二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

【令和3年2月】五黄土気月、庚寅 如月の展望

◆◆◆「2月の展望」◆◆◆
 2月3日~3月4日(如月 立春~啓蟄の前日迄)
 二十四節気 「立春」りっしゅん「雨水」うすい
 今月の干支 「庚寅」かのえ・とら
 今月の九気 「五黄土気」ごおう・どき
 今月の二十八宿 「星宿」せいしゅく、「南方朱雀」なんぽうすじゃく


■「庚」かのえ・こう 陽の金 ------------------
庚の字は同音の「更」につながり、植物の生長が止まって新たな形に変化しようとする状態として、7番目に宛てられました。日本では「かのえ」(金の兄)ともいいます。

■「寅」とら・いん 陰の土 -------------
「螾」(いん:「動く」の意味)で、春が来て草木が生ずる状態を表しているとされています。後に、覚え易くするために動物の虎が割り当てられました。

■「星宿」せいしゅく、「南方朱雀」なんぽうすじゃく -------------
今月の二十八宿「星宿:せいしゅく」は和名「ほとおりぼし:星」です。南方朱雀七宿の第四宿(番目)の星座、朱雀ののどにあたる。古代中国では、黄帝の衣服を指していた。ラテン語では「蛇の心臓」という意味で、距星(きょせい:基準点となる星)はウミヘビ座のα(アルファ)星です。
今月は運転始め、乗馬始め、療養始め、トイレなどの改装、祖先祭祀には適した月で、反対に婚礼、種まき、開店などお祝い事、不倫などに関連する事柄は避けいた方がいい月です。

■※二十八宿※古代中国で月が地球を一周する間に通過する二十八の星座、江戸幕府の天文方「渋川春海」による貞享2年(1685)の改暦で、それまでインド起源の二十七宿が廃され中国起源の二十八宿に変更された。日本では7~8世紀頃に造られた高松塚古墳やキトラ古墳の壁画で発見されている。西洋の太陽暦基本の占星術に反して、和暦は月を基本とした陰暦、旧暦の卦に符合する。

190110_1.jpg ■「五黄土気」ごおう・どき -------------
◆雑気◆中宮、無、黄、暴欲、腐敗、消滅、死病、絶望、激変、破損、破産、失業、倒産、葬式、廃物、反逆、殺意、殺害、残忍、強奪、醜聞、脅迫、暴行など。
◆天象◆大荒れの天候など。
◆場所◆ゴミ焼却場、焼跡、戦場跡、火葬場、墓場、死刑場、汚い所、屠殺場、不毛の地など。
◆事物◆壊れた物、腐った物、荒廃した家屋、無住の寺院、屁物、役に立たない物など。
◆人事◆暴力団、強盗、窃盗犯、殺人犯、死刑囚、自殺者、惨死者、失敗者、高利貸など。
◆生理◆便秘、下痢、流産、流行病、エイズ、エボラ出血熱、原因不明の病など。
五黄方位を犯すと病を発生して高熱を発生します。五黄の毒は体内に潜伏し、作用する時は外部に腫物、汚点となって発現し、内部においては凝りを生じ、或いは新陳代謝を妨げます。腐敗消滅させるのもこの気の作用。「有から無に」その変化作用は激しく、すべてのものにその影響を与えます。
◆飲食◆腐敗したもの、黴たもの、悪臭を放つものなど。
◆植物◆ゴキブリ、ハエ、蚊、カマキリ、毛虫、毒虫一切。
◆植物◆毒草類一切。

111007_19.jpg ◆◆◆ 五黄土気中宮月まとめ ◆◆◆
○天候は、荒天。伝染病・エイズ・エボラ出血熱・流行病・中毒などに注意。
○天変地異、大地震、凶悪凶暴な事件、殺人事件、企業倒産、食中毒等の問題が話題になります。

