二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

4月9日「笠間稲荷 春季例大祭」です。

■4月9日「笠間稲荷 春季例大祭」です。■
120321_46.jpg「笠間稲荷神社」の旧社格は村社、現在は神社本庁の別表神社。この地には胡桃(くるみ)の密林があり、そこに神様が祀られていたことから「胡桃下稲荷:くるみがしたいなり」、江戸時代の藩主の一族・門三郎の深い信仰心により人々に功徳を施したことから「紋三郎稲荷:もんざぶろういなり」とも呼ばれます。

御祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)と神大市比売神(かむおおいちひめのかみ)の間の御子の「宇迦之御魂命:うかのみたまのみこと」(正一位の最高位の神)。第36代宇迦之御魂命の御代、白雉2年(651)の創建。1350余年の歴史を有する由緒ある神社で、日本三大稲荷のひとつです。

110404_22.jpg4月9日は笠間稲荷神社創建の日とされ「例大祭」が行われます。午前11時、正装した宮司以下神職、献幣使、献香、献茶を奉仕する各宗匠、氏子総代、全国よりの招待者が、雅楽を奏でる伶人等を先導に参進し、お米、お酒、海の幸、山の幸などを大神さまに供え、皇室の弥栄国家の繁栄世界の平和を祈るとともに氏子、崇敬者、国民の幸福を祈願します。

また、茨城県下醸造元からの銘酒奉納による献酒祭も執り行なわれます。境内では、銘酒ラベル展をはじめ、池坊、古流・小原流の献花の展示、江戸千家・表千家・裏千家など各流派の野点が行われます。

120321_47.jpg本殿は江戸末期の建築で国の重要文化財、境内にある「藤樹」は2株からなり、1本の八重藤は花が葡萄の実のように集合して咲く珍しい種類です。ともに樹齢4百年の県の天然記念物に指定されています。

笠間稲荷神社
◇茨城県笠間市笠間1
◇JR水戸線「笠間駅」バス5分「友部IC」から10分「水戸IC」から20分
公式HP:
http://www.kasama.or.jp/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

境内の藤樹は樹齢400年に及ぶもので、内1本の八重藤は花が葡萄の実のように集合して咲く珍しい種類です。藤棚はGWの頃が見ごろです。
読者の皆様、4月に入り暖かくなったとはいえ、朝夕は冷え込む日もあります。
時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 4月9日「笠間稲荷 春季例大祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/738

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30