二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

11月9日「太陽暦採用記念日」です。

111104_12.jpg

■11月9日「太陽暦採用記念日」です。■
太陽暦」とは、地球が太陽の周囲を一回りする時間を1年と定めた暦で、「陽暦」あるいは「新暦」ともいいます。太陽の黄道上の運行、季節の交代する周期をもとに作られた暦法で、一太陽年(一回帰年)の長さに基づき暦年を設定し、月の運行(満ち欠け)による周期は考慮しません。

明治5年(1872)11月9日、それまでの太陰暦(旧暦※月の運行を基準とする)を廃止して太陽暦(新暦)を採用するという詔書を布告し、西暦を基準にすることになりました。

そのため、明治5年12月2日でその年が終わりになり、本来なら12月3日になる翌日が突然、明治6年1月1日になったのです。

141101_26.jpg

準備期間がほとんどなかったので国内は混乱しましたが、福沢諭吉などの学者合理的な太陽暦を支持し、普及させるための書物を著したりしました。

因みに、改暦せずに翌年を迎えた場合、旧暦でいう閏月のある年でした。閏月があると1年は13ヶ月になります。当時、財政難だった明治政府は、公務員の年13回の給料支払いを回避したかったのが本音かもしれません。

太陽暦に改暦の結果、公務員2か月分の給料を節約できた計算になります。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
いつの時代も政府は、目先の都合ばかりに目を奪われがちです。平成の世の中のTPPや年金給付の年限延長、赤字国債に復興債ばど明治の改暦も、見方によっては場渡り的な感じをぬぐえません。
太陰暦から太陽暦に替わっても、春夏秋冬の訪れに変化はありません。いつの世になっても、四季を楽しみ日々の生活にメリハリを持たせましょう。
季節の変わり目です。お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 11月9日「太陽暦採用記念日」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/488

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28