二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月28日(旧9月9日)、旧「重陽」です。

■10月28日(旧9月9日)、旧「重陽」です。■
120824_22.jpg重陽ちょうよう」とは五節句のひとつ。旧暦9月9日の節会のことで、「菊の節句」「九月節句」ともいいます。

今日は旧暦の9月9日です。新暦の重陽と区別するために旧「重陽」としました。

◇重陽の意味◇
陰陽思想や易での「偶数=陰(いん)」「奇数=陽(よう)」から、奇数の極みは「9」であり、9月9日は陽(よう)が二つ重なることから「重陽:ちょうよう」といい、大変めでたい日、節句とされました。また「重九:ちょうく」ともいいます。

◇菊の露を飲んで不老不死◇
重陽は邪気を祓い長寿を願う節会として、菊を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わしました。この日の前夜「菊の被綿:きせわた」といって、まだつぼみの菊の花に綿をかぶせ、菊の香りと夜露を染み込ませて、宮中の女官たちが身体を撫でて拭う習慣がありました。
 
これは「菊の露を飲んで不老不死になった」という童話の一節から。枕草子や紫式部日記の中から、菊の風習をうかがうことができます。中国では、菊の花には不老長寿の効果がある薬としての信仰があり、鑑賞用としてより先に、薬用として栽培されていました。皇室の紋章ともなっている菊のルーツは、薬用として中国から伝わりました。
またこの日、丘に登って「茱萸:しゅゆ=かわはじかみ」の実がついた枝を、頭に飾って邪気を祓うという習慣もありました。

120824_23.jpg◇重陽の節句◇ 
古く唐代の重陽は、2~3日間にわたって祝われました。これは李白の「九月十日即事」からもうかがい知ることができます。
 
日本には平安初期に伝わり「観菊の宴」という宮中の儀礼となりました。「重陽の宴」「菊見の宴」とも。天皇以下が紫宸殿に集まり、杯に菊の花を浮かべた酒を酌み交わし、群臣に詩歌を作らせたりして穢れを祓い長寿を願いました。
 
江戸時代には、五節句の中で最も公的な行事となり、武家では、菊の花を酒に漬して飲み祝いました。
 
120824_24.jpg◇庶民の重陽◇
旧暦の9月9日は、現在では10月にあたります。ちょうど田畑の秋の収穫の頃で、農山村や庶民の間では「栗の節句」とも呼ばれて「栗飯」などで節句を祝いました。 

江戸時代には盛んに行われていた「重陽の節句」が、現代では廃れているのは、9月では菊が咲く時期ではないことが、原因なのかも知れません。
 
■五節句とは、年中行事を行う中で重要とされた日(節目)のことです。
正月7日=人日(じんじつ)3月3日=上巳(じょうし)5月5日=端午(たんご)★7月7日=七夕(しちせき)9月9日=重陽(ちょうよう)をいいます。


◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
重陽と菊は、切っても切り離せないものです。このように、季節の草花と暦を重ね合わせて暦日にした例は「八朔」など他にもあります。明治以来、新暦になって廃れていく節会や撰日など、季節柄意味が伝わらないものが数多くあります。
歴史の中で育まれた、日々暦の意味を知りましょう。世知辛い世の中で、今日という日の意味を知る心のゆとりが欲しいものです。
旧暦の9月9日で旧重陽です。全国的に菊の花が咲くころで重陽の宴や伝説と一致します。
唐の代から不老長寿、無病息災は祈願されていたようです。
医学が進歩した現代でも健康維持は大切な目標です。お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月28日(旧9月9日)、旧「重陽」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/415

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28