二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

9月20日「空の日」です。

■9月20日「空の日」です。■
180915_20.jpg空の日」とは、元「航空の日」のことです。明治43年(1910)12月19日、徳川好敏大尉(アンリ・ファルマン機)、日野熊蔵大尉(グラーデ単葉機)が、代々木練兵場に於いて、日本初の動力飛行を行い成功しました。その距離約300m明治44年、所沢に日本初の飛行場が完成しました。
 
翌年9月20日、山田猪三郎が開発した「山田式飛行船」は、滞空時間1時間の東京上空一周飛行に成功しました。これを記念し、昭和15年(1940)9月20日「航空の日」と決め、以来大東亜戦争の終戦まで各種の飛行事が行われました。
一説には、
3月10日の陸軍記念日や5月27日の海軍記念日避けて、秋の晴れの特異日を選んだともされています。
 
一時中断していましたが、戦後の昭和28年(1953)に運輸省と日本航空協会が復活させ、民間航空再開40周年にあたる平成4年(1992)に「空の日」と改称されました。

シンボルキャラクターの
「くにまるくん」は「空の日」改称の時に誕生しました。9月20日にちなんで「9(く)2(に)0(まる)」と命名されました。
地球が飛んでいるその躍動的な姿は、地球的規模での航空による人、物及び文化の交流を表しています。また、「空の日」のキャッチフレーズは、航空の楽しさと限りない可能性を表す「もっと感動、空はフロンティア」です。

民間航空再開以来半世紀の間に、地方空港開設をはじめとして、めざましい発展を遂げている日本の航空産業は、社会に欠かせない公共交通機関の一つとなっています。

180915_21.jpg国土交通省航空局では、航空の発展に尽力された航空功労者に対して表彰を行う記念式典が開催されます。
また、9月20~30日を「空の旬間」とし、全国の空港等で管制塔見学会や航空教室などのイベントや、航空局・航空会社・空港管理会社などが各地の空港・レーダー事務所などにおいて、管制塔などの空港施設見学、航空教室等を開催します。

◇空の日ネットhttp://www.soranohi.net/
◇国土交通省航空局HP:http://www.mlit.go.jp/koku/03_information/02_sora/index.html

180915_22.jpg◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
日本の旅客機産業は昭和40年(1965)3月30日に「YS-11」が量産1号機を運輸省航空局に納入、4月からはANAなど航空各社への納入が始りました。日本が独自の旅客機を開発するのはYS-11以来、約40年間途絶えていたのです。
平成25年(2013)納入予定で開発が始まった
三菱リージョナルジェット「MRJ」は、遅れに遅れて平成32年(2020)納入を目指していまず。明治43年(1910)に日本人初飛行以来110年技術面や信頼性の高い「ジャパン品質」で世界に打って出てもらいたいものです。
筆者敬白


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 9月20日「空の日」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/392

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30