二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

7月13日「ぼん迎え火」です。

■7月13日「ぼん迎え火」です。■
100709_1.jpg先祖の霊をお迎えするのが迎え火、送るのが送り火です。

迎え火」とは、麻の茎を乾燥させた麻幹(おがら)を松明(たいまつ)のように立てて火をつけたもの。先祖の霊が迷わずに帰って来られるように、道しるべとります。
外から内に入るように火をまたぐと、先祖の霊を迎え入れたという意味に。


火を焚くかわりに、
軒先に電気提灯を下げる場合もあります。迎え火は家の門口や玄関で行う場合もあれば、お墓で行う地域もあるなど、その形態はさまざまです。

75-3.jpg

一般には、家の門口や玄関で、焙烙(ほうろく)という素焼きのお皿の上でオガラを焚いて、先祖の霊を迎えます。
お墓で行う場合は、お墓参りしたあと、お迎え用の提灯に明かりを灯して、その明かりと共に先祖の霊を家まで導いて帰ります。
また先祖の霊先は、盆提灯の明かりを目印にして家に帰ってくるといわれています。このように、お盆には必ず盆提灯を飾るのです。

◆編集後記
日本各地では旧盆(8月)を習慣にしている地域が多くあります。旧盆に夏祭りや盆踊りが習慣化にされていています。社会的にもお盆休みや学校の夏休みは7月の後半からになることが多く、お盆=夏休みでやはり日本の各地では8月お盆が主流のようです。
この時期梅雨明けしていて体調を崩しやすい時期です。
皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 7月13日「ぼん迎え火」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1625

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31