二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

5月20日庄内三大祭「酒田祭」です。

■5月20日「酒田祭」です。■
sakata2016.png

内三大祭りの1つ「酒田祭:さかたまつり」は、「上日枝神社」と「下日枝神社」の例祭で、毎年5月19日から21日まで、酒田市を中心に行われます。シンボルにもなっている巨大な獅子頭と山車が、市内中心部を練り歩きます。

この祭は江戸時代から続く祭りで、古くは「山王祭:さんのうまつり」と呼ばれました。明治末頃に電線が設置されるまでは、とてもに背の高い山車が練り歩くことで有名でしたが、昭和51年(1976)酒田市に大火が起こり、その後の復興を機に名称を「酒田祭」に改めました。

110516_11.jpg上日枝神社」は、貞観17年(875)近江国坂本鎮座山王宮(日吉大社)を勧請し、酒田港に神幸して袖の浦に御旅所を構え鎮座。後、御城内(亀ヶ崎城)に奉遷。寛永13年(1636)より現在地に位置。通称「上の山王さん」として親しまれています。

下日枝神社」は、酒田の産土神、酒田まつり(山王祭)の主神。山王の杜の豊かな緑に囲まれた随神門、社殿などの素晴らしい規模と細工を誇ります。通称「下の山王さん」と呼ばれ親しまれています。

開催地
◇山形県酒田市中町周辺
問合先
◇酒田観光物産協会:
http://www.sakata-kankou.gr.jp/
◇JR「酒田駅」バス7分
◇山形道「酒田IC」すぐ


◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
見どころは5月20日13時~山車巡行です酒田市内を中心に巡航します。お出かけになる祭には観光協会にお問い合わせ下さい。
この頃、東北地方はつつじの開花時期で、つつじの外路地などとても和やかな街並みを見ることが出来ます。
もうすぐ梅雨の時期です。入梅前に復興を成し遂げつつある東北観光は如何でしょうか。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 5月20日庄内三大祭「酒田祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/175

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31