二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月1日「都民の日」です。

■10月1日「都民の日」です。■
141002_20.jpg10月1日は「都民の日」です。明治31年10月1日「東京市」が誕生し、市役所が開設されました。この「東京市自治記念日」が「都民の日」に改まったものです。

「都民の日」とは「東京都民がこぞつて一日の慰楽をともにすることにより、その自治意識を昂揚し、東京都の発展と都民の福祉増進を図る」ことを目的とし、昭和27年(1952)10月1日から施行されています。

東京都では「都民の日」を記念し、施設の無料公開や記念行事が行われます。浜離宮恩賜庭園、旧芝離宮恩賜庭園、小石川後楽園、六義園、神代植物公園、葛西臨海水族園などの無料公開。また、記念行事では、浄水場の施設見学会などがあります。(下記参照)

この日、都内の公立学校はお休みになります。

◇入場料、観覧料無料◇
•浜離宮恩賜庭園 03-3541-0200
•旧芝離宮恩賜庭園 03-3434-4029
•小石川後楽園 03-3811-3015
•六義園 03-3941-2222
•旧岩崎邸庭園 03-3823-8340
•向島百花園 03-3611-8705
•清澄庭園 03-3641-5892
•旧古河庭園 03-3910-0394
•殿ヶ谷戸庭園 042-324-7991
•神代植物公園 042-483-2300
•多摩動物公園 042-591-1611
•恩賜上野動物園 03-3828-5171
•葛西臨海水族園 03-3869-5152
•井の頭自然文化園 0422-46-1100
•夢の島熱帯植物館 03-3522-0281
•東京港野鳥公園 03-3799-5031
•東京都江戸東京博物館(常設展のみ) 03-3626-9974
•江戸東京たてもの園 042-388-3300
•東京都写真美術館(収蔵展・自主企画展のみ) 03-3280-0099
•東京都現代美術館(常設展のみ) 03-5245-4111


◇施設使用料無料◇
•京浜島勤労者厚生会館(テニス・卓球・バドミントン)(個人)(1時間のみ) 03-3790-2491
•八王子労政会館体育室(個人)(1時間のみ) 042-645-7451
 
◇記念行事◇
消防博物館 消防ヘリコプター搭乗撮影会 1) 10時00分~11時30分 2) 13時30分~15時30分 03-3353-9119
池袋防災館 •小中学生向け防災普及展示

本所防災館 •親子消防官撮影会
•来館記念プレゼント 9時00分~17時00分 03-3621-0119
立川防災館 •目指せ未来の消防官撮影会
•防災クイズ 9時00分~17時00分 042-521-1119
東京都水道歴史館 •江戸上水史跡めぐりと講演会
講演会の後、神田上水の史跡を講師と一緒に巡る。
 10時30分~16時00分※要事前予約 03-5802-9040
奥多摩水と緑のふれあい館 •小河内ダムに関するビデオ上映
•アンケート回答者への記念品の配布 10時30分~16時00分 0428-86-2731
東村山浄水場 •水道施設見学会
浄水場内施設の見学、浄水処理の簡単な実験、ビデオ等により浄水場の仕組みを説明する。
 見学会の実施時間は、各浄水場で異なります。

詳細は、東京都水道局ホームページにてお知らせします。 
042-397-8203 

境浄水場 0422-51-4505
小作浄水場 042-554-4911
三園浄水場

問い合わせ先
◇生活文化スポーツ局文化振興部文化事業課
◇電話03-5388-3141

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
豊洲市場も移転が決まって無事解決しました。2020年のオリンピックに向けて都市整備や改修をすすめていきたいものです。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月1日「都民の日」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/872

コメントする

八木雲水プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
八木雲水
開運占卦気学祐気方位鑑定

「淮南子」(紀元前170年ごろ編纂)を信奉、陰陽家五行説、古神道、納音、暦を観ながら時の政権の為政者、経営者、リーダーの悩みや向かうべき方向を示唆している。 平成6年、畿内にて陰陽道、道教、妙見信仰を教学、「空」の存在を認識し先人の英知を得る。為政者、経営者へ経世在民を指導、信条の「ともに歩む」を基本に、激変する社会環境でこれからの進むべき道しるべを標榜している。

平成21年首相直轄諮問会議「経済政策諮問会議」メンバー、政策立案にも携わり「中小企業金融円滑化法」立案にコメントする。経済書籍、小説など著書15冊以上を出版、42歳で透析患者、55歳で腎臓移手術以来リハビリの成果で健康的な生活が出来るまでに回復した。 令和2年武漢肺炎(新型コロナウイルス)の慢性既往症ある知人が家族にも看取られないまま悲惨な最期を迎えたと知り、一刻も早いコロナ禍の終焉を願っている。

≪宗旨、所属≫臨済宗雲水、町田宗鳳禅師に師事、天河弁財天社たたら講構成員、祐気採りの会斎主

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30