二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

4月22日「京都、松尾大社 神幸祭」です。

■4月22日「京都、松尾大社 神幸祭」です。■
120406_47.jpg日本第一醸造之神・京都最古の神社「松尾大社:まつおたいしゃ」は、式内社(名神大)、二十二社の一社で、旧社格は官幣大社。旧称松尾神社。

本社と、摂末社の四大神・衣手・三宮・宗像(市杵島姫命)・櫟谷(いちたに、奥津島姫命)・月読(月読尊)の各社を併せて「松尾七社」といいます。

平安遷都により皇城鎮護の神として崇敬されるようになり「賀茂の厳神」「松尾の猛神」として並び称されました。明治4年に松尾神社として官幣大社、昭和25年に「松尾大社」と改称。

本殿は大宝元年(701)、秦忌寸都理(はたのいみきとり)が勅命を奉じて創建。以来皇室や幕府の手で改築され、現在のものは室町初期の応永4年(1397)建造にかかり、天文11年(1542)大修理を施したもの。建坪35坪余、桁行三間・梁間四間の特殊な両流造りは「松尾造り」と呼ばれます。

御祭神は「大山咋神:おおやまくいのかみ」、「中津島姫命:いちきしまひめのみこと」。渡来人の秦氏(はたうじ)は古代の氏族で、酒造の技術も日本に伝えたことから、中世(一般的に鎌倉・室町時代)以降は「酒造の神」としても信仰されるようになりました。開拓・治水・土木・建築・商業・文化・寿命・交通・安産の守護神。特に醸造祖神として崇敬されています。

120406_48.jpg「神幸祭」は、古くは松尾の国祭でした。明治時代には4月下卯日に出御、5月上酉日に還御となり、さらに昭和36年からは現在の4月20日以後の第一日曜日に出御、それから21日目の日曜日(5月)に還御となっています。

出御祭には松尾七社(大宮社、月読社、櫟谷社、宗像社、三宮社、衣手社、四之社)の神輿(月読社は唐櫃)が、ご本殿のご分霊を受けて、拝殿を三回廻った(拝殿廻し)後、順次社頭を出発し松尾・桂の里を通って、桂離宮の東北方から桂川を船で渡り、左岸堤防下で七社勢揃いし、古例の団子神饌を献じた後、四基の神輿と唐櫃とは西七条御旅所に、二基の神輿は川勝寺と郡の末社に至り、そこに駐輦されます。

松尾大社
◇京都市西京区嵐山宮町3
◇JR「京都駅」~バス「松尾大社前」下車。
◇阪急嵐山線「松尾駅」下車
◇松尾大社HP
http://www.matsunoo.or.jp/index-1/index.html

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
境内の「亀の井」は地下水脈をくみ出したものです。
醸造を生業にする蔵元では、「亀の井」の水を加えると、お酒が腐らないと伝わり、全国の蔵元から水をいただきに訪れるそうです。
近年では、パワースポットとして若い世代にも「亀の井」が注目されています。
もともと、病気平癒祈願の薬用水として広まりました。
汲みに行くと器の中に砂や小石が見られます。
布きれなどを取水口に巻いて取水するのが慣れている人の知恵のようです。

季節の変わり目です。皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 4月22日「京都、松尾大社 神幸祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/748

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30