二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

3月21日「春分の日」「旧春季皇霊祭」です。

■3月21日「春分の日」「旧春季皇霊祭」です。■
130302_24.jpg春分の日」は、昭和23年に制定された国民の祝日の一つで「自然をたたえ、生物を慈しむ日」との趣旨です。旧暦2月の中気で、お彼岸の中日です


春分の日は、春の彼岸の中日にあたり、大東亜戦争前は「春季皇霊祭:しゅんきこうれいさい」といっていました。

春季皇霊祭」とは、もと祝祭日の中の大祭日の一つでした。毎年、春分の日に宮中の皇霊殿で行われる皇室の大祭で、天皇自ら歴代の天皇・皇后・皇族などの皇祖の神霊を祀る儀式です。

平安時代の中期以降は、京都御所の清涼殿・御黒戸の間において仏式で執り行われていました。その後、明治の神仏分離政策により、神式による祭儀に変更されました。

古くは「古事記」「日本書紀」などに、皇室による先祖を祀る祭儀が行われていたとあります。

春分の日は、お彼岸の中日です。暦の上では「真西」に沈む太陽は、「極楽の東門」に入ると伝えられています。この日の太陽を拝むと、十万億土を隔てた「極楽浄土」の東門を拝むことになります。この極楽が最も近くなる日が「彼岸の中日」と考えられているのです。

120304_53.jpgこの日に故人の霊を供養すると、迷わず極楽浄土に成仏できるといわれていて、死者の冥福を祈り、仏供養、おはぎ(ぼたもち)、草餅、五目ずし、稲荷ずしなどを作ってお墓参りをします。


「暑さ寒さも彼岸まで」
という言うように寒さも峠を越して温和な気候になります。
彼岸の中日にも増して「弘法大師」に関連した行事が多いのは、空海の入定が3月21日とされているためでしょう。また能登一宮の気多大神にて「おいで祭」が一週間にわたって開催されます。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
皆様、春分の日はお彼岸の中日です。
これを機会に墓参りをしましょう。「墓に布団は掛けられない」「親孝行したい時には親は無し」といいます。先祖に感謝して、生きている喜びを噛みしめましょう。必ず忘れていた何かに出会いますよ。
暖かくなってきましたが、朝夕は冷え込みます。お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 3月21日「春分の日」「旧春季皇霊祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/708

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31