二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

9月23日「秋分の日」、旧秋季皇霊祭です。

■9月23日「秋分の日」、旧秋季皇霊祭です。■ 
130909_21.jpg秋分の日」は、国民の祝日の一つ。祝日法では「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことを趣旨としています。暦の上の「秋分」と国民の祝日「秋分の日」を区別しています。 

秋分の日は、秋のお彼岸の最中で「彼岸の中日」にあたります。「昼と夜の長さが等しい」といわれますが、実際には昼の方が長いです。 

戦前は「秋季皇霊祭:しゅうきこうれいさい」といいました。毎年、秋分の日に宮中の皇霊殿で行われる皇室の大祭のことで、歴代の天皇・皇后・皇族など、皇祖の神霊を祀る儀式が行われました。 

戦後には、「秋分の日」と改名して、庶民が先祖を祀る日となりました。 

120914_23.jpg秋季皇霊祭◇皇室による先祖を祀る祭儀は、「古事記」「日本書紀」などに皇祖の御霊を祀ったとあります。平安時代中期以降、京都御所の清涼殿・御黒戸の間において仏式で執り行われていました。しかし、明治の神仏分離令により、神式による祭儀に変更されました。 

この日、皇霊殿前庭では宮内庁職員により「東遊:あずまあそび、東舞」の儀が執り行われます。 

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆ 
大東亜戦争前までは秋分は、秋季皇霊祭として大自然のバランスを尊んでいました。私達は当たり前に明日が来る。9月の次は10月。といった至極当然なことを祭りとして感謝を表わしていたのです。近年のゲリラ豪雨や竜巻など気象変動は、自然が何かを訴えているのかもしれません。
人の心と社会のバランスが崩れている現在、今一度大自然のバランスを認識し、陰陽を司りながらバランスの取れた社会にしたいものです。 
季節の変わり目です。読者の皆様、お体ご自愛専一の程 
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 9月23日「秋分の日」、旧秋季皇霊祭です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1238

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30