二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

9月11日「二百二十日(にひゃくはつか)」です。

■9月11日「二百二十日」です。■
110905_16.jpg「二百二十日:にひゃくはつか」は、雑節の一つで、立春から数えて220日目の日のことです。
 
二百十日(にひゃくとおか)と同じ意味を持ち、徳川幕府の暦編纂係り「渋川春海」が載せたものです。「八朔」・「二百十日」同様に台風の襲来を警戒を促す暦注です。昔から「八朔:はっさく」や「二百十日:にひゃくとうか」とともに「三大厄日」として恐れられてきました。
 
厄日とは、俗にいう「荒れ日」のことで、天候の悪い日の意です。台風が襲来すれば、稲は倒れて水に浸かったり、花が吹き飛ばされてしまい米が実らなくなります。農家にとっては凶作に見舞われる厄日とされます。
 
120811_31.jpg二百十日は徳川幕府の暦編纂係であった渋川春海が、品川の漁師から教わって作ったものだとか。渋川春海は釣り好きで、二百十日の日にも品川の沖に舟を出そうとしました。
 
その時、老漁師が海上の一点を指して「今日は立春から数えて210日目に当たるが、私の50年来の経験によれば、このような日は午後から海は大荒れになるから、釣りに出るのはよした方がいい」と言ったという。果たしてその日は大暴風雨になりました。
 
春海はこの気象現象を長らく研究し、貞享暦(1684)を編纂したときから記載したと伝わります。
 
◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
二百十日・二百二十日の台風の来襲は、商いの信用にも例えられています。決済期間210日や220日の手形を「タイフー手形」「風手形」などと言って嫌がります。
これは、豊作になって収穫ができる。または、台風襲来で稲穂が吹き飛ばされて、収穫が出来なくなってしまう。このように、どちらの可能性もあり、商売上、長期間の信用が続かないといった意味です。
9月に入り朝夕は冷え込むようになりました。皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 9月11日「二百二十日(にひゃくはつか)」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/374

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28