二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

8月1日「八朔(はっさく)」です。

■8月1日「八朔(はっさく)」です。■
八朔:はっさく」とは、旧暦8月1日のことで、「八」は「8月」、「朔」は「ついたち」の意です。
 
110728_6.jpg農家では、その年に取り入れた新しい稲などを、主家や恩人、知人に贈る風習がありました。のちに町家でも流行し、この日に上下貴賎それぞれ贈り物をするようになりました。
 
田実の祝い:たのみのいわい」「田の実の節句」ともいい、田の実とは稲の実りのことを意味し、これを祝うことから起こったといわれています。もともとは神への供物でしたが、「田の実」に「頼み」をかけて、頼み合っている方に謝恩の気持ちを表わすのです。
 
鎌倉後期より武家社会にもこの風習が取り入れられ、江戸時代には徳川家康の江戸城入城が「天正18年8月朔日」だったことから、幕府の重要な式日となり、正月に次ぐ祝日とされ、特に重んじていました。
 
明治改暦後は、新暦8月1日または月遅れ9月1日に行われるようになりました。
 
110801_19.jpg農家では「八朔の苦餅」や「八朔の泣きまんじゅう」といって、ぼたもちを食して祝いました。この日以降、下男下女の夜なべが始まり、辛い日々が待ち受けていました。
 
江戸の遊里吉原では、この日は紋日となっていて、遊女達は白無垢の小袖を着て客席に出たり、おいらん道中を行ったりしました。京都祇園では芸妓や舞妓が盛装し、お師匠さんや出入りの茶屋などへ挨拶に回ります。
 
また「八朔」は、8月1日頃に吹く強い風のこともいい、農家にとって二百十日・二百二十日とともに「厄日」(三大厄日)として、収穫前の稲の大敵として恐れられていました。
 
因みに、みかんの一品種「八朔・はっさく」は、1860年頃、広島県の寺の境内で偶然に発見された品種で、当時の住職が「八朔には食べられる」と言ったことから、八朔という名前がつきました。
 

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
8月に入り暑さも残暑になります。滋養のあるものを食して、体力の消耗を補いましょう。
くれぐれも暴飲暴食はなさらないように心がけましょう。
暦の上ではこれからが台風の季節です。強風による被害や台風上陸による交通機関の乱れなどが起こる時期です。お出かけの折には天気予報をご確認ください。
読者の皆様、まだまだ暑い日が続きます。お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8月1日「八朔(はっさく)」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/302

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31