二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月20日「上皇后誕生日」旧皇后誕生日です。

■10月20日「上皇后誕生日」旧皇后誕生日です。■
121015_22.jpg日本の今上天皇の皇后・美智子陛下(旧名・正田美智子)は、昭和9年(1934)10月20日、日清製粉勤務の正田英三郎・冨美(富美子と改名)夫妻の長女として、東京府・東京帝国大学医学部附属病院に於いてご誕生されました。お印は白樺。聖心女子大学文学部外国語外国文学科ご卒業。日本赤十字社名誉総裁。国際児童図書評議会名誉総裁。
 
昭和32年(1957)聖心女子大学文学部外国語外国文学科(英文
学)を首席で卒業。同年8月、軽井沢会テニスコートで開催されたトーナメント大会にて、当時皇太子だった明仁親王と出会います。「テニスコートの出会い」として知られます。その後もテニスを通して交際を深めたと伝わります。

 
明仁親王は美智子さんの写真を「女ともだち」と題して、宮内庁職員の文化祭に出品しました。皇太子妃には旧皇族・華族から選ばれるのが当然と考えられていた時代に、誰も彼女をお妃候補とは思わなかったようです。資産家の令嬢とはいえ、旧華族出身でない事から、香淳皇后、高松宮妃喜久子、秩父宮妃勢津子、常磐会会長松平信子らをはじめ、猛烈な反発を受けています。
 
昭和33年(1958)ベルギーに於いて開催された「聖心世界同窓会」第1回世界会議の日本代表として出席し、欧米各国に訪問旅行。
 
111016_3.jpg同年11月27日、結婚が皇室会議に於いて満場一致で可決されました。記者会見にて記者から明仁親王の魅力について問われ「とてもご誠実で、ご立派な方で、心からご信頼申し上げ、ご尊敬申し上げて行かれる方だというところに魅力を感じ致しました」と回答。これは流行語にもなりました。また第一印象について「ご清潔な方」とも。清楚で知的な美智子の姿は、絶大な人気を集め、明仁親王と美智子の巨大な写真がデパートに飾られ、「美智子さまぬりえ」が発売されるなど、当時はミッチー・ブームが起こりました。
 
昭和34年(1959)4月10日、皇太子明仁親王と結婚。明治以降初めての民間(士族以下)出身の皇太子妃となりました。1989年1月7日、明仁親王の即位に伴い皇后に。
 
国民に開かれた皇室の想起者といわれていますが、数々の発言や行動に見られるように、伝統を守ることを大切にしています。また、訪問相手や周囲で仕える者に対する気遣いを常に怠らず、慈悲深い姿は、多くの人々に感銘を与えています。
 
181010_15.jpg令和元年(2019)10月20日の今日85歳の誕生日を迎えます。

戦前は皇后誕生日を「地久節」と呼び、皇后陛下の誕生日を祝う日でした。一部の女子校などでは、休日にして祝われていたようです。昭和23年(1948)に、地久節は皇后誕生日に改称されました。

宮内庁◇東京都千代田区千代田1-1

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆平成天皇の退位によって平成皇后令和になって上皇后になりました。令和元年の今年最後の記載になります。
戦前は「地久節」と呼びました。祝日の呼び方ひとつで歴史や社会背景を感じます。
10月も下旬で木枯らしの吹く11月はすぐそばです。秋も深まってきました体調管理の難しい時期です。お風邪などお召しにならないよう、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月20日「上皇后誕生日」旧皇后誕生日です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1237

コメントする

八木雲水プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
八木雲水
開運占卦気学祐気方位鑑定

「淮南子」(紀元前170年ごろ編纂)を信奉、陰陽家五行説、古神道、納音、暦を観ながら時の政権の為政者、経営者、リーダーの悩みや向かうべき方向を示唆している。 平成6年、畿内にて陰陽道、道教、妙見信仰を教学、「空」の存在を認識し先人の英知を得る。為政者、経営者へ経世在民を指導、信条の「ともに歩む」を基本に、激変する社会環境でこれからの進むべき道しるべを標榜している。

平成21年首相直轄諮問会議「経済政策諮問会議」メンバー、政策立案にも携わり「中小企業金融円滑化法」立案にコメントする。経済書籍、小説など著書15冊以上を出版、42歳で透析患者、55歳で腎臓移手術以来リハビリの成果で健康的な生活が出来るまでに回復した。 令和2年武漢肺炎(新型コロナウイルス)の慢性既往症ある知人が家族にも看取られないまま悲惨な最期を迎えたと知り、一刻も早いコロナ禍の終焉を願っている。

≪宗旨、所属≫臨済宗雲水、町田宗鳳禅師に師事、天河弁財天社たたら講構成員、祐気採りの会斎主

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30