二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

4月29日~「米沢、上杉まつり」です。

■4月29日~「米沢、上杉まつり」です。■
米沢上杉まつり」は、米沢に春の訪れを告げる祭りです。「上杉神社」と「松岬神社」の春の例大祭として始まりました。上杉神社は、松が岬公園(米沢城址)に位置し、藩祖・上杉謙信を祀ります。松岬神社は、上杉神社の摂社で、上杉鷹山公、上杉景勝公、直江兼続細井平洲、竹俣当綱、莅戸善政を祀ります。

170416_15.jpg

上杉謙信」(初名は長尾景虎)は、戦国時代における越後の大名。越後国三条長尾家より養子相続。天正6年(1578)越後春日山城で急死した際、遺骸は城内の不識庵に仏式にて祀られましたが、次代の上杉景勝(越後国上田長尾家より養子相続)が、会津藩を経て慶長6年(1601)米沢藩へ移封されたのに合わせて謙信の祠堂も米沢に遷されました。

5月2日の「武てい式」は、上杉謙信公が出陣の度に欠かさず行ったという軍の守護神を招く儀式で「武てい式保存会」によって忠実に再現されます。赤々と燃えるかがり火の中で「五沾水・ごてんすいの儀」「軍神勧請」などが約1時間にわたって執り行われます。

武てい式に先立ち、千勝院から行進、上杉家廟所を参拝し謙信公の御霊に出陣の報告を行います。その後、市内中心部に移動し、まちの広場にて押し前の鬨をあげ、武てい式会場へと向います。

120410_46.jpg5月3日は、上杉軍団行列と神輿渡御が市内の目抜き通りを練り歩く「上杉行列」が行われます。戦国史上最大の死闘といわれた上杉・武田両軍の激突、永禄4年の「川中島合戦」の再現は、上杉陣で武てい式、武田陣で三献の儀が執り行われたのちに行われます。

火縄銃の発砲、上杉謙信が単騎で武田軍に斬りこむ「三太刀七太刀」の名場面、全軍団による総がかりで、両軍合わせ約700名もの武者が入り乱れての戦闘シーンが行われます。会場の一部にはお土産付の有料桟敷席が設けられます。

昭和49年の模擬合戦は、日本テレビで初放映されて以来、マスコミの人気も高まってゴールデンウィークを飾る東北のまつりとして全国に知られるようになりました。

主催◇上杉まつり実行委員会
公式HP:
http://uesugi.yonezawa.info/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
今年は4月29日から5月3日開催とのインフォメーションです。開幕祭4月29日、武てい式5月2日、上杉軍団行列・川中島の合戦5月3日です。
観光にお出かけの際、GW期間中は日差しが強く紫外線が強いそうです。日焼け対策をなさってお出かけください。
読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 4月29日~「米沢、上杉まつり」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/135

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30