二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

6月10日「時の記念日」です。

■6月10日「時の記念日」です。■
120528_50.jpg時の記念日」は、大正9年(1920)日本人にも「欧米並みに時間を尊重する意識を持つように」という趣旨で「時間を尊重・厳守し、生活の改善・合理化などを図る」のを目的として、生活改善同盟会によって制定されました。
 
日本書紀によると、天智天皇10年(671)4月25日(現在の6月10日)天智天皇が、宮中に「漏刻:ろうこく」を設置し、人々に時刻を知らせたと書かれています。
 
漏刻とは「水時計」のことで、日時計より正確な時刻を測ることが出来ます。この水時計の水の量を見て、鐘や太鼓を鳴らして時刻を知らせていました。
 
110607_10.jpgこの日、東京時計組合の主催による「時計感謝祭」が行われ、神田明神で古い時計のお焚き上げ供養が行われます。この日は「時間の大切さをかみしめる日」。時計は「斗鶴」「斗景」「自鳴鐘」などども書きます。
 
東経135度「日本標準時子午線」が通る明石市では、時の記念日の記念式典が行われます。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
180603_14.jpg時の記念日に振り返ってみると、人間は100歳まで生きても3万6500日です。皆さん既にどのくらい経過しましたか。半分に以上過ぎている方も、まだまだの時がある方も、残りの時間という名の人生を大切にしましょう。

梅雨時で季節の変わり目です。読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 6月10日「時の記念日」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/203

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30