二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

◆二十四節気◆令和3年5月21日「小満(しょうまん)」です。◆

◆二十四節気◆令和3年5月21日「小満(しょうまん)」です。◆

200507_21.jpg

5月21日04時37分「小満:しょうまん」です。旧暦4月、巳の月の中気で、立夏から15日目にあたります。

5月20~21日頃。天文学的には、太陽が黄経60度の点を通過するときをいいます。


万物が次第に成長して一定の大きさの達し、満ち始めるという意味から「小満」といわれます。
暦便覧」には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されています。
また一説には「小満」とは昨年秋にまいた麦の穂がつく頃で、「ほっと一安心して、もう少して満足する」といった云われもあります。

syouman.jpg麦畑の穂が成長して緑黄色に色づき、山野の植物は花を散らして実を結びます。
田では苗を植える準備を始め、蚕が桑を盛んに食べ始めます。
この頃紅花が咲きほこり、日々ようやく暑さが加わり始める季節です。

GW明けの西日本では、蛍が姿を見せはじめ、小満を境に「走り梅雨」が始まる年もあります。
◆小満芒種◆沖縄編
梅雨は南から始まり、九州や沖縄では梅雨入りを小満芒種(すーまんぼーすー)とも呼びます。
◆小満芒種◆東日本編
関東から東では、小満から芒種までの梅雨入り前(今年は5月下旬~6月中旬)が一年で最も過ごしやすい季節です。
薄暑(うっすらと汗をかく)の時期で、5月の南風「薫風」と併せて入梅前の過ごしやすい季節の例えです。
この頃から梅雨になる年が多く、降水量は「台風シーズン」とこれからの「梅雨時」との二つのピークがあります。豪雪地帯の日本海側一部の地域を除いて、これからを雨季と呼んでいい時期です。
120430_62.jpg■■「七十二候」■■
初候「蚕起食桑」(かいこ おこって くわを くらう):蚕が桑を盛んに食べ始める。
蚕が桑の葉を盛んに食べ始める時節。
次候「紅花栄」(こうか さかう):紅花が盛んに咲く。
紅花(べにばな)の紅黄色の頭花が盛んに咲く時節。
末候「麦秋至」(ばくしゅう いたる):麦が熟し麦秋となる。
麦が熟して畑一面が黄金色になる時節。初夏の爽やかな好季節。
麦秋=陰暦4月に異称。

◆◆小満の頃の花◆◆
☆ツツジ(躑躅)☆ツツジとはツツジ科の植物、ツツジ属の植物の総称。

ドウダンツツジのようにツツジ科に属さない植物もツツジと呼ばれるものがある。
また、古くから、ツツジ属のツツジもサツキ、シャクナゲとを分けて呼んでいて、学術的な分類とは一致しない。長寿な樹木もあり、最も樹齢の古い古木は、800年を超え1,000年に及ぶと推定されている。

ツツジ属の植物は、4月から5月の春先にかけて先端が五裂している花を枝先につける。咲いた花を採ると、花片の下から蜜を吸うことができ、戦時中は子供たちの甘みとなっていた。一部レンゲツツジには毒があり、注意しなければならない。

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
140519_02.jpgその昔、株式市場や商品相場を生業にする方々の間では、「素人の小満過ごし」と言われていました。安心しているうちに、タイミングを見過ごさないように戒めた言葉です。
小満から芒種の時期、気候の良さから緊張感がなくなり、つい安心してしまい相場に限らずタイミングを、みすみす逃す事に警鐘をならしています。
それほど良い気候が続いて「のほほん」とた陽気が続きます。
6月には梅雨にはいります。
季節の変わり目、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◆二十四節気◆令和3年5月21日「小満(しょうまん)」です。◆

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/178

コメントする

八木雲水プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
八木雲水
開運占卦気学祐気方位鑑定

「淮南子」(紀元前170年ごろ編纂)を信奉、陰陽家五行説、古神道、納音、暦を観ながら時の政権の為政者、経営者、リーダーの悩みや向かうべき方向を示唆している。 平成6年、畿内にて陰陽道、道教、妙見信仰を教学、「空」の存在を認識し先人の英知を得る。為政者、経営者へ経世在民を指導、信条の「ともに歩む」を基本に、激変する社会環境でこれからの進むべき道しるべを標榜している。

平成21年首相直轄諮問会議「経済政策諮問会議」メンバー、政策立案にも携わり「中小企業金融円滑化法」立案にコメントする。経済書籍、小説など著書15冊以上を出版、42歳で透析患者、55歳で腎臓移手術以来リハビリの成果で健康的な生活が出来るまでに回復した。 令和2年武漢肺炎(新型コロナウイルス)の慢性既往症ある知人が家族にも看取られないまま悲惨な最期を迎えたと知り、一刻も早いコロナ禍の終焉を願っている。

≪宗旨、所属≫臨済宗雲水、町田宗鳳禅師に師事、天河弁財天社たたら講構成員、祐気採りの会斎主

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31