二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

4月28~29日「奥州日高火防祭」です。

■4月28~29日「奥州日高火防祭」です。■
180416_14.jpg岩手県奥州市水沢区で行われる「日高火防祭:ひだかひぶせまつり」は、300年の歴史を持つ火防祈願の祭りです。

日高神社の例祭は4月22日。かつては陰暦正月22日に行われ、当日は防火を祈る火防祭(ひぶせまつり)が併せて行われたが、火防祭は現在、実行委員会が主催し4月28、29日の祭礼になっています。

江戸時代、留守家17代の水沢城主宗景公が、少年時代伊達公の名代として江戸にあったとき、「江戸の華」といわれる火事の多いのに驚かれた。明暦3年(1657)の火事は、江戸の大半を焦土と化した大火災で、俗に振袖火事といわれ、この時の死亡者は10余万人を数えたと記録されています。火災の恐ろしさを肝に銘じ、江戸での任を終えて帰郷するや火防の対策に万全の策を講じました。

人智の不足不慮の羅災を、神仏の加護によって未然に防止しようとし、日高妙見社の日は「火」に、瑞山神社の瑞は「水」に通ずるとして、両社に祈願し始められたのがこの祭のはじめです。

19代村景公の時代、享保20年(1735)水沢の大火の後、藩主は佐々木佐五平という者を江戸に派遣し、町火消組の機構や操作を学ばせ、江戸のいろは組にならって6町に1つずつ組をおいて町火消組を創設したと伝わります。

120410_48.jpg火防祭りは京都祇園祭を模した華やかな祭りで、豪華絢爛に飾られた9基の囃屋台が市街地を練り歩きます。屋台の上には、20人程の幼女が雛人形の如く乗せられ、太鼓と三味線と笛の音に併せて調子を取ります。

辺りが夕闇に包まれる頃、JR水沢駅前を会場に屋台同士が仁義と礼をつくした「相打ち」と「揃い打ち」が行われます。7つの音曲からなる「日高囃子」は、岩手県の無形民俗文化財に指定されています。

奥州市水沢区出身で厄年を迎える男女で構成する厄年連は、25歳厄年連、42歳厄年連の2団体が祭の前座を勤め、祭を一層盛り上げます。

日高火防祭実行委員会(水沢市商工労働課内)
◇観光サブサイト
http://www.city.oshu.iwate.jp/kanko/view.rbz?cd=1500
日高神社(日高妙見宮)
◇奥州市水沢区日高小路13
◇東北自動車道「水沢IC」車10分
◇東北新幹線「水沢江刺駅」車15分
◇在来線「水沢駅」徒歩1分
◇参考Web
http://5.pro.tok2.com/~tetsuyosie/iwate/ooshuusi/hidaka/hidaka.html

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 4月28~29日「奥州日高火防祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/751

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30