二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

5月2日「八十八夜」です。

■5月2日「八十八夜」です。■
120417_34.jpg八十八夜」は、立春から数えて八十八日目にあたる日本独特の暦日で、5月初旬頃にあたります。明暦2年(1656)伊勢神宮刊行の伊勢暦に始めて記載されました。

八十八夜の別れ霜」「八十八夜の毒」「九十九夜の泣き霜」などという言い伝えのあるように、遅霜が降りる時期です。ほかには「八十八夜の忘れ霜」「さつき寒」とも言い、急に気温が下がって霜が降り 農作物や果樹に思いがけぬ被害を与えることを警戒しました。

霜なくて曇る八十八夜かな  正岡子規


120417_35.jpgお茶の葉は、一度「霜」に当たると駄目になってしまうので、霜を防ぐために藁(わら)をひきます。種蒔き、茶摘、養蚕などで忙しい農家にとって、せっかくの新芽を霜にやられてしまう「遅霜」が最も怖く、作物に与える害は大きいので、これに注意するよう暦に記載されるようになりました。

また、農家で「八十八夜の針たけ」とは、この頃に稲の苗がちょうど縫い針の丈くらいの大きさになることからです。

お茶の歴史は1200年。初夏に見られる茶摘みの光景を歌った歌「茶摘み」(童謡、文部省唱歌)にあるように、茶摘が盛んになります。

茶の産地、京都府宇治市静岡県掛川市東山などでは、昔ながら茶摘みかすり姿の女性たちが、茶畑で茶摘みの実演を行います。一番茶は二番茶以降のお茶よりも、うまみのもとであるテアニンなどの成分を豊富に含んでいます。八十八夜に摘まれた茶の葉は、古来より不老長寿の縁起物の新茶とされています。

120417_36.jpg【茶摘み】
1、夏も近づく八十八夜 野にも山にも若葉が茂る あれに見えるは茶摘じゃないか あかねだすきに菅の笠
2、日和(ひより)つづきの今日このごろを 心のどかに摘みつつ歌ふ 摘めよ摘め摘め摘まねばならぬ 摘まにゃ日本(にほん)の茶にならぬ

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
5月初旬の八十八夜は新茶の時期です。今年の新茶を煎じてのむと寿命が延びるとの言い伝えもあり是非お試しください。
暖かい日が続きよい季節です。日没後は急に冷え込みます。
読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 5月2日「八十八夜」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/138

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31