二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

6月9~10日「東京、鳥越神社 例大祭」です。

■6月9~10日「東京、鳥越神社 例大祭」です。■
110613_10.jpg鳥越神社:とりごえじんじゃ」は、孝徳天皇白雉2年(651)日本武尊を祀って「白鳥神社」と称したのに始まると伝わります。日本武尊(やまとたけるのみこと)、天児屋根命
あめのこやねのみこと)、徳川家康を祀っています。
名前の由来は、八幡太郎義家公奥州平定の折り、この地を通ったが、名も知らぬ鳥が川を越えるのを見て浅瀬を知り、軍勢はやすやすと大川(隅田川)を渡ることが出来たということから「鳥超神社」となりました。
 
120519_20.jpg
大祭に出る千貫神輿は、東京一の重さが有ると言われています。御神輿の列の先頭には、猿田彦(天狗)や、手古舞連、子供たちの持つ五色の旗が歩きます。夜まつりになると、提灯をつけた元祖提灯神輿は、高張り提灯に囲まれ宮入りします。

 

鳥越神社
◇東京都台東区鳥越2-4-1
◇JR「浅草橋」徒歩8分
◇都営地下鉄「蔵前橋」徒歩5分
◇鳥越えまつり:
http://hix05.com/maturi/torigoe/torigoe00.html

120519_21.jpg◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
今年は千貫神輿も出るようで盛大なお祭りになるようです。
5月下旬から6月に入ると、浅草神社の三社、下谷、五条天神、湯島天満宮など東京の下町の祭礼が続きます。日枝神社の山王祭が明けると関東地方ではまもなく梅雨です。
これから梅雨本番になるのでしょう。食品が傷みやすい時期です。生ものにはくれぐれもご注意をなさってください。
時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 6月9~10日「東京、鳥越神社 例大祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/211

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30