二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月1日(旧暦8月15日)「十五夜(じゅうごや)」です。

■10月1日「十五夜(じゅうごや)」です。■

200130_23.jpg

十五夜:じゅうごや」とは、旧暦15日の夜のことで、「三五(さんご)の夕べ」「満月の夜」のこと。「中秋の名月の夜」のことを指し、それを鑑賞する日です。
 
「中秋:ちゅうしゅう」は、旧暦8月15日の呼び方です。旧暦では、7月・8月・9月を「秋」とし、7月を「初秋」、8月を「仲秋」、9月を「晩秋」と呼ぶことに由来します。中秋15日の満月の日を、特に「八月節」「中秋節」といいました。
 
※「仲秋」=旧暦8月のこと。
※「中秋」=旧暦8月15日のこと。
 
昔は月の満ち欠けによっておおよその月日を知り、農事を行っていました。十五夜の満月の夜は、祭儀の行なわれる大切な節目でした。
 
お月見・名月などとも呼ばれ、月下に酒宴を張り、詩歌を詠じ、祭壇を設けてすすきを飾り、月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、神酒を供えて月を眺めて楽しみました。
 
日本では古くから、望(満月)を拝する信仰があり、満月は豊饒のシンボルで、月光には神霊が宿っていると信じられてきたのです。
180917_20.jpg 
中国では唐の時代から行われ、日本には平安時代に伝わり、宮中や貴族の間に取り入れられ、観月の宴が盛んに催されてきました。後に武士や町民へと伝わり、農民の間では農耕行事と結びつき、収穫の感謝祭としての意味も持ちました。里芋など芋類の収穫儀礼であることから「いも名月」とも呼ばれます。
 
「月々に月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月」、十五夜の満月が最も素晴らしいとして鑑賞されるのは、秋になると空気が乾燥して月が鮮やかに見えることから特にもて囃されています。冬の月も鮮やかに見えますが、鑑賞するには寒すぎます。
 
せっかくの十五夜が曇りで月見が出来ないことも...。そこで十五夜前日の月見を「待宵月」、16日の月見を「十六夜月」、17日の月見を「立待月」、20日の月見を「寝待月」などど呼んで、名月を惜しみました。
 
110905_19.jpg十五夜の夜だけは他人の畑の作物を盗んでもいいのだとか...。お月見の供物を子ども達が盗んでもよいなどというおおらかな風習がありました。
秋田県に伝わる「片足御免」(他人の敷地に片足踏み込んで取るぐらいなら公認)とか、長崎五島の「まんだかな」などがそうですが、最近は悪習としてすたれました。
 
  「十五夜お月さん」 作詞:野口雨情 作曲:本居長世
 
♪十五夜お月さんご機嫌さん 婆やはお暇(いとま)とりました
 
♪十五夜お月さん妹は 田舎へ貰(も)られて ゆきました
 
♪十五夜お月さん母(かか)さんに も一度わたしは逢ひたいな 
お母さんが亡くなってしまはれたので、小さい妹は遠い田舎へ貰われて行ってしまったし、婆やもお暇をとって国へ帰ってしまってからは、自分一人がその後に残されたという淋しさを唱ったものです。
 
◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
今年は暦の上で二十四節気「寒露」の前の「十五夜」です。
十五夜の頃になると朝夕には涼しさを感じます。お月見を企画して月に見とれて、夜風邪などお召しにならないようになさってください。
皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月1日(旧暦8月15日)「十五夜(じゅうごや)」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/376

コメントする

八木雲水プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
八木雲水
開運占卦気学祐気方位鑑定

「淮南子」(紀元前170年ごろ編纂)を信奉、陰陽家五行説、古神道、納音、暦を観ながら時の政権の為政者、経営者、リーダーの悩みや向かうべき方向を示唆している。 平成6年、畿内にて陰陽道、道教、妙見信仰を教学、「空」の存在を認識し先人の英知を得る。為政者、経営者へ経世在民を指導、信条の「ともに歩む」を基本に、激変する社会環境でこれからの進むべき道しるべを標榜している。

平成21年首相直轄諮問会議「経済政策諮問会議」メンバー、政策立案にも携わり「中小企業金融円滑化法」立案にコメントする。経済書籍、小説など著書15冊以上を出版、42歳で透析患者、55歳で腎臓移手術以来リハビリの成果で健康的な生活が出来るまでに回復した。 令和2年武漢肺炎(新型コロナウイルス)の慢性既往症ある知人が家族にも看取られないまま悲惨な最期を迎えたと知り、一刻も早いコロナ禍の終焉を願っている。

≪宗旨、所属≫臨済宗雲水、町田宗鳳禅師に師事、天河弁財天社たたら講構成員、祐気採りの会斎主

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30