≪今月の事件トラブル、経済方向性≫
▼株価の波乱、乱高下、諸官庁、閣僚、官僚、公務員の不祥事事件やトラブルなどが懸念されます。
▼悲惨な交通事故、詐欺事件、旧悪露見、凶悪凶暴な殺人事件、コロナ禍における倒産、破産営業悪化、廃業問題が深刻化します。
▼天変地異、地震、爆発、火山の噴火なども気になる月です。
△交代事、改革、改善問題、貯蓄に関する明るい話題が期待できます。
○経済、為替は比較的安定。

≪経営者、管理者必見≫
今月は会社、事務所等から見た坤(南西)方位との新規取引は延期等見合わせてください。
また会社や事務所、住居の全方位の戸締りを厳重にして防犯に努めてください。

tembo_header.jpg◆◆生活に「今月の展望」を取り入れた生き方◆◆
私達は自然の中に生かされています。自然の法則に逆らった時には、トラブルやアクシデントが起こるものです。自然との共生を疎かにし、目先に走った結果、大切なものを失います。そして取り戻すに莫大な時間と費用を費やすことになるのです。


何らかのアクシデントは、軌道修正するよう促されていると考察しましょう。アクシデントは国や企業、組織や家庭内でも起こります。改革、革命、事件、事故などの現象は大小を問わずいつでも生じています。天変地異の代表である地震や津波、台風なども自然界では淘汰の現象の一つといえます。


[今月の展望]は、二十四節気や干支、九気からはじまります。月の干支は、お祝いなど冠婚葬祭に役に立ちます。社会でのトラブルは普段のちょっとした気配りなどで、避けることができます。干支を生かすことで、知らず知らず大きなトラブルを避けているのです。最後の[まとめ]には、これから起こりうる現象を載せてあります。避けるもよし、立ち向かうもよしです。起こりうる内容を認識して、これからの日常に役立てましょう。

人は苦難に直面すると、目先に囚われて対応を焦り、本質的な問題を見過ごしてしまいがちです。このような時こそ、信念で問題に立ち向かい、苦難を辛抱強く乗り越える勇気の人に、本当の解決がおとずれるものです。幸せだから感謝するのではなく、苦難を感じられることにも感謝するのです。このように恩を忘れず感謝することから「幸せになるのだ」ということを常日頃から心掛けたいものです。

「時を得る者は昌え、時を失う者は亡ぶ」(時の運をうまく味方につけて追い風に乗る者は栄え、逆に追い風を見逃して向かい風に帆を揚げるようでは、苦難ばかりで、滅んでしまう。)タイミングがいいことを「時の氏神が味方をした」などと言います。時間というタイミングを得ると実力以上の成功や結果に恵まれるということです。 

 

[2021.01.30]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【令和3年2月】五黄土気月、庚寅 如月の展望

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1770

コメントする

八木雲水プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
八木雲水
開運占卦気学祐気方位鑑定

「淮南子」(紀元前170年ごろ編纂)を信奉、陰陽家五行説、古神道、納音、暦を観ながら時の政権の為政者、経営者、リーダーの悩みや向かうべき方向を示唆している。 平成6年、畿内にて陰陽道、道教、妙見信仰を教学、「空」の存在を認識し先人の英知を得る。為政者、経営者へ経世在民を指導、信条の「ともに歩む」を基本に、激変する社会環境でこれからの進むべき道しるべを標榜している。

平成21年首相直轄諮問会議「経済政策諮問会議」メンバー、政策立案にも携わり「中小企業金融円滑化法」立案にコメントする。経済書籍、小説など著書15冊以上を出版、42歳で透析患者、55歳で腎臓移手術以来リハビリの成果で健康的な生活が出来るまでに回復した。 令和2年武漢肺炎(新型コロナウイルス)の慢性既往症ある知人が家族にも看取られないまま悲惨な最期を迎えたと知り、一刻も早いコロナ禍の終焉を願っている。

≪宗旨、所属≫臨済宗雲水、町田宗鳳禅師に師事、天河弁財天社たたら講構成員、祐気採りの会斎主

2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28