二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

8月13日は月遅れ「お盆迎え火」です。

■8月13日月遅れ「盆迎え火」です。■
日本各地で行われている「お盆の行事」は、各地の風習や宗派による違い等によ100709_1.jpgって様々です。一般的には先祖の霊が帰ってくると考えられ、お盆は先祖の霊と一緒に過ごす期間とされています。

現在では、8月15日を中心に「月遅れ盆」(旧盆)行事をするのが一般的のようです。

これは、明治になって新暦が採用されると、7月15日は農作業の繁忙期と重なり、これでは農家の人達にとって、お盆行事を行うには都合が悪いので、お盆をひと月遅らせて、旧暦の閑散期に先祖の供養をしようということからです。

140809_20.jpg

古く「迎え火」とは、麻の茎を乾燥させた麻幹(おがら)を松明(たいまつ)のように立てて火をつけたもの。先祖の霊が迷わずに帰って来られるように、道しるべとなります。


◇◇お盆の過し方◇◇
7日「七日盆」
お盆を迎えるに当たり、お墓を磨いたり、掃除をしたりします。
12日「草の市」
期間中の花やロウソクなどを買って、迎え盆の準備をします。
13日「迎え盆」「迎え火」
お迎えした先祖の霊は、仏壇ではなく「盆棚」(精霊棚)に祀ります。仏壇の前や縁側などに盆棚を作り、墓参りに行き、玄関に迎え火を焚いて、霊を迎えます。
15日「盆」「藪入り」
奉公先に休みをもらって、お盆や正月に帰省することを藪入り(やぶいり)といいます。家族揃ってゆったり過ごしたり、親戚の盆棚へお参りに行ったりします。
16日「盆送り火」「精霊送り」
お盆の最後の日。先祖の霊が無事にあの世へ戻れるよう、海や川に供え物や舟を流したり、送り火を焚いてお迎えした霊を送り出します。

100709_3.jpg◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
8月の旧盆には帰省、旅行などお盆休みを利用した計画されていることでしょう。
お盆の時期、是非先祖に対し思いを馳せて、墓参などにお出かけ下さい。現代は混沌とした世の中です。「このままでいいのだろうか」と墓前にて、お伺いを立てるのも一つの供養です。
父ならどうするだろうか、母ならどうするだろうか。皆さんの体には、先祖の経験が受け継がれているのですから、必ずタイムリーな回答が脳裏をよぎるはずです。
お盆のこの時期ぜひ墓参にお出かけ下さい。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8月13日は月遅れ「お盆迎え火」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/849

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31