二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

【令和2年3月】七赤金気月、己卯 弥生の展望

◆◆◆「3月の展望」◆◆◆
 3月5日~4月3日(弥生 啓蟄~清明の前日迄)
 二十四節気 「啓蟄」けいちつ「春分」しゅんぶん
 今月の干支 「己卯」つちのと・う
 今月の九気 「七赤金気」しちせき・きんき
 今月の二十八宿 「壁宿」へきしゅく、「北方玄武」ほっぽうげんぶ


190110_1.jpg ■「己」つちのと・き 陰の土 ------------------
己の字は三本の平行線を形取ったもので、そこから、条理が整然としている状態という意味となります。十干では、植物が充分生長し形が整然としている状態として、6番目に宛てられました。日本では「つちのと」(土の弟)ともいいます。

■「卯」う・ぼう 陰の木 -------------
「卯」は、『史記』律書によると「茂」(ぼう:しげるの意味)または『漢書』律暦志によると「冒」(ぼう:おおうの意味)で、草木が地面を蔽うようになった状態を表しているとされています。

■「壁宿」へきしゅく、「北方玄武」ほっぽうげんぶ -------------
「壁」は和名で「やまめぼし」です。北方玄武七宿の第七宿(番目)にあたります。ペガサス座の恒星で「ペガサス座γ(ガンマ)星」、アラビア語で「馬(ペガスス座のこと)の翼」が語源で、アラビア語の al-janāh (翼の意)または al-janb (脇腹の意)が含まれてるとされています。ペガサス大四辺形を形成し、ペガサス座が秋を代表する星座なので、『秋の(大)四辺形』とも呼ばれます。
今月は開店や新規事開始に良い月です。契約など新築改修、新事業造作、婚礼・旅行・葬送に適した月です。衣類仕立て・裁断すると子孫が繁栄します。ただし今月の南方位への進出は手控えましょう。

■「七赤金気」しちせき・きんき -------------
◆雑気◆兌(酉)・西・少女・沢・秋・悦び・金銭・口・家庭・団欒・飲食・酒食・弁説・談話・引退・遊興・贅沢・浪費・散財・遊び・金融・銀行・経済・不満・不足・不十分・不注意・欠陥・腹七分など。
◆天象◆西風・降雨・日没・夕暮れなど。
◆場所◆沢・湖・窪地・溝・浅瀬・養鶏場・質屋・銀行・喫茶店・飲食店・バー・スナック・キャバレー・アクセサリー店など。
◆事物◆金物・刃物・鈴・上部に凹みのある物・修理した物・一部破損のある物・借金など。
◆人事◆少女・妾・後妻・舞妓・芸人・芸者・ホステス・飲食店主・喫茶店主・金融業者・銀行員・弁護士・講演者・通訳者・宝石商など。
◆生理◆右肺・腎臓・口腔など。
◆飲食◆辛味・鶏肉・親子丼・鳥スープなど。
◆動物◆鶏・フラミンゴ・沢鳥など。
◆植物◆桔梗・萩・藤袴・撫子・月見草・コスモス・すすき・秋草類・沼沢地帯の草花など。 

111007_19.jpg ◆◆◆ 七赤金気中宮月まとめ ◆◆◆
○天候は、不足の天候で気温は低め。
○肺結核・腎臓病・糖尿病・貧血症などに注意。
○経済、為替、金融関係、食糧・飲食関係、遊戯関係等の問題が話題になります。

≪今月の事件トラブル、経済方向性≫
▼地震、天変地異などが懸念されます。
▼風邪、インフルエンザ、花粉、ウィルス性の病なども懸念されます。
▼倒産、破産、凶悪凶暴な殺人事件、遊技場・社交場でのトラブル事件、飲酒でのトラブル、食中毒が気になる月です。
▼政治、教育、宗教問題、戦争、訴訟事件、公難事件、医療事故、船舶事故などが懸念されます。
▼金融機関のトラブル事件、金銭トラブルなども懸念されます。
●経済不足、為替は小波乱。株価は概ね安定。

