二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

6月4~10日、「歯と口の健康週間」です。

■6月4日~「歯と口の健康週間」です。■


180528_32.jpg

厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が昭和33年(1958)から実施しています。 昭和3年(1928)から昭和13年まで日本歯科医師会が、「6(む)4(し)」にちなんで6月4日に「虫歯予防デー」を実施していました。

昭和14~16年まで「護歯日」、昭和17年には「健民ムシ歯予防運動」としていました。昭和18~22年までは中止されていましたが、やがて昭和24年、これを復活させる形で「口腔衛生週間」が制定されました。

180528_33.jpg昭和27年(1952)に「口腔衛生強調運動」、昭和31年(1956)に再度「口腔衛生週間」に名称を変更し、昭和33年(1958)から現在の「歯の衛生週間」になりました。

歯の衛生に関する正しい知識を国民に対して普及啓発するとともに、歯科疾患の予防処置の徹底を図り、併せてその早期発見、早期治療を励行することにより歯の寿命を延ばし、国民の健康の保持増進を寄与することを目的としています。

平成25年度(2013)から「歯と口の健康週間」になりました。平成23年8月の「歯科口腔保健の推進に関する法律」の施行によって、歯だけではなく口腔全体の健康を増進していくことを目的に、名称を変更しました。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 6月4~10日、「歯と口の健康週間」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/779

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30