二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

6月5日「宇治、県神社祭」です。

■6月5日「宇治、県神社祭」です。■
120518_31.jpg宇治の「県神社:あがたじんじゃ」は、神話に名高い「木花開耶姫命:このはなさくやひめのみこと」を祀ります。平等院の建立にあたり、鎮守社とされました。平等院の北に鎮座の「橋姫神社」が縁切りの神であるのに対し、南の県神社は縁結びの神として信仰されます。
 
毎年、6月5日の夜から6日未明にかけて行われる「県祭:あがたまつり」は、「暗闇祭り」とも呼ばれる闇夜の奇祭で、あかりをすべて消した真っ暗な夜中に、奉書紙を束ねて作った梵天を御輿にのせて練り歩きます。何をしてもかまわないという「無礼講の夜」として男女が盛り上がる祭りだったこともあるとか。
 
祭りは朝御饌の儀で始まり、続いて夕御饌の儀が行われ、神楽など
が舞われた後に梵天渡御が始まります。


110601_15.jpg梵天とは、1600枚もの奉書紙を短冊に切って束ねた御幣を青竹に挟みこんだもので、約1m程の球形。重さは50㎏超。氏子たちによって作られた梵天は、御輿に乗せられて宇治神社にある旅所で出番を待ちます。午後11時、境内や沿道の露店、町の明かりが一斉に消されます。暗闇の中をふれ太鼓、猿田彦の面、雌雄の獅子頭、鏡をつけた榊などが続き、いよいよ数十人の講社の人々にかつがれた梵天御輿が姿をあらわします。
 
御輿は本殿に到着後、渡御の儀が行われ、神霊が梵天へと移されます。そして再び旅所まで戻ります。この後、旅所の梵天は再び県神社に戻り、遷幸祭が行われますが、この行事が人目に触れることはありません。
 
県神社
◇京都府宇治市蓮華72
◇京阪「宇治駅」徒歩約7分/JR「宇治駅」徒歩約12分

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 6月5日「宇治、県神社祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/197

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30