二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

9月15日「老人の日」15~21日「老人週間」です。

■9月15日「老人の日」15~21日「老人週間」です。■
110915_13.jpg9月15日「老人の日」15~21日「老人週間」です。国民の間に老人の福祉への関心と理解を深めるとともに、老人が自らの生活の向上に努める意欲を促すという二つの目的のために設けられています。
 
国はその趣旨に相応しい事業を実施するよう努めるものとし、国および地方公共団体は、老人の団体その他の者によってその趣旨に相応しい行事が実施されるよう奨励しなければなりません。

◇老人の日、表現の歴史◇
▼昭和22年(1947)兵庫県多可郡野間谷村で行われた敬老行事が始まりといわれます。
▼昭和25年(1950)には9月15日を「としよりの日」にする運動が開始されました。その後「としより」という表現に異議が起こりました。
▼昭和38年(1963)老人福祉法が改正されて、9月15日を法的に定めた「老人の日」と改められ、「老人を敬い慰め、励ますとともに、老人福祉に対する国民的理解を促進し、老人自身もまたその立場を自覚し、新しい社会建設に参加する」こと目的とする様々な敬老行事が催されました。
▼昭和41年(1966)敬老の日」と改められ、国民の祝日に追加されました。 これは「老人」も語感が悪いことから、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨として「敬老」と表現されました。
▼平成13年(2001)老人福祉法の改正により、9月15日を「老人の日」この日より1週間を「老人週間」と定められました。
▼平成15年(2003)から「敬老の日」は、祝日法の改正(ハッピーマンデー)により、9月第3月曜日になっています。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

生命はつないでくれた祖父母、先祖がいたからこそ、今の自分自身があるのです。今週は「老人週間」、来週15日には「敬老の日」です。最近は元気な方が多いと感じますが、ともあれ高齢者を敬いましょう。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 9月15日「老人の日」15~21日「老人週間」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/386

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30