二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

3月25日「電気記念日」です。

■3月25日「電気記念日」です。■
明治11年(1878)3月25日、日本で初めて電気が灯りました。

120306_69.jpgこの日、東京都中央区銀座木挽町で電信中央局の開設祝賀会が、虎ノ門の工部大学校(現在の東大工学部)ホールで開かれました。式場でイギリス人エアートン教授が「50個のアーク灯」を一斉に点灯させました。

エジソンが実用的な炭素電球「白熱灯」を発明したのは1879年のことです。その白熱灯が日本にも輸入され、明治19年(1879)には東京に電灯会社が生まれました。

120306_65.jpg電気の動力への利用は、明治23年(1890)11月、東京・浅草の凌雲閣(12階建て)のエレベーター用として、7馬力電気モーターに供給されたのが初めてです。明治28年2月には、京都伏見線電気鉄道が初めて営業運転を行いました。

昭和2年「日本電気協会」総会で、3月25日を「電気記念日」と制定しました。翌年の昭和3年から毎年、全国各地で記念行事が開催されています。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
今日では当たり前の「電気」ですが、東日本大震災時には東京都内でも輪番で停電を実施しました。停電して初めてありがたさを実感したものです。
私たちは、日頃当たり前ものが無くなると、とたんに不自由さを覚えるものです。これを機会にいわゆる「当たり前」に気持ちを置いて感謝しましょう。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 3月25日「電気記念日」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/717

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31