二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

6月7~17日「東京、日枝神社 山王祭」です。

■6月7~17日「東京、日枝神社 山王祭」です。■
180603_12.jpg武蔵野開拓の祖神・江戸の郷の守護神として江戸氏が「山王宮」を祀りました。文明10年(1478)太田道灌公が江戸の地に築城するにあたり、鎮護の神として「川越山王社」を勧請し、江戸の町の繁栄の礎を築きました。


天正18年(1590)徳川家康公が江戸城を居城とするに至り、城内鎮
守の社、徳川歴朝の産神として、また江戸市民からは江戸郷の総氏神、江戸の産神として崇敬されました。


二代秀忠の時の江戸城大改造の際、城内紅葉山より新たに社地を江戸城外に定め、社殿を新築して遷祀されました。

御祭神は「大山咋神:おほやまくひのかみ」。相殿に「国常立神:くにのとこた
ちのかみ」、「伊弉冉神:いざなみのかみ」、「足仲彦尊:たらしなかつひこのみこと」を祀ります。


山王祭」は、徳川時代に江戸城内に入御した神輿を三代将軍家光公以来、歴代の将軍が上覧拝礼する「天下祭り」として盛大をきわめ、京都の祇園、大阪の天満まつりとともに日本三大祭りに数えられています。

日枝神社
◇東京都千代田区永田町2-10-5
◇地下鉄千代田線「国会議事堂前駅」徒歩5分
◇地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」徒歩3分
◇日枝神社Web:
http://www.hiejinja.net/index.html 

180604_12.jpg

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
山王祭は15日の例祭奉幣を中心に、14日鎮火祭、8日の神幸大祭は2年に一度はです。献茶式で山王祭は終了です。
江戸下町の夏祭りは湯島天満宮、五条天神、浅草三社祭り、など数々あり、日枝の山王祭で一区切りです。6月下旬から寺社仏閣は夏越えの大払いの頃になります。

◆◆大払い「茅の輪くぐり」◆◆
全国の寺社仏閣ではそろそろ6月末の大祓のための茅の輪が設置され始めています。参考までに日枝神社「山王祭」webの一部を掲載します。
「茅の輪」をくぐり、罪穢・災厄を祓い、延命長寿と無病息災を 祈ります。7月の大暑を迎える為の大切な神事です。山王祭では知らず識らずのうちに犯した罪や穢を祓い清める山王御祓並鎮火祭が執り行われます。
大祓は、六月と十二月に宮中をはじめ全国神社で、いっせいに行われる古式床しい伝統的な神事で、私達の日々の生活の中で、知らず識らずのうちに犯した罪や穢を祓い清めて、清く明るく正しい神ながらの人間生来の姿に立ち返るために行う祓の神事です。
どうぞこの夏越大祓神事に御参列の上、己の罪穢を人形(ひとがた)に託して祓い却り、清々しい気持で夏をお迎えください。
今年も節電で暑い夏になりそうです。今のうちに体力をつけて夏を乗り越えましょう。
皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 6月7~17日「東京、日枝神社 山王祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/213

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30