二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

5月15日「沖縄本土復帰記念日」です。

■5月15日「沖縄本土復帰記念日」です。■

okinawakitte.jpg

次世界大戦の終結後の昭和26年(1951)、日本はアメリカの占領から開放されましたが、沖縄は日本から切り離されアメリカの統治下に入りました。

通貨はドルに切り替えられ、沖縄を出る時にはパスポートを必要としました。アメリカに統治され続けていた沖縄は、昭和46年(1971)に結ばれた「沖縄返還協定」により、翌年の昭和47年(1972)5月15日午前零時をもって、アメリカ合衆国から日本へ返還されました。


返還後の課題は多く、日本政府側は「本土並み」の復帰を目指しましたが、実際には30以上の米軍基地や弾薬庫、演習場などが残され、沖縄本土の約20%が米軍基地に占められ、ベトナム、中東などの戦役の拠点として引き続き使用されているのです。宜野湾市市街地にある普天間基地の移転計画も進展していないのが事実です。

130506_21.jpg沖縄は国内唯一の地上戦が繰り広げられたところです。戦争で取られた領土が戻ってきたことは本当に稀なことで大変嬉しいことですが、戦争が終わっても沖縄の地理的な条件の良さがアメリカ軍の拠点として使用されることになってしまいました。


沖縄県は、日本の最南端に位置し、九州と台湾のほぼ中間にあります。東西約1000km、南北約400kmにわたる約160の島々からなる日本唯一の島しょ県です。年間の平均気温は22.7度。サンゴ礁に囲まれた海と、独特の生態系を持った森が特徴的です。

130506_22.jpg沖縄」と言うのは「オキ・ナ・ハ」と言う三つの言葉から構成されています。「オキ=海の沖」「ナ=魚」「ハ=場」の意。つまり「沖にある漁場」が語源とされています。

慰霊の日(いれいのひ)は、沖縄県が制定している記念日で、日付は6月23日です。昭和20(1945)年6月23日に沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなんで、琉球政府及び沖縄県が定めた記念日です。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
忘れてはいけない歴史が刻まれている沖縄の返還で、太平洋戦争(大東亜戦争)は終わったとコメントした佐藤栄作首相の言葉が思い出されます。
原稿を書いているときに、鹿児島県の西表市の島が、沖縄の米軍基地移転の候補地の一つだったといった噂のような情報が持ち込まれました。おかしなことに所有者の会社は、ありえない容疑で国権の査察を受けたのです。どうやら日本国内には、沖縄の基地を移転させたくない勢力があるようで、佐藤首相の志が霞んでしまします。
東京でももうすぐ梅雨、季節の変わり目です。読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 5月15日「沖縄本土復帰記念日」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/167

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31