二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

11月23日「勤労感謝の日」、旧新嘗祭です。

■11月23日「勤労感謝の日」です■
141104_20.jpg勤労感謝の日は、「国民の祝日に関する法律」簡便称呼で「祝日法」(昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としています。昭和23年(1948)に公布・施行された祝日法によって制定されました。

 大東亜戦争前、農業国だった日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習がありました。また、その年の収穫物は国家としても1年を養う大切な蓄えとなることから、農産物・海産物など収穫物に感謝する大事な行事として、飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった「新嘗祭:にいなめさい、しんじょうさい」の日があります。

大東亜戦争後のGHQの占領政策によって皇室の祭祀、国事神道行事から切り離される形で「勤労感謝の日」に改められました。 このような歴史的経緯で「新嘗祭」だった祝日が新たに「勤労感謝の日」として制定されたのです。

 祝日法の趣旨の中の「勤労をたつとび」とは、「収穫をもたらした1年の勤労を尊ぶ」の意なのでしょう。この日を中心に各地で「農業祭」が行われます。農林水産物展示会・資材展・技術研究発表会などが催され、優秀参加出品には天皇杯や農林水産大臣賞が授与されます。

■11月「2回目の卯の日」が旧新嘗祭です。■

大東亜戦争前の「新嘗祭」は明治4年(1872)迄、旧暦11月の2回目の「卯の日」に行なわれていました。
天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、自らも新穀を食して、その年の収穫に感謝するという皇室の祭祀でした。
現在でも農業関係者による祭典という色彩が濃いのもこの頃の神事からの影響です。

 新嘗祭は、飛鳥時代、皇極天皇の御代に始められたと伝わります。一時中断されていましたが、元禄時代、東山天皇の御代に復活しました。
新嘗祭自体は、伊勢神宮及びそれに連なる神社の祭儀となり、伊勢神宮には天皇の勅使が遣わされて「大御饌:おおみけ=神が召し上がる食事」を供える形式となりました。

141104_23.jpg▼11月23日という日付の由来

戦前の新嘗祭の日付をそのまま「勤労感謝の日」に改たものです。
新嘗祭は旧暦11月の「2回目の卯の日」に行われていました。
明治3年(1873)に太陽暦が導入され、旧暦のままでは新嘗祭が翌年1月になってしまうので、新暦になっても11月の「2回目の卯の日」に行うこととしました。
 この時の日時が「11月23日」だったことから、以降この日付に固定されたました。

◆◆◆◆ 編集後記 ◆◆◆◆

勤労感謝の日も新嘗祭も収穫のよろこびを現した日です。汗水流して働き、得るものに感謝の気持ちを忘れなければ、必ず大きな喜びがくるものです。
11月に入り気温が今年最低だったと報道が目に付きます。通勤にコート姿の方を良く見かけるようになりました。寒さが日に日に厳しくなります。
お風邪などお召しにならないようにお体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 11月23日「勤労感謝の日」、旧新嘗祭です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1243

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30