二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

5月14日「出雲大社 例大祭」です。

■5月14日「出雲大社例祭」です。■
110510_15.jpg出雲国一宮「出雲大社:いずもたいしゃ」は、式内社(名神大)で旧社格は官幣大社。近代社格制度下において唯一「大社」を名乗る神社で、古来より「国中第一之霊神」として称えられ、その本殿は「天下無双之大廈」と評されました。

神在月(神無月)には全国から八百万の神々が集まり神議が行われます。正式名称は「いずもおおやしろ」ですが、一般には「いずもたいしゃ」と読まれます。

八雲立つ出雲の国が神の国、神話の国として知られる出雲大社の御祭神「大国主大神:おおくにぬしのおおかみ」は「天の下造らしし大神」と呼ばれ、古くから「だいこくさま」として親しまれています。
 
大国主大神は、福の神、平和の神、縁結びの神、農耕の神、医薬の神として崇められています。縁結びとは単に男女の仲を結ぶことだけでなく、人間が立派に成長するよう、社会が明るく楽しいものであるよう、すべてのものが幸福であるようにと、お互いの生成のためのつながりが結ばれることです。

120430_45.jpg御本殿は「大社造り」と呼ばれる日本最古の神社様式の木造建築で、国宝に指定されています。高さは8丈(約24m)で、神社としては破格の大きさですが、かつての本殿は現在よりもはるかに高く、中古には16丈(48m)、上古には32丈(96m)であったと伝わります。八雲山を背景にした姿には、逞しい生命力を感じさせます。
 
5月14日、天皇陛下の勅使を迎えて例祭が執り行われます。勅使をお迎えする祭典を「勅祭」(ちょくさい)といいますが、勅祭にお仕えできるのは、伊勢神宮をはじめとする由緒正しき十数社に限られます。

現在の例祭にあたる大祭は、古く「三月会:さんがつえ」と称され、旧暦の3月1日より3日までの3日間、盛大に厳かに執り行われていました。三月会は出雲大社で最も重儀な祭典としてお仕えされます。

例祭前夜、参籠潔斎を行なった宮司以下祀職たちは正服を身に付け祭事を行います。海、川、山、野の神饌が神前へ供えられ、宮司が祝詞を奏せられ、天皇陛下の勅使が御本殿へと参進されます。天皇陛下より御幣物が宮司へと伝達され、御本殿奥の大国主大神の前に供えられます。勅使より御祭文が奏せられます。

5月13日前夜祭
5月14日的射祭・例祭・二之祭・神輿渡御・三之祭・出雲屋敷感謝大祭。
期間中の行事は流鏑馬神事・田植舞・出雲大社茶会・伊勢太神楽・獅子舞など。華道展、絵画展、書道展の他、15~16日は骨董市が開かれます。

出雲大社
◇島根県出雲市大社町杵築東195
◇一畑電車「出雲大社前駅」徒歩7分
◇JR山陰本線「出雲市駅」バス25分
出雲大社HP:
http://www.izumooyashiro.or.jp/
出雲大社例大祭詳細:http://www.izumooyashiro.or.jp/reisai23.html

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
出雲大社では5月13~15日までの例大祭です。今回の例大祭に限らず、お伊勢参り同様、出雲大社には是非一度お出かけください。
5月に入り日中は寒い日暖かい日が交互に続いて、体調管理が難しい時期です。本州最北端の弘前城公園では桜が満開だと便りだと思えば、沖縄では梅雨入り間近です。うっとうしい梅雨が近づいてきます。梅雨時には食中毒など「五黄土気」の作用にご注意を!
読者の皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 5月14日「出雲大社 例大祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/163

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31