れがあります。

tembo_header.jpg ====気学運勢====

◆一白水性自身の考え、自然の成り行きがよい年なので積極的に行動するとよい。酒席、会席、レジャーへの参加には良い。縁談、結婚、就職のチャンス。
≪注意事項≫ 気力体力減退気味、精神面、経済面、健康面など不足を伴う年がら。
病気:腎臓病、糖尿病、貧血、生理不順、蕁麻疹、肺結核に注意。
=======================
◆二黒土性◆ 身上に変化が起きやすい。身辺整理、マンネリ脱皮、改革、整理等無理のない変化は結果良し。親戚、友人、同僚との関係で幸恵。相続、財産、後継問題に関与良好。
≪注意事項≫転職、転業は厳禁。周囲から無理難題、強欲、トラブル、争いの恐れ。事故、盗難、災難に注意。
病気:耳鼻の病、関節痛、リュウマチ、ワキガ、腎盂炎に注意。
=======================
◆三碧木性◆ 政治、教育、宗教、名誉ごとへの関与すると良い。
≪注意事項≫ 離合問題が起きやすく、自身感情的となり、争いごとを起こしやすい。生別、死別、離別の難に接しやすい。縁談、恋愛の解消も。上司、上長、先輩、親との関係で苦慮。投資、投機、賭け事はほどほどに。
病気:頭の病気、目や歯の病気、喉の病気、心臓病に注意。
=======================
◆四緑木性◆ 交際範囲が広がり、新規取引、仲介等で信用を得る。新規事、創始、創業によい年柄。スタートは6月が良い。
≪注意事項≫ 衰運最後の年。運気が一番落ち込む時。精神面、経済面、健康面など悩みが生じやすい。特に健康面では、発病すると重症になる御祖があります。また会食、遊び、趣味の会などに誘われ浪費の恐れあり。
病気:皮膚病、水虫、白内障、霜の病、性病、うつ病、腫れ物、癌に注意。
=======================
◆五黄土性◆ 今年より4年間盛運。勤勉、努力、労働意欲旺盛となり、自身諸事真面目に取り組むようになる。土地不動産、営業労働問題、ご婦人の問題、貯蓄、財産、相続問題、後継問題等に関与するとよい。整理、改革、改造などで成功運を得る。
≪注意事項≫ 特になし。
病気:手足の怪我、胃腸病、痔、精力減退、虫垂炎、胃痙攣、腹膜炎に注意。
=======================
190110_1.jpg =======================
◆六白金性◆ 運気進展、諸事積極的となり、発展繁盛、目的達成に慢心する年。
≪注意事項≫ 自信過剰、早とちり、勇み足の恐れがあるので行動は慎重に。言動には注意。露見に注意。周囲より争いごと、離別問題を持ち込まれる恐れがある。税務調査、火災、やけどに注意。
病気:肝臓病、神経痛、胆石、黄疸、狭心症、火傷に注意。
=======================
◆七赤金性◆ 運気最良の年。諸事順調に運び、社交性が出て周囲の信用を得る。新しい出会いが多く交際範囲が広がる。新規取引、仲介等で幸恵。
≪注意事項≫ 縁談、就職など関与で信用失墜の恐れ。依頼、相談事での話の食い違いや連絡ミスに注意。
病気:感冒、インフルエンザ、花粉症、腸の病、脳溢血、破傷風に注意。
=======================
◆八白土性◆ 盛運最後の年ですが明るい話題がないため、北西(大歳方)及び東(大歳墓方)の運をお採りください。
≪注意事項≫ 自信過剰、自己本位、独善的となり自身がトラブルの原因になることがあるので行動には注意。暴欲の絡んだ取引や営業問題などが持ち込まれる恐れ。労働争議、ご婦人の問題、不動産問題の関与で苦慮。
病気:伝染病、食中毒、便秘、エイズ、中毒、赤痢、流行病に注意。
=======================
◆九紫火性◆ 若者からの新企画、計画への挑戦で幸恵。発展繁盛の元となる。
≪注意事項≫ 衰運最初の年。新規事業や業務拡大を実行したくなるが予算超過挫折の恐れがあるので現状維持に努めたい。創業創始、新規事は厳禁。 
病気:骨折、肺炎、結核、神経過敏、めまい、交通事故に注意。

190114_15.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【平成31年(2019)】八白土気中宮年◆己亥 皇紀2629年の運気◆

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1672

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31