二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

4月15日日本三大美祭「高山山王祭」です。

■4月15日「高山山王祭」です。■
120328_80.jpg高山山王祭は岐阜県高山市城山に鎮座する「日枝神社:ひえじんじゃ」(山王さま)の春季例祭です。別名、飛騨山王宮日枝神社、祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)です。

永治元年(1141)、飛騨国三仏寺城主である飛騨守平時輔(ひだのかみたいらのときすけ)が、狩りに出かけたところ、一匹の老狼を仕留めようと矢を射たが獲物は見当たらず、矢は大杉に深くつき立っていました。時輔は「大山咋神が、お使いである老狼を救われたものであろう」と神の力を感じ、鎮護神として近江国より日吉大神を勧請し、日枝神社としたと伝わります。この時の大杉が、日枝神社の大杉です。

養和元年(1181)、戦乱によって三仏寺城は落城し、日枝神社も焼失しました。御神体は無事であり、慶長10年(1605)、日枝神社を高山城の鎮護神とし、現在地へ移転し「山王権現宮」と呼ばれていました。明治2年(1869)、神仏分離令により「日枝神社」に改称。現在の本殿は昭和13年(1938)再建です。

120328_81.jpg高山祭りは「日本三大美祭として名高い祭りです。高山祭りは春の「山王祭り」と、秋の「八幡祭り」の総称を指します。「春の山王祭り」は、例年4月の14日・15日に開催され、12台の屋台が引き揃えられます。4月14日の夜には、「曳き別れ」と呼ばれる夜まつりがあります。

夜祭りは各屋台に提灯をつけ「高い山から」の曳き別れ歌をうたいながら、所定の町内を1巡して、夜闇にゆれどよめく灯りのさまは、観客をファンタジックな世界へと誘い込みます。

15日は「本楽祭」で祭は最高潮に達します。午前から御旅所前広場をはじめ所定の場所に曳き揃えられた12台の屋台のうち、「三番叟」、「龍神台」、「石橋台」の3台はからくり人形の技を披露します。

ご分霊は正午に出発、前日の行列に屋台の台名旗を立てた代車を合せて、氏子中を進行後、本社に還御、即時還御祭を執行して、拝殿にて千秋楽曳き払いとなります。

130403_24.jpgまた、「秋の八幡祭りは、例年10月の9日・10日に開催され、11台の屋台が曳き揃えられます。10月9日の夜には、宵まつり(夜のまつり)が開催されます。

日本三大美祭:高山祭(春・秋)、京都祇園祭、秩父夜祭

日枝神社

◇岐阜県高山市城山156
◇高山本線高山駅より徒歩25分
◇「日枝神社前」バス停下車、徒歩5分
◇参考Web
http://www7a.biglobe.ne.jp/~fujii/hiejinzya.html

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
屋台と呼ばれる山車が見事な春の山王祭です。見どころは夜祭です。提灯をつけた屋台が、ゆらゆらとどよめく灯りはとても幻想的です。
4月中旬で暖かい日が続きます。お出かけの際には、夜露にあたってお風邪などお召しにならないよう、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 4月15日日本三大美祭「高山山王祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/743

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30