二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

4月22日「滋賀、多賀大社 古例大祭」です。

■4月22日「滋賀、多賀大社 古例大祭」です。■
120406_44.jpg滋賀県犬上郡多賀町に鎮座の「多賀大社:たがたいしゃ」は、ご祭神に「伊邪那岐大神:いざなぎのおおかみ」、「伊邪那美大神:いざなみのおおかみ」を祀る神社で、古くより「お多賀さん」と呼ばれ、親しまれています。
 
古事記によれば「伊邪那岐大神は淡海の多賀に坐す」とあり、神代の昔に伊邪那岐大神は本社東方の杉坂山に降臨し、麓の栗栖の里で休んだのち、多賀に鎮まったと伝わります。
 
奈良・平安時代には公家の信仰篤く、鎌倉から江戸時代にかけては武家からの信仰も集めました。
 
明応3年(1494)「天台宗の不動院」が建立され、その後、観音院・般若院・成就院の坊人たちの活発な布教により、多賀信仰が全国各地に広まりました。
 
大正3年「皇祖天照大御神」の親神にあること、崇敬が全国に及ぶ事から官幣大社に列格されています。
 
130406_24.jpgお伊勢参らばお多賀へ参れ、お伊勢お多賀の子でござる」この唄からも「伊邪那岐大神」「伊邪那美大神」がお伊勢様の祭神「皇祖天照大御神」の親神だということです。
 
毎年4月22日には「古例大祭多賀まつり)」が行われます。神輿や行列、騎馬が繰り出す渡神事です。8月3~5日には万灯祭が行われます。
 
莚命長寿の神」「縁結びの神」として信仰を集めるお多賀さん。境内には寿命石の史跡があり、延命利益のあるとされる「お多賀杓子」も販売されています。
 
多賀大社
◇滋賀県犬上郡多賀町多賀604
◇名神高速「彦根IC」車約15分
◇公式Web:
http://www.tagataisya.or.jp/
◇多賀まつり:http://www.tagataisya.or.jp/info/koreitaisai/index.html

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
多賀まつりはさながら歴史絵巻の様相です。祭りの見物客も次々繰り出す行列を見ているだけで壮観さを感じます。
お伊勢参らばお多賀へ参れ、お伊勢お多賀の子でござる」一度は出向いてみましょう。
多賀まつりが終わると、来週にはゴールデンウイークに入ります。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 4月22日「滋賀、多賀大社 古例大祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/122

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30