二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

10月9日(月)「体育の日」です。

■10月9日(月)「体育の日」です。■ 141104_24.jpg
昭和39年(1964)に10月10日に開催された「東京オリンピック開会式」での輝かしい成果と感動を記念し、昭和41年(1966)国民の祝日に関する法律によって「国民がスポーツに親しみ、健康な心身を培う日」を趣旨とし、国民の祝日に制定されました。 

昭和39年東京オリンピックの開会日が夏季オリンピック開催日としては異例に遅い10月10日となりました。それは、秋雨前線が去った後の東京地方の「晴れの特異日」だった事による、と言われていますが、昭和34年当時10月10日は特異日ではありません。

171005_10.jpg
昭和34年発効の「気象学ハンドブック」によれば、10月の晴れの特異日は14日とされています。 「特異日」とはその前後の日に比して特定の天気が集中する日のことで日本の観測史上、晴れる確率が最も高い日が「10月10日」で、この特異はいまでも継続中です。 

昭和36年(1961)に制定された「スポーツ振興法」では10月第1土曜日を「スポーツの日」としていましたが、この日は祝日ではありませんでした。その後、昭和39年に日本で初めて五輪大会「東京オリンピック」の開会式が開催されたため、それを記念して昭和41年(1966)から東京オリンピックの開会式のあった10月10日を「体育の日」として祝日に定めました。

平成12年(2000)からは「ハッピーマンデー法」の制定により、10月第2月曜日が「体育の日」となりました。 体育の日はスポーツ施設の使用料を割り引きや無料にしたり、様々な催し物を開催する所もあります。
モータースポーツの最高峰フォーミュラ1の日本グランプリもこの時期に行われることが多いです。
島根県出雲市では三大大学駅伝の開幕戦・出雲全日本大学選抜駅伝が行われます。

141104_26.jpg国民の祝日に関する法律
 
昭和23年法律 178号。国民が祝い、感謝し、記念すべき日を休日として定めた法律です。
元日 (1月1日)、成人の日(1月第2月曜日)、建国記念の日(2月11日<政令で定める日>)、春分の日 (春分日)、昭和の日(4月 29日)、憲法記念日 (5月3日)、みどりの日(5月4日)、こどもの日(5月5日) 、海の日(7月第3月曜日)、山の日(8月11日)、敬老の日(9月第3月曜日)、秋分の日 (秋分日)、体育の日(10月第2月曜日) 、文化の日(11月3日)、勤労感謝の日(11月 23日)、天皇誕生日(12月 23日) がそれです。 

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

体育の日の前後に運動会を開催する学校・団体は多いようです。
日頃スポーツに親しむことの少ない現代人は、運動会ではりきりすぎて病院にお世話になる事が絶えないと言います。
特に、運動会では「元陸上部」だったというパパが登場し、学生時代の自分の体と、現実の自分の体とのギャップがあることを忘れて走り、不完全燃焼を起こしてしまいがちです。
完全燃焼された方も次の日に筋肉痛に襲われるなど、どちらにしても大変です。
やはり運動会を楽しむためには、体育の日のみならず日頃からスポーツに親しむという努力が大切です。
季節の変わり目です。読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 10月9日(月)「体育の日」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1242

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31