二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

6月1日「写真の日」です。

■6月1日「写真の日」です。■ 
01_4.jpg
公益社団法人日本写真協会昭和26(1951)年に、梅本貞雄らの「写真の日制定委員会」を開き、6月1日を「写真の日」と制定し今日に至っています。 

日本に写真が渡来したのは嘉永(1848~1854)年間で、最初にダゲレオタイプ(銀板写真)の撮影が成功したのは、安政4(1857)年9月17日に、薩摩藩士の市来四郎、宇宿彦右衛門らが藩主島津斉彬を撮影したもので、現在鹿児島の尚古集成館に保存されています。 
文化庁は平成11(1999)年4月、島津斉彬を撮影した銀板写真を写真としては初の重要文化財の指定を受けました。 


01_5.jpg

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
スマホ全盛の現代ではインスタグラムに代表されるように、写真を見ない日は無いと言っても過言ではありません。写真は生活には欠かせないツールになっています。
当たり前になっている事柄でも、技術発展のルーツを知ってより豊かな社会生活を送りましょう。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 6月1日「写真の日」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1618

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31