二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

1月6~7日「六日年越し」「七日正月」です。

■1月6~7日「六日年越し」「七日正月」です。■ 150105_23.jpg
正月六日に行われた正月行事の一つで、六日の日を「六日年」や「六日年越」と呼び、もう一度「年をとり直す」という日でした。
翌七日は「七日正月」といい、六日年越しと七日正月は一対として使われました。 

六日年越しは、神年越し、女の年越し、馬の年越しなど呼んでいた地域もあります。 
この夜の行事は、大みそかに似たものが多く、麦飯を食べ、沢蟹をちがやの串に刺して玄関口にはさんだり「蘇民将来」と書いた札を張ったり、柊(ひいらぎ)などとげのある木の枝を飾るなど、さまざまな習慣が地域ごとに見られます。 
中には蟹年取りといって、蟹を食べその鋏(はさみ)を差したりする風習もあります。

120105_10.jpg

六日に採ってきた七草などを切りながら、六日の夜から七草囃子(ななくさばやし)を歌いながら準備した菜草は、七日の朝には七種粥に入れ、一年の無病息災を願い七日正月を祝いました。

◇「松の内」と外◇
元日から、七日までを松の内と言います。
正月飾りは新年に迎える年神の依り代です。
この正月行事の期間は、家の中に年神様を迎え入れていますから、この間は家自体が神聖な場所となります。  

家の玄関などに飾り付ける正月飾りは、この神聖な場所と俗世間を区切るもので、神社などの示す注連縄(しめなわ)の形を変えたものです。  

150105_24.jpg元日から続いた正月行事1月6日を越すと一段落となる頃で、家自体が神聖な場所であった正月も、七日をでその正月行事を解き、また日常生活をするの場へと戻ります。 
七日の朝以降は行事もなく、家は年神様の座所としての場所から日常の生活空間へと戻ります。
正月飾りを外すことから、門松など松がとれて7日には「松の内」が終わります。 

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
御用始めの後、社会では
新年会真っ盛りです。十四節季「小寒」から立春に向かって寒さの中にも春の気配が感じられる時節です。
油断から体調を崩さないようお体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 1月6~7日「六日年越し」「七日正月」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/597

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28