二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

2月19日(旧1月15日)「旧小正月」「旧小豆がゆ」です。

■2月19日(旧1月15日)旧「小正月」「小豆がゆ」です。■

120105_13.jpg

「小正月」は元日を「大正月」と呼ぶのに対する俗称で、近畿地方では「女正月」ともいいます。

月の満ち欠けを日付の基準にした「旧暦」では、1年の最初の満月の日「旧暦1月15日」が正月でした。

しかし、新暦が採用されてからは、1月1日を1年の初日としました。そこから「元日を大正月」「15日を小正月」と呼ぶようになったのです。

大正月の「門松」に対して、小正月には「餅花や削り花」などを飾ります。餅花とは、餅を薄くのばして丸く平たく切って彩色したもの。削り花とは、神仏などに供える飾り棒のことです。「花正月」とも呼びます。

◇小豆がゆ◇
小正月の朝、五穀豊穣を願う農耕儀礼のひとつとして「小豆がゆ」を食す習わしがあります。

古く「土佐日記」「枕草子」などにも、小豆粥を食べたことが記されています。
120104_19.jpg
◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
「小正月は」旧暦から新暦を採用してからの慣習で、明治以降の暦に載りました。皆様、旧暦の小正月の今日、小豆がゆを食して枕草子の時代に思いをはせましょう。
暦を詠みその日の生活習慣から歴史を感じることも文化人なりの余裕のひとつです。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2月19日(旧1月15日)「旧小正月」「旧小豆がゆ」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1677

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28