二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2013/5/13〜2013/5/18

weekly.jpg
4月の消費者動向調査によると、購買意欲を示す消費者態度指数は44.5ポイントと前月から1.4ポイント改善。消費者心理の改善は、4ケ月連続となりました。株価上昇など景気回復への期待から1年後の物価見通しも「上昇する」と答えた割合は、前月から3.7ポイント高い82.8%と、こちらも4ケ月連続で上昇を続けます。

ホンダが自動車レースの最高峰、F1へ正式に復帰することが15日判明。以前のパートナー・英マクラーレンへエンジンを供給し、平成27年から7年ぶりに参戦し、再び世界のトップを目指します。F1でもダウンサイジングが進み来年からは現在の2,400ccから市販車に近い1,600ccとなり、レースを通じ技術開発を進め市販車にも反映させます。

海洋研究開発機構は、次世代スーパーコンピューター「」を活用し、巨大地震による津波直後の素早い救助に役立てる技術開発。南海トラフで地震が起きた場合、津波の伝わり方を約7時間で計算。浸水地域を絞り込み、人命救助災害復旧に役立てます。

東京スカイツリーは22日に開業1周年を迎え、これまで国内外から多くの観光客を集めています。タワーに上った人は、3月末時点で554万人と開業時の予測を約4割上回る集客力。待ち時間を利用して浅草や銀座などへ足を伸ばす観光客も多く、世界一のタワーは地域の経済を後押ししています。

今週の時事経済記事です。

weekly2.jpg中小企業のM&Aが増えている!平成24年度は過去最高207件/雇用・技術守りつつ「産業の新陳代謝」、海外進出後押しに金融機関も対応強化
[2013.5.18配信]
日本M&Aセンター(東京)の集計によると、国内の中堅・中小企業が全国で平成24年度に行った合併・買収(M&A)件数が前年度と比べて6.7%(13件)増え、過去最高の207件となったことが、分かりました。全国のM&A実績は・・・・・・・・続きはこちらから

企業倒産22年ぶりに900件割れ!金融庁・経産省、円滑化法終了後も「参院選まで倒産抑制頼む!」効果
[2013.5.17配信]
東京商工リサーチが5月10日に発表した4月の企業倒産件数は、前年同月比10.4%減の899件と6ケ月連続前年同月を下回りました。4月としては、バブル崩壊後の平成3年の836件以来、22年ぶりに900件を割り込む低水準となりまし・・・・・・・・続きはこちらから

民間保育所の設置加速!「5年で40万人」アベノミクス追い風に、保育サービス大手は新設過去最多
[2013.5.16配信]
深刻な待機児童問題。認可保育所などへの入所を申請しているのに入れない待機児童は12年4月時点で約2万4800人。入る条件が厳しく最初からあきらめている人も多く、潜在的な待機児童は数十万人にも上るといわれています。安倍首相は・・・・・・・・続きはこちらから

円高是正、富士山世界遺産と観光産業に追い風!自民・訪日外客数の目標2倍へ中国から東南アジア諸国に誘致転換、ビザ取得大幅緩和
[2013.5.15配信]
静岡県は5月9日、大型連休(4月27日〜5月6日)中、世界文化遺産へ登録を勧告された富士山周辺の観光客数を発表。富士山の眺めが楽しめる駿河湾フェリーは、前年同期比28.3%増の8,481人が乗船。富士山本宮浅間大社「やぶさめ祭」・・・・・・・・続きはこちらから

孫の学費を非課税へ教育贈与信託、1ケ月で契約4千件!金融機関に新たなビジネスチャンス
[2013.5.14配信]
平成25年度の税制改正を受け、祖父母が孫やひ孫に教育資金を贈与する場合に、一人当たり最大1,500万円まで贈与税が非課税となる教育資金贈与信託が4月より適用されました。各信託銀行では、教育贈与信託商品の販売を開始以降、ネット・・・・・・・・続きはこちらから

老朽化する首都高の「空中権」売却!巨額改修資金を調達/PFI活用で東京駅復元工事も負担なし
[2013.5.13配信]
政府の経済財政諮問会議は5月7日、老朽化した高速道路や湾岸などインフラの整備に、導入が遅れている民間資金活用によるPFI(Private Finance Initiative:社会資本整備)の利用拡大について議論。公共施設の運営権など・・・・・・・・続きはこちらから

[2013.5.19]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2013/5/13〜2013/5/18

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1003

コメントする

八木雲水プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
八木雲水
開運占卦気学祐気方位鑑定

「淮南子」(紀元前170年ごろ編纂)を信奉、陰陽家五行説、古神道、納音、暦を観ながら時の政権の為政者、経営者、リーダーの悩みや向かうべき方向を示唆している。 平成6年、畿内にて陰陽道、道教、妙見信仰を教学、「空」の存在を認識し先人の英知を得る。為政者、経営者へ経世在民を指導、信条の「ともに歩む」を基本に、激変する社会環境でこれからの進むべき道しるべを標榜している。

平成21年首相直轄諮問会議「経済政策諮問会議」メンバー、政策立案にも携わり「中小企業金融円滑化法」立案にコメントする。経済書籍、小説など著書15冊以上を出版、42歳で透析患者、55歳で腎臓移手術以来リハビリの成果で健康的な生活が出来るまでに回復した。 令和2年武漢肺炎(新型コロナウイルス)の慢性既往症ある知人が家族にも看取られないまま悲惨な最期を迎えたと知り、一刻も早いコロナ禍の終焉を願っている。

≪宗旨、所属≫臨済宗雲水、町田宗鳳禅師に師事、天河弁財天社たたら講構成員、祐気採りの会斎主

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30