二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

6月1日「気象記念日 」です。

■6月1日「気象記念日 」です。■ kyukisyoudai.jpg
気象記念日(きしょうきねんび)
は、毎年6月1日に気象庁が実施している記念日です。 

明治8(1875)年6月1日、東京・赤坂葵町に日本初の気象台である東京気象台(現在の気象庁)が設置され、東京で気象と地震の観測が開始されたことを記念し中央気象台(現在の気象庁)が昭和17(1942)年に制定しました。 

01_6.jpg121年前の明治17年6月1日、記念すべき最初の天気予報は「全国一般、風ノ向キハ定マリ無シ。 天気ハ変ワリ易シ。但シ雨天勝チ」というものでした。これでは日常生活には役立たちません。

当時に比べて天気予報は驚くほど進歩しました。これは気象学の著しい発展、宇宙からの観測やパソコンでの解析など、科学の発展によるものであるといえます。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
01_7.jpg50年ほど前には、天気予報は当たらないもの代名詞でした。古くは富士山レーダーから始まり、気象衛星「ひまわり」の登場など予報が大きく外れることは無くなりました。さらに気象庁は、世界有数のスーパーコンピューターの導入でゲリラ豪雨までも予想可能になるそうです。
日本列島は天変地異が多い国です。気象の予知は来る災害を未然に防ぐことに役立ちますが、気象を変えてコントロールすることはありません。
いつの日か技術が進んで、天気もコントロール出来る日が来るのかもしれません。
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 6月1日「気象記念日 」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/1617

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31