二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

6月24日「東京芝、愛宕神社 千日詣り」です。

■6月24日「東京芝、愛宕神社 千日詣り」です。■
kt14_12.jpg愛宕神社:あたごじんじゃ」は、山手線内にある愛宕山(天然の山、標高20m)の山頂にある神社で、京都の愛宕神社が総本社です。
 
主祭神は、「火産霊命:ほむすびのみこと」。「罔象女命:みずはのめのみこと」、「大山祇命:おおやまづみのみこと」、「日本武尊:やまとたけるのみこと」が配祀されます。慶長8年(1603)徳川家康の命により創建。また、徳川家康が信仰した勝軍地蔵菩薩も祀ります。
 
◇千日詣り◇
120611_21.jpg6月23、24日は「千日詣り」、この日に社殿前にしつらえた「茅の輪をくぐり参拝すれば、「千日分の御利益がある」とされます。無病息災と商売繁盛をお祈りする茅の輪が設けられ、ほおずき市が立ちます。
 
◇ほおづき市◇
愛宕の千日詣りには、ほおづき市です。浅草のほうずき市が有名ですが、更に古く江戸時代から続いている市です。浅草の市も元々は愛宕から伝わりました。はじまりは江戸時代、神託によってほおずきが薬であると啓示受けて、家族や隣人に飲ませたところ、子どものカンの虫が治まり、夫人の癪(しゃく:胃痛)が治ったと伝わります。

◇23区最高峰の愛宕山◇
宕神社がある愛宕山は標高25.7メートル。出世の石段を登り切った右手には、山の証しである三角点があります。天然の山としてはこれは23区内で一番の高さです。130615_24.jpg
◇出世の階段◇
寛永11年(1634)三代将軍家光公の御前にて、四国丸亀藩の曲垣平九郎盛澄が騎馬にて正面男坂(八十六段)を駆け上り、お社に国家安寧の祈願をし、その後境内に咲き誇る源平の梅を手折り将軍に献上した事から、日本一の馬術の名人として名を馳せ、「出世の石段」の名も全国に広まりました。

桜田門外の変、殉皇十二烈士女之碑
万延元年(1860)には水戸の浪士がご神前にて祈念の後、桜田門へ出向き大老井伊直弼を討ちその目的を果たした世に言う「桜田門外の変」の集合場所でした。
昭和20年(1945)8月15日早暁、敗戦降伏という事態に陥れた、木戸内大臣を倒そうと立ち上がった尊攘義軍十烈士は、芝・愛宕山に立て籠もった。志士たちは「承詔必謹」の大義に殉じ、その決意は「陛下の詔に反した罪の責任をとる」蜂起だったと記されている。
0204.jpg愛宕信仰:あたごしんこう」とは、京都市の愛宕山山頂に鎮座する愛宕神社から発祥。火防の神に対する神道の信仰です。愛宕神社は、古くから修験道の道場となり、愛宕山に集まった修験者によって、江戸時代中頃から愛宕信仰が日本全国に広められました。中世後期以降、愛宕の神は「火伏せに霊験のある神」として広く信仰されるようになりました。

日本全国で「愛宕」を社名につける神社は約1000社。愛宕の縁日は、地蔵と同じ毎月24日です。
愛宕神社
◇東京都港区愛宕1-5-3
◇JR「新橋駅」日比谷線「神谷町駅」、銀座線「虎ノ門駅」、都営三田線「御成門駅」
◇愛宕神社HP
http://www.atago-jinja.com/

茅の輪くぐりの具体的な作法※

1、先ず、茅の輪の前に立って軽く礼をします。
2、左足からまたいで輪をくぐり、左回りに回って元の位置に戻ります。
3、茅の輪の前で軽く礼をします。右足からまたいで輪をくぐり、右回りに回って元の位置に戻ります。
4、茅の輪の前で軽く礼をします。左足からまたいで輪をくぐり、左回りに回って元の位置に戻ります。
5、茅の輪の前で軽く礼をします。左足からまたいで輪をくぐります。
6、ご神前まで進みます。二拝二拍手一拝の作法でお詣りします。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
120611_22.jpg6月末日の大祓を「夏越の祓(なごしのはらえ)」です。
寺社仏閣では円形の「茅の輪」を敷地にに設置します。くぐると心身の罪穢れを祓い清め、病魔に負けないお力を頂けるとされているところから「茅の輪」をくぐる神事が、広く行われるようになりました。
由来は、その昔6月には梅雨など疫病が流行りやすく、飲み水や生ものには注意をするように促したことが始まりです。

この時期、各地で食中毒の報道が毎日のように載っています。いつの時代も疫病にはご注意の程!
読者の皆様、お体ご自愛専一の程 
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 6月24日「東京芝、愛宕神社 千日詣り」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/230

コメントする

八木雲水プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
八木雲水
開運占卦気学祐気方位鑑定

「淮南子」(紀元前170年ごろ編纂)を信奉、陰陽家五行説、古神道、納音、暦を観ながら時の政権の為政者、経営者、リーダーの悩みや向かうべき方向を示唆している。 平成6年、畿内にて陰陽道、道教、妙見信仰を教学、「空」の存在を認識し先人の英知を得る。為政者、経営者へ経世在民を指導、信条の「ともに歩む」を基本に、激変する社会環境でこれからの進むべき道しるべを標榜している。

平成21年首相直轄諮問会議「経済政策諮問会議」メンバー、政策立案にも携わり「中小企業金融円滑化法」立案にコメントする。経済書籍、小説など著書15冊以上を出版、42歳で透析患者、55歳で腎臓移手術以来リハビリの成果で健康的な生活が出来るまでに回復した。 令和2年武漢肺炎(新型コロナウイルス)の慢性既往症ある知人が家族にも看取られないまま悲惨な最期を迎えたと知り、一刻も早いコロナ禍の終焉を願っている。

≪宗旨、所属≫臨済宗雲水、町田宗鳳禅師に師事、天河弁財天社たたら講構成員、祐気採りの会斎主

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30