二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

4月29日~5月5日「佐賀、有田陶器市」です。

■4月29日~5月5日「佐賀、有田陶器市」です。■
有田陶器市」は、月29日~5月5日まで開催されます。

180416_19.jpg

明治3年(1870)ドイツの化学者ゴットフリード・ワグネルは、西洋の知識を授けるため有田に滞在し、陶工たちは西洋の窯業知識に多くを学びました。その一つが石炭窯です。それまでは山の斜面に窯を築き、薪で焚く登り窯で焼成されていましたが、平地に石炭で焼くという日本で初めての試みが、ここ有田の地でなされました。これがきっかけとなって、明治後半からは日本の各地に石炭窯が広がっていきました。

また、有田で使う絵具の改良にも貢献。それまで有田焼に見られる藍色の文様は「呉須・ごす」と呼ばれる中国の天然鉱物を使っていましたが、工業的に製造された「コバルト」という絵具の使用法を教えました。これを用いると呉須よりも鮮やかな色が得られ、自由に濃淡が調節できました。しかも、呉須よりはるかに安い絵具でしたので数年で全国に広まりました。

130411_27.jpg

陶器市の歴史は、明治29年(1896)3月、香蘭社(明治7年設立の有田の磁器工場)社長・深川栄左衛門と、有田磁器窯業組合長・田代呈一の主催で、桂雲寺で開かれたのが始まりです。以来、年1回開かれ、昭和23年(1948)からは4月29日から5月5日の会期となりました。

現在の陶器市は、大正4年(1915)陶磁器品評会の時、協賛行事として開催されていた「蔵ざらえ大売出し」が陶器市の始まりです。初めはお遍路さん相手に窯元や商人が有田焼の半端物を売っていたものを、町青年会のリーダーを務めていた深川六助が陶磁店に呼びかけ、一斉に等外品の蔵ざらえ大売り出しを試みました。福引き券を発行したり、駅まで無料で荷物を運んでやるなどして盛り上げました。

120410_53.jpg

戦前は品評会が主でしたが、今では陶器市が盛んになり、現在の「有田陶器市」に発展しました。町内約4キロにわたって有田焼の店など約700軒が並び、日本全国から70万人を越える人が訪れる規模となっています。

開催地◇佐賀県西松浦郡有田町
◇陶器市の最寄り駅:JR九州、有田駅・上有田駅
◇期間中の臨時列車「有田陶器市号」や特急「有田陶器市みどり号」が運転
◇西九州自動車道、波佐見有田インターチェンジすぐ
◇公式HP
http://www.arita-toukiichi.or.jp/open.html

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 4月29日~5月5日「佐賀、有田陶器市」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/753

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30