二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

3月1~7日「春季全国火災予防運動」です。

■3月1~7日「春季全国火災予防運動」です。■
3月1日から恒例の「春季火災予防運動週間」です。3月1日~7日までの7日間、春の火災予防運動が実施されます。

120216_30.jpg

この運動を機に、日頃忘れがちな火災に対する注意を喚起し、一人ひとりが防火の重要性を自覚し、日常生活での防火を実践し、さらに住民、事業所の関係者及び消防機関が一体となり、火災予防を推進し、火災による死傷者の発生や財産の損失を防ぎましょう。

ちょっとした不注意から発生する火災!火の取り扱いには十分気を付けるとともに、万が一に備えて、バケツや浴槽に水を入れておきましょう。

消防署員や地元消防団員が建物への立入査察、住宅防火診断、防火講演会、防災訓練等を行ないます。 行事やイベントがあれば積極的に参加し、防火に対する正しい知識・技能の習得に努めましょう。

130214_21.jpg

火災予防運動迎え火災予防の意識を一層高めるとともに、火災の発生・拡大を防止し、火災から尊い生命と貴重な財産を守ることを目的としています。防火標語『消したはず 決めつけないで もう一度』(全国統一防火標語)

◇火災予防運動の起源◇
米国における火災予防運動は、1911年10月9日合衆国全土にわたってはじめて行われた「火災予防デー」が起源。我が国もこれにならって行われるようになりました。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
福井の「左義長祭り」や「東大寺二月堂修二会」などこの時期に火祭りが続きます。陰陽五行説では金気と火気、火剋金。火を使い金属を剋する(克する:コントロールする)とあります。

ともあれ皆さん、いつまでもあると思うな「親」と「金」、ないと思うな「運」と「災難」です。災難にはいろいろありますが、昔「火廻要慎」、今「火の用心」、今も昔もお出掛け前の火の始末!
火の用心 ことばを形に 習慣に』
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 3月1~7日「春季全国火災予防運動」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/676

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28