二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

3月22日「NHK放送記念日」です。

■3月22日「NHK放送記念日」です。■
130306_20.jpgこの3月22日のNHK放送記念日は、大正14年(1925)3月22日にNHK(当時東京放送局)がラジオの仮放送を始めたのを記念し、昭和13年に制定されたものです。

東京放送局は電機メーカーや新聞社などが共同で設立した社団法人で、初代の総裁は東京市長や逓信大臣・満州鉄道総裁などとしても知られる後藤新平でした。当時同様の動きが東京・大阪・名古屋にもあり、JOAK=東京放送局、JOBK=大阪放送局、JOCK=名古屋放送局、とそれぞれコールサインが決められていました。

この時期に放送局が相次いでラジオ局が産声をあげたのは大正12年(1923)の関東大震災の反省からです。震災当時、多くの根もない噂が飛び交い、そのために朝鮮系の人たちが襲撃されて命を落としたりという事件が多数起きました。そこで、何時にでもいち早くに国民に正しい情報を伝えるメディアが望まれたのでした。

関東大震災の復興に東京市長として尽力した後藤新平は、特にこのラジオ放送の事業に乗り気であったと伝わります。

130306_21.jpgNHK(現日本放送協会)は、大正14年(1925)3月1日に開局し、22日午前9時30分、東京芝浦にあった東京高等工芸学校に設けられた仮設スタジオから「JOAK。こちらは東京放送であります。こんにちただいまより放送を開始いたします。」という京田武男アナウンサーによる第一声が流れました。これが日本におけるラジオ放送の始まりです。

開設当時の受信契約者数は5455人。当時ラジオを置いた商店の前は、毎日のように人が群がりました。

放送記念日は、その後昭和18年(1943)に制定されました。この日、放送文化の発達に貢献した個人に対して「放送文化賞」が贈られます。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
平成23年の東日本大震災の時には、パソコンや
ネットなどメディアが当初機能せず、ラジオによる情報がもっとも役に立ちました。メディアの発達と供に複数の情報入手手段を、日ごろから心得ることが大切です。

季節の変わり目です。
読者の皆様お体ご自愛専一の程

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 3月22日「NHK放送記念日」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/966

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31