二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2012/8/20~8/25

weekly.jpg次世代TVの世界標準規格を採択する国連機関は、NHKやパナソニックなど平成32年以降の実用化に向けて新規開発する技術を採用する方向性です。日本の技術がグローバルスタンダードとなります。国連機関では各国へ規格の採用を推奨。日本国内のTVメーカーは新技術を生かし再び世界市場を狙います

中国商務省は22日、輸出規制をするレアアースの輸出枠を追加すると発表。中国の昨年の輸出枠実績は、6割にとどまっています。今年も7月まで前年から約4割減少しています。日米欧は、WTOに輸出規制の提訴、国際的な批判をかわす狙いの発表と見られます。日本では不安定な中国に依存しない資源確保を官民一体で取り組んでいます。

農林水産省は、7月に被災地以外で打ち切られた住宅版エコポイントにかわり新たな経済政策として、国産木材を利用し住宅を建築した人向けに家具や家電製品などと交換できる仕組みを検討。来年度の予算に100億円を要求する見込みです。ヒノキやスギなど国産木材は価格が急落しておりヒノキはピーク時の1/4。充分に輸入木材と競合でき、地域の雇用や経済を下支えします。

消費増税を前に住宅購入を検討する動きが強まっています。お盆休み期間中の全国の住宅展示場への来場者は、19万6,000組と前年から6.2%増加、住宅産業に賑わいを見せました。業界団体では、増税分を購入者へ還元するなど政府に要望しますが、増税分がそのまま価格に上乗せされるか未だに不透明。消費者の動向は敏感なままです。

今週の時事経済記事です。

weekly2.jpg
スマホ急普及の裏で料金滞納173万件!信用情報機関CIC:安易な滞納は高い代償
[2012.8.25配信]
IT専門調査会社のIDCジャパンは、今年第1四半期(1月~3月)の携帯電話出荷台数が1,016万台になったことを発表。前年同期に比べ17.3%増加し、3四半期連続して1,000万台を超える出荷数となりました。特にスマート・・・・・・・・続きはこちらから

LCC3社、お盆休みの搭乗率ほぼ満席!大手2社は海外路線増加、国交省は競争力強化に規制緩和
[2012.8.24配信]
航空各社は8月20日、お盆休み(10日~19日)期間中の利用実績を発表しました。ANAは、国際線の旅客数が前年同期比11.9%の22万人と増加しましたが、国内線旅客数は同比2.5%減の147万、搭乗率も73.2%にとどまりま・・・・・・・・続きはこちらから

整備新幹線、事業費3兆4000億円相次ぐ起工式/経済効果試算、札幌600億、北陸960億、長崎130億と強気
[2012.8.23配信]
国土交通省は、6月29日に整備新幹線の未着工3区間を正式に認可し今月、現地では相次いで起工式が行われました。8月18日には長崎市で九州新幹線の長崎・諫早間の起工式。翌19日には、福井市で北陸新幹線の金沢・敦賀間・・・・・・・・続きはこちらから

マンション発売戸数:近畿圏6割増、4年ぶり2.5千戸超え!首都圏契約率11ケ月連続7割超
[2012.8.22配信]
近畿2府4県の7月の新規マンション発売戸数は、前年同月比66.6%増の2,599戸と大幅に増加しました。販売戸数が2,500戸を超えたのは、リーマンショック前の平成20年6月以来、約4年ぶり。発売月に売れた契約率も80.1%と・・・・・・・・続きはこちらから

レアアース、官民一体で中国依存5割以下に!東芝、三菱、日立は代替技術を開発
[2012.8.21配信]
東芝は8月16日、世界生産の約9割以上を占める中国レアアースのジスプロシウムを使用しないモーター用磁石を開発したと発表。豪州や米国に豊富に存在するサマリウムを主原料に、一般的に利用されているネオジム磁石同等のサマ・・・・・・・・続きはこちらから

トヨタEV技術誇示、ヒルクライムレースで優勝!EVのF1は2年後?ル・マン24はHV初参入
[2012.8.20配信]
世界一過酷な自動車レースと称される米コロラド州のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレースは、8月12日に行われEV(電気自動車)クラスでトヨタ自動車のEVレースカーが初優勝。チーム監督を務めたのは、・・・・・・・・続きはこちらから

[2012.8.26]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2012/8/20~8/25

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/857

コメントする

八木雲水プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
八木雲水
開運占卦気学祐気方位鑑定

「淮南子」(紀元前170年ごろ編纂)を信奉、陰陽家五行説、古神道、納音、暦を観ながら時の政権の為政者、経営者、リーダーの悩みや向かうべき方向を示唆している。 平成6年、畿内にて陰陽道、道教、妙見信仰を教学、「空」の存在を認識し先人の英知を得る。為政者、経営者へ経世在民を指導、信条の「ともに歩む」を基本に、激変する社会環境でこれからの進むべき道しるべを標榜している。

平成21年首相直轄諮問会議「経済政策諮問会議」メンバー、政策立案にも携わり「中小企業金融円滑化法」立案にコメントする。経済書籍、小説など著書15冊以上を出版、42歳で透析患者、55歳で腎臓移手術以来リハビリの成果で健康的な生活が出来るまでに回復した。 令和2年武漢肺炎(新型コロナウイルス)の慢性既往症ある知人が家族にも看取られないまま悲惨な最期を迎えたと知り、一刻も早いコロナ禍の終焉を願っている。

≪宗旨、所属≫臨済宗雲水、町田宗鳳禅師に師事、天河弁財天社たたら講構成員、祐気採りの会斎主

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30