二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

4月22日~「京都、伏見稲荷 神幸祭・還幸祭」です。

■4月22日~「京都、伏見稲荷祭・神幸祭・還幸祭」です。■
120406_42.jpg全国にある稲荷神社の総本山とされる「伏見稲荷大社:ふしみいなりたいしゃ」には、1300年以上の歴史があります。稲荷山の麓に本殿を置き、稲荷山全体を神域としています。崇敬者が祈りと感謝の念を、奥社参道に鳥居の奉納をもって表した信仰「千本鳥居」は、今日の名所になっています。

120406_43.jpg

稲荷祭は、伏見稲荷大社の年中祭事のうち最大の祭礼で、稲荷大神が年に一度氏子区域を巡幸して、広く御神徳を垂れ給う祭儀です。4月20日に行われた「神幸祭」で御旅所(油小路九条上ル)に遷された神璽を迎えるのが「還幸祭」で、神璽が遷された5基の神輿を中心とした渡御列が御旅所から本社に向かいます。還幸祭は5月上旬です。

古式ゆかしい衣装に身を包んだ供奉者など、数百名の華やかな行列は、美しく飾られた30台程のトラックに乗って約2時間、京都市内の氏子区域を巡幸します。本社に到着したのち本殿で還幸祭が行われます。

伏見稲荷大社
◇京都市伏見区深草薮之内町68番地
◇京阪「伏見稲荷駅」徒歩5分
◇公式Web:
http://inari.jp/
◇神幸祭:http://inari.jp/c_sairei/

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

もうすぐゴールデンウイークです。
今年はアジア圏からの観光客も増加傾向で、訪日外国人数は記録更新しました。
政府方針で訪日外国人観光客数を4000万人にするとの目標を打出しました。

日ごろ暖かさを感じ、過ごしやすい時期です。
この頃は雷を伴った雨の降りやすい時節柄、にわか雨に遭って、お風邪などお召しにならないようにお体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 4月22日~「京都、伏見稲荷 神幸祭・還幸祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/117

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30