二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

4月18日は「発明の日」です。

■4月18日は「発明の日」です。■
180409_12.jpg発明の日(はつめいのひ)は、明治18年(1885)4月18日に、現在の特許法の前身である「専売特許条例」が初代特許庁長官を務めた「高橋是清」らによって公布されたことを記念して、特許、意匠、商標などの産業財産権制度の普及・啓発を図ることを目的として昭和29年(1954)に制定された記念日です。毎年4月18日。

この日を中心に、特許庁や経済産業省によって様々なイベントが開催されます。
また、発明の日を含む1週間は、「科学技術週間」です。

160414_20.jpgアメリカの第16代大統領、エブラハム・リンカーンは、大統領に就任する前年の1859年(日本では安政年間)の演説で、
「特許法は、発明者に一定期間、独占権を補償することによって、天才の火に利益という油を注いだ」
と述べています。特許制度に支えられた産業を礎として、20世紀にアメリカは大いなる繁栄を遂げました。

 
180409_13.jpg日本においても、明治18年(1885)に特許制度が導入されてから、多くの発明者や研究者の方々が知恵を絞って研究を行い、特許を生み出し、私たちの生活を便利にしてきました。
特許制度は、日本人の技術を支え経済成長をもたらす重要な役割を果たしてきました。(特許庁HP)

「発明の日」を機に、未来を拓く産業財産権制度の重要性について、みなさんも考えてみませんか。


◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

これを機会に20~30年前の生活様式を振り返ってみて、今では身近になった数々のイノベーションを振り返ってみましょう。種々の発明によってこれからの生活様式が、どのように変化するのか見届けたいものです。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 4月18日は「発明の日」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1374

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30