二十四節気は1年を24の節に分け、節気ごとに命名して気候の変化、推移を知り、社会や生活の中で季節感を役立てるものです。

6月4日「伝教大師忌」です。

■6月4日「伝教大師忌」です。■
120518_28.jpg日本の天台宗を開いた平安時代の僧「最澄:さいちょう」は、近江国(滋賀県)滋賀郡古市郷(現在の大津市)に生れました。俗名は三津首広野(みつのおびとひろの)。諡号:伝教大師

12歳で「近江国分寺」に入り、行表の弟子となりました。14歳で最澄と改名。19歳で東大寺で具足戒を受け、比叡山に登り大蔵経を読破。

当時の仏教は「国を護る」のが主な目的でした。僧は寺院外での活動を制限され、一般の人々に仏教の教えを説くことは禁止されていました。

奈良時代の仏教の考え方は「仏性は特定の人しか持つ事が出来ない」とされていました。仏性とは、人が生まれながらに持つ「仏となる能力」のことです。

最澄は、この考え方に疑問を持ち、「仏教の本来の姿は、一切衆生を救うことにあるはず」と考え、そして、比叡山に篭もって、様々な経典を読み研究します。

ここで「すべての人間の仏性は平等であり、人は誰でも仏になれる」という天台宗の考えに出会います。

804年、門弟の義真を通訳に連れ、空海と同じく九州を出発。天台山に登り「天台教学」を学びます。805年、帰国した最澄は、比叡山で天台宗の教えを広め、翌年の806年「天台宗」が正式に認められます。

120518_29.jpg天台宗では「法華経:ほけきょう」を最高の聖典とし、「仏を信じれば、誰でも仏になれる」と教えています。この考え方を「大乗仏教:だいじょうぶっきょう」といいます。
四宗兼学」として、法華経・大乗仏教の戒律・禅・密教の4つを柱としています。
正式な僧になるためには、試験に合格し、戒律を授かることが必要です。戒律を授かる施設のことを「戒壇」といいます。当時は、戒壇は東大寺にあり、最澄はそこで戒律を受けています。

822年、病死。桓武天皇時代の年号「延暦」から「延暦寺」と改名。(※年号由来の寺名を持つ寺院は格式が高い)この後、延暦寺は仏教の学問の中心となり、後の時代に活躍した多くの僧は、この延暦寺で学んでいます。866年、朝廷より「伝教大師」という尊称がおくられました。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
伝教大師忌を機会に先祖供養ししましょう。梅雨時前の命日に墓参をお勧めします。
もうすぐ「入梅」で、梅雨に入ります。梅雨が明ければ本格的な夏!今年は梅雨入り前から暑い日が続いています。読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 6月4日「伝教大師忌」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.kisetsunootayori.com/mt/mt-tb.cgi/194

コメントする

八木宏之プロフィール
セントラル総合研究所・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所
代表取締役社長

連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきました。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)など多く出版。平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録しました。
著書の紹介はこちらから。

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30