二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月26日「原子力の日」です。

■10月26日「原子力の日」です。■
111017_6.jpg原子力」とは、原子核変換により得られるエネルギー(核エネルギー)のことです。または、そのエネルギーを得る方法のことをいいます。

原子核反応により発生するエネルギーは、石油石炭など化石燃料によるエネルギーに比べて桁違いに大きいものです。

昭和38年(1963)10月26日、茨城県東海村「日本原子力研究所」の動力試験炉が、原子力による発電に成功しました。また、昭和31年のこの日、国連の専門機関の一つである「国際原子力機関」に加盟したという日でもあり、これらを記念して「原子力の日」が設けられました。

原子力の利用目的には、「平和利用」および「軍事利用」があります。原子力の利用目的を平和利用に限るための国際機関としてIAEAがあります。

日本における原子力の研究開発及び利用は、「平和の目的に限定」し、民主的な運営のもとに自主的に行うもので、その成果を公開して国際協力に資するという原子力三原則があります。

原子力の平和利用とは核分裂や核融合で生じる「熱エネルギーの利用」のことを指します。平成6年6月現在で世界の30カ国または地域で原子力発電が行われ、日本では54基の原子力発電所が稼働し、日本の発電量の31.2%を原子力発電が占めるまでになっています。

原子力の平和利用のもう一つは「放射線」の利用。医療用のX線撮影は診断には欠かせない手段の一つとなっています。

121017_22.jpg

◇日本初の原発事故◇
平成23年(2011)3月11日の東日本大震災で、四基の原子力発電所は、水素爆発からメルトダウンという痛ましい事故被害に遭いました。周辺30kmの方々は避難を余儀なくされています。平成24年当初は日本全国の原子力発電所が点検の為に停止しました。

なんと日本中にある54基全ての原発が停止したのです。翌平成24年(2012)福井の大飯原発が、関西圏の夏場の電力事情を理由に稼動を開始。その時点で原発事故調査が終わってなかった事から、大きな社会問題になりました。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
福島原発の事故以来、自然エネルギーのあり方が問われています。九州電力の川内原発が稼働しました。東日本大震災以来初の稼働です。
近年注目されている自然エネルギーは、これからの技術で、すぐに取って代われるものではありません。
社会が原子力に過敏になりすぎている感もありますが、技術革新のには一定の理解と時間が必要です。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月26日「原子力の日」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/462

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28