≪経営者、管理者必見≫
今月は会社、事務所等から見た東方位、西方位との新規取引は延期等見合わせてください。
また会社や事務所、住居の東方位、西方位の戸締りを厳重にして防犯に努めてください。

tembo_header.jpg

◆◆◆◆ 気学とは ◆◆◆◆
気学は、古代中国の儒家哲学思想が、その発祥といわれています。
今から四千年以上も前のこと、大自然を年々、月々、日々刻々と変化させるエネルギーの「気」に、一定の周期があると見出しました。これが現在の「暦」の始まりです。
そしてその「気」のエネルギーは、私たち人間にも、それなりの影響を与えています。
このエネルギーを「九つの数」に分類し「七つの色」に区分したのが「九気」なのです。
一白水気・二黒土気・三碧木気・四緑木気・五黄土気・六白金気・七赤金気・八白土気・九紫火気と呼び、9種類に大別します。
人の誕生の瞬間に自然界から全身に受けた「気」に当てはめて、一白水性・二黒土性・三碧木性・四緑木性・五黄土性・六白金性・七赤金性・八白土性・九紫火性と呼びます。

運命は大別すると、生まれた瞬間に天から与えられる「先天の運」と、生まれてから死ぬまでの「後天の運」があります。
人の一生には「運気」がついて、はじめて廻るもので、運が良し悪しは誰にでも当てはまります。人間も自然の一部なので、大自然の「気」すなち「運」が与えらているものなのです。
運命とは、命の行く末のことで、たどり着くまでを「運び」などともいいます。
まず、自らの今を知ることが第一歩です。「今の自分が盛運期なのか衰運期なのか」を認識することです。
そして、備わった自然の法則に従って、判断、行動することで、運気を上手に活かし、運の軌を切り開き、与えられた運命を上昇させていきましょう。
未来の運命が大難だったら小難に、小難だったら無難に変える行動を取りましょう。そして無難だったら、さらに発展させ幸福になるような行動を取るのです。

この自然の恩恵を「祐気」といって、人生に福禄寿をもたらします。
また「尅気」という悪い気もあるのです。すべては行動・発言という原因から発現する結果なのです。
人は皆、幸福を願います。そこで「宿命は変えられないけれど、運命は変えられる」ことを知りましょう。

一見すると簡単なような気学ですが、東洋哲学の一翼で、奥が深く、終わりのない学問だといわれます。
とはいっても、ある程度の基礎をマスターすれば、それぞれの願望を充足する最も近道だといえます。
気学の片鱗を知って役立てることで、宿命に目覚め、運命を切り開くツールなるのです。

そして、気学によってあなたの存在は、最も輝かしいものになるでしょう。

************============************
私達は自然の中に生かされています。自然の法則に逆らった時には、トラブルやアクシデントが起こるものです。自然との共生を疎かにし、目先に走った結果、大切なものを失います。そして、取り戻すに莫大な時間と費用を費やすことになるのです。
 
何らかのアクシデントは、軌道修正するよう促されていると考えましょう。それは、国や企業、組織や家庭でも起こり、改革、革命、事件、事故等、その現象はいつでも生じます。また、地震や津波、台風など天変地異も自然界では淘汰の現象のひとつといえます。
 
人は苦難に直面すると、目先に囚われて対応を焦り、本質的な問題を見過ごしてしまいがちです。このような時こそ、信念で問題に立ち向かい、苦難を辛抱強く乗り越える勇気の人に、本当の解決がおとずれるものです。幸せだから感謝するのではなく、苦難を感じられることにも感謝するのです。

このように天からの恩を忘れず、感謝することで「幸せになる」、ということを常日頃から心掛けたいものです。

[2020.02.27]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【令和2年3月】七赤金気月、己卯 弥生の展望

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1739

